前回の話

私は、亮との一件があって以来、妙なことばかり想像するようになってしまった。妻の遙香が、亮の巨根に貫かれる姿……。そんなことばかりを考えるようになってしまった。

妻は、亮とのことは一切話題にしないし、何もなかったような感じでいる。あの時、勢いとはいえ、亮のペニスを手コキしてしまった彼女……。胸も揉ませて、射精までさせた。酔っていたとはいえ、あきらかにやり過ぎだ。
亮は、あの日以来、会社でより私に話しかけてくるようになっていた。
「今日あたり、遊びに行っても良いですか?」
亮は、ニヤけたような顔で言う。私が、変なこと考えているんじゃないのかと質問すると、
「そんなことないですって。でも、チャンスがあれば」
と、悪びれもせずに答える。上司の妻に手コキをしてもらっても、なんとも思っていないようだ。

私は、また今度な、と、言うのがやっとだ。本当は、彼を家に招いて、前回よりも過激なことをさせたいと思っている。でも、妻と亮を会わせることに心配な気持ちになる私もいる。

そして3週間ほど経過したある日、妻が、
『最近、亮来ないね』
と、ボソッと言った。私は、声を裏返しながら、そうだねと答える。
『気にしてるのかな?』
妻は、少しバツが悪そうだ。私は、何を? と、聞いてしまった。
『ほら、煽って変なことしちゃっただろ? 恥ずかしかったんじゃないかなって』
妻は、意外なセリフを言った。どう考えても、亮は楽しんでいた。恥ずかしがるのは、妻の方だと思う。私は、この状況をチャンスと捉え、
「じゃあ、遊びに来なって誘ってみるよ」
と、言った。妻は、うんと頷いて、冗談ぽくだが、
『良いことしてあげるからって言っといて』
と、言った。私は、その言葉に心臓がドキドキして異様なほど興奮してしまった。

次の日、早速亮に声をかけた。
「ホントですか!? 嬉しいな。なんだろう、良い事って」
亮は、無邪気に喜んでいる。私は、ドキドキしながらも、この前の続きじゃないのか? と、言ってみた。
「マジですか? 先輩、良いんですか?」
亮は、ホントに嬉しそうに言う。私は、少し迷いながらも、私は構わないというようなことを告げた。
「さすがっすね。先輩、マジで優しいっす」
亮は、本当に嬉しそうに言う。私は、不安と興奮が入り交じったような気持ちになっていた。

そして仕事が終わると、二人で家を目指した。妻にはメールをしておいたが、返信はない。昨日の今日なので、怒ってるかな? と、思いながら帰宅した。すると、妻は笑顔で出迎えてくれた。
「うおっ、スゲぇ。めっちゃセクシーっすね!」
亮は、はしゃいで言う。私も、妻の姿を見てあっけにとられていた。妻は、見たことのない服を着ていた。ピタッと身体にフィットしたワンピース。スカートの丈がギョッとするほど短い。年代が違うので本物は見たことがないが、ボディコンと言うヤツみたいだ。
『そう? ありがとう』
妻は、特に興味がなさそうに返事をする。でも、微妙に顔が赤くなっているように見える。私は、思わず、それどうしたの? と、質問した。私は、妻がそんな服を持っていることなんて知らなかった。
『一回着てみたかったんだよね。サービス』
妻は、ぶっきらぼうに言う。亮は、本当に嬉しそうに遙香のボディコン姿を眺めている。私も、短すぎるスカートから覗く太ももに、目を奪われっぱなしだ。体脂肪の少ない体つきなのに、胸と太ももはそれなりのボリュームがある。本当に、セクシーな身体だと思う。

そして、いつものように3人での食事が始まる。妻がそんな格好をしているせいか、話も下ネタが多くなる。
『最後にセックスしたの、いつなの?』
妻は、そんな質問をした。
「え? 1年くらい前かな? 言わなかったでしたっけ?」
亮は、そんな風に答える。この前来た時も、同じようなことを言っていた。
『嘘付けって。そんなわけないだろ? ホントのこと言えって』
妻は、問い詰めるような口調で言う。でも、ボディコン姿で問い詰める妻は、少し滑稽だ。

