僕には、小学2年の頃からの幼馴染みがいる。僕は今でも、涼子が引っ越してきた日のことを鮮明に覚えている。

昼にトラックが僕の家の前に止まり、沢山の人が荷物を持って行き交う中、自分の体くらいある大きなぬいぐるみを抱きかかえた涼子が、ニコニコした顔で立っていた。
2年生の時のことなので、細かいことは記憶も薄らいでしまっているが、一目で心を奪われたことだけは一生忘れないと思う。
言う気持ちを伝えることが出来ずに、気がつくともう高校2年だった。

続きを読む

【他サイトの若妻やエッチなOL、淫乱ナースの卑猥な体験談】
・完全オリジナルの体験談です(姉妹ブログ含)
・高校生の息子の友人と、親密すぎる嫁
・無精子症の私は、妻の妊娠を巨根の甥に託してみた
・出張先で見た妊婦物動画には、見慣れたリビングが映っていた
・親父の再婚相手は、親父よりも俺と歳が近い地味系巨乳だった6
・彼女がいない私の友人に、嫁が手でしてあげると言いだした3
・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品
 
愛奴人妻レナvol.21 超透けワンピで露出デート

人気記事ランキング