ポツッと尖った小さな乳首を中心に、胸全体がわずかに膨らみ始めていた。

縦筋のところでプックリ膨れた肉が合わさって切れ込んでいた。

両膝を持って左右に広げると、恥ずかしい縦筋が丸見えに開いた。

そこには桜色の柔肉がしっとりと見えていた。
指で広げると、平行四辺形に広がり、クパアと穴が開いた。

「先生、恥ずかしいよ・・・」

甘酸っぱい女の子の匂い、そこに舌先をめり込ませた。

「んんあ・・・」

頬を赤く染めた少女・・・感じているのか・・・


「先生は、美穂ちゃんが好きだよ。」

「美穂も好き・・・ずっと前から・・・」

美穂を抱きしめたら、カチカチの肉茎が当たった。

「先生・・・美穂が欲しいの?」

小6になったばかりの少女がどこでそんなセリフ・・・小学生とは思えぬ色気が滲んだ。

「先生に・・・あげる・・・」

「痛いんだぞ、いいのか?」

「先生になら・・・」

美穂ちゃんの縦筋を広げて、亀裂の上の可愛いおマメを舐めると、

「はうん・・・ああっ・・・あっああん・・・」

小学少女が腰を震わせた。

亀裂を広げて、ヌルヌルになっていることを確認し、小さな肉穴に肉茎をあてがって、ググッと・・・

俺の肉茎は赤黒いが、美穂の亀裂は桜色、今まで何人もの教え子に手をかけてきたが、その都度そのコントラストが卑猥に感じた。

いや、一人だけ、小6非処女がいたっけ・・・小6ですでに陰唇が発達していたっけ・・・初体験が小4だと言ってたっけ・・・などと思いだしていたら、

「あっ!ああっ!い、い、痛いっ!」

ズルン!と7割くらい入ってしまっていた。

いつもながら、小学5,6年生の幼膣は、ものすごい締め付けだ。


体重をかけて根元まで全部捻じ込んだ。

「痛い痛い!ヒッ!・・・」

ズッポリはまった肉茎に幼い亀裂の肉が引きつっていた。

ゆっくり抜いていくと、今度は幼い亀裂の肉を引きずった。

「痛いよ、先生、痛い、もう止めよう、イタタタ・・・」

美穂が可哀想だったが、今更止められなかった。

「ウウッ・・・ウウッ・・・アウウッ・・・」

メリメリと引き裂かれる幼い亀裂を俺の肉茎が出入りしていたが、あまりの締め付けに、ドクドクドクーーーーと幼い子袋に熱い精液を放出してしまった。

「あああ~~・・・赤ちゃん、できちゃうよ・・・」

こんな幼い女の子でも、今、何がどこに注がれて、どんな可能性があるかを理解していた。


「美穂ちゃんはまだ、生理来てないよね?」

コクンと頷いた。

「大丈夫だよ。赤ちゃんはできないよ、まだね。」

「先生、私のこと、ずっと大事にしてくれる?」

「ああ、もちろんだよ。中学生になっても、大事な美穂だよ。」

私が目をつけた児童は、美少女なだけでなく父親が転勤族であることが選択理由でもある。

いずれ、数年で美穂は転校してゆく。

それまで、俺の可愛いペットとして、幼い亀裂にスケベ色の陰唇を形成させてあげるのだ。

【他サイトの若妻やエッチなOL、淫乱ナースの卑猥な体験談】
・完全オリジナルの体験談です(姉妹ブログ含)
・2017年度 寝取られ動画、同人作品ランキング!
・セックスが出来なくなった嫁が、オナホで抜いてくれるようになった本当の理由2
・いつも僕を尻に敷いている姉さん女房が、元彼の前では牝だった
・妻が不妊治療のため、精子を競わせようと言ってきた完
・妻が風俗通いの友人に、もったいないから私がしてあげると言い始めた完
・姉さん女房の妻と、おねだり上手の巨根の後輩
 
ヤ〇ザの奥さんを旦那が寝ている間にホテルで失神寸前まで

人気記事ランキング


    となり妻 背徳の昼下がり
     
    妻のハジメテのオトコ~夫に内緒の再会交尾~