「えっと、2ヶ月くらい前かな?」
亮は、素直に答える。
『やっぱり。その子とはどうしたの? もう会ってないの?』
妻は、やたらと詳しく質問する。
「会ってないです。て言うか、名前も知らないし」
亮は、そんな風に言う。
『ハァ? なんで?』
妻は、ビックリしたような顔だ。
「いや、飲み屋で知り合った感じなんで。一晩だけっす」
亮は、素直に答える。
『そんなことばっかりしてるから、彼女も出来ないんだよ』
妻は、少し怒ったような感じだ。
「なかなか良い子いないんですよね~。遙香さんみたいな人いれば良いんですけどね」
亮は、真面目な顔で言う。妻は、はいはいと相手にしない感じで返事をするが、うれしさが隠しきれない感じだ。

「今日は、してくれるんですか? メッチャ楽しみにしてきたんですけど」
亮は、突然話を変えた。
『何を?』
妻は、そんな風に言う。
「わかってるくせに~。してくれるから、そんなエロい格好なんでしょ?」
亮は、気安い感じで言う。
『まぁ、なぜか拓実も喜ぶみたいだし。ほら、早く粗チン出せよ』
妻は、素っ気なく言う。
「了解っす!」
亮は、すぐにファスナーに指をかけ、あっという間にいきり立ったペニスを出してしまった。
『やっぱり、無駄にデカいね』
妻は、あきれたように言う。確かに、規格外に大きい。
「無駄じゃないっすよ。このサイズが好きな子は、夢中になるっす」
亮は、ペニスを握って左右に動かしたりしながら言う。まるで、ジョイスティックで遊んでいるような感じだ。握った手から大きくはみ出ているペニスは、その部分だけでも私のものよりも長い気がする。

『ふ~ん。物好きもいるんだな』
妻は、そんなことを言いながらも、ずっと彼のペニスを見つめている。
「今日も、手だけですか?」
亮は、遠慮なく言う。夫の私がいるのに、気にもしていない感じだ。馬鹿にされているようにも感じるが、彼のキャラクターのせいか、いやな気持ちはあまりしない。

『こんなこと言ってるけど、どうする?』
妻は、私に質問してくる。私は、多少はサービスしてやったら良いんじゃないかな? と、言ってみた。
『本当に、楽しんでるんだ。自分の女房にこんなことさせて興奮するなんて、ドヘンタイかよ』
妻は、あきれたように言う。でも、どこか楽しそうにも見える。私は、妻の真意がわからないまま、この先どうなるのかドキドキしていた。

前回の時、妻が亮のペニスを手でしごいているのを見て、心配な気持ちも大きかったが、興奮もしていた。私以外の男性のペニスをしごく妻を見て、どうして興奮するのかはわからない……。

「じゃあ、口でお願いしても良いですか?」
亮は、物怖じすることもなく言う。妻は、その言葉に返事をせず、私を見つめた。私は、無表情で私を見つめる妻に、たじろぐだけで何も言えない。すると、妻は軽くため息をつき、いきなり亮の前にひざまずいた。

妻は、躊躇なく大きく口を開け、亮のペニスをくわえ込む。目一杯大きく口を開けている感じだが、見るからにギリギリのサイズ感だ。
「おぉっ、ヤバい。舌スゲぇ」
亮は、感激したような声で言う。妻は、くわえたそばから舌を使い始めているようだ。ダイニングチェアに座る亮の足下にひざまずき、フェラチオをする妻……。イヤらしいボディコン姿でひざまずいているので、ショーツが丸見えになっている。紫のイヤらしい感じのショーツは、やっぱり見たことがないものだった。

『太すぎ。歯が当たっちゃうよ』
妻は、しばらくペニスをくわえていたが、苦しそうに吐き出しながらそう言った。
「全然平気っすよ。歯が当たるのも気持ちいいっす」
亮は、満足げに言う。妻は、今度は舌で竿やカリ首を舐め始めた。根元の方から、イヤらしく舐め上げていく。私は、妻がどうしてここまでする気になったのか、まったくわからない。

妻は、彼のペニスをイヤらしく舐めながら、睾丸を指で触ったりもする。その度に、亮は気持ちよさそうな声を漏らす。
『ホント、同じ人間とは思えないな。拓実の倍はあるんじゃない?』
妻は、そんなことを言う。私は、劣等感を刺激されながらも、異様に興奮してしまう。自分の妻が、他の男のペニスをフェラチオしている……。興奮する要素など、ないはずだ。
「さすがに倍はないでしょ。言い過ぎっすよ」
亮は、そんな風に擁護してくる。私は、逆に惨めだなと思いながらも、本当に倍あるんじゃないのかな? と、感じていた。

『ねぇ、アンタも脱いで。比べて見せろよ』
妻は、そんなとんでもないことを言う。私は、無理だと答える。
『なんで? 女房にこんなことさせてるんだから、出すくらい出せって』
妻は、切れ気味に言う。私は、その迫力に押し切られ、ズボンを脱ぎ始めた。そして、パンツも降ろすと、
『ビンビンじゃん。本当に興奮してるんだ。ヘンタイ』
と、妻はあきれたように言う。私は、恥ずかしくて耳まで赤くなるのを感じながら、自分のペニスと亮のペニスを見比べていた。

『よくわかんないな。ほら、二人並んでソファに座って』
妻は、そんなことを言う。有無を言わせない口調で言うので、私も亮も素直にソファに座った。いきり立ったペニスをさらしながら座る私たち。
こんな風に並んで座ると、ペニスの大きさは明らかだ。長さも太さも、確かに2倍くらい違うように見える。でも、私は大きさよりも、形の違いにたじろいでいた。彼のペニスは、軽く上に反った形をしている。見るからに、膣壁をこすり上げそうな形だ。
そして、カリ首の張り出し方もまるで違う。彼のカリ首は、松茸の傘のように大きくハリ出ている。私のカリ首は、そもそも仮性包茎の包皮にくるまれていて、形状もよくわからない感じだ。

妻は、おもむろに私と亮のペニスを掴んだ。
『こんなに違うんだ。さすがにこれは……違いすぎるな』
妻は、驚いた顔で言う。そして、ペニスを握ったり緩めたりしながら、まるで太さを確認しているような動きをする。
「でも、倍は言い過ぎでしょ」
亮は、そんな風に言う。私は、やめてくれ……と、思いながらも、妻の指で気持ち良くなってしまっている。

『そうかな? ホント、大人と子供みたいだよ』
妻は、容赦ない言葉を口にする。私は、ただ情けなく、涙が溢れそうになるのを感じていた。
「まぁまぁ。こればっかりは、持って生まれたヤツだから。しょうがないっす」
亮は、そんなことを言う。まるで、私を慰めているような感じで、暗い気持ちになってしまう。

『ふ~ん。でも、こっちの方が全然舐めやすそう』

【続きは出典元から】

【他サイトの若妻やエッチなOL、淫乱ナースの卑猥な体験談】
・完全オリジナルの体験談です(姉妹ブログ含)
・2017年度 寝取られ動画、同人作品ランキング!
・一人でホテルに泊まったら、カップルの男の子に声をかけられました
・清楚だと思っていた婚約者は、元彼にリモコンバイブ調教されてた完
・セックスが出来なくなった嫁が、オナホで抜いてくれるようになった本当の理由4
・おっぱいパブに行ったことが嫁にばれて、寝取られ生活が始まりました3
・いつも僕を尻に敷いている姉さん女房が、元彼の前では牝だった完
 
子宮ゴリゴリッ♂『あ''ぁっッ…!』生々しい美人他人妻(39)×バリ硬肉棒調教でエビ反り連続逝き…

人気記事ランキング