仕事中に突然、C香からメールが入った。
実家の近くにマンションを借りて引っ越したので、仕事が終ったら来て欲しいとのこと。
先日会ってエッチした時は何も言ってなかったので、急なことでちょっとビックリ。
夕方、仕事が終わってすぐ、メールで送ってきた場所の辺りをうろうろ探してたら、遠くから俺を呼ぶ声がした。
「おーい!こっちこっち」
「ラッキー!迎えに来てくれたんか。急に引っ越したんやなぁ。またなんでや?」

「出戻りがいつまでも実家に居れんやろ。だから独立して暮らしていこうと思って」
「どの辺や?近くか?」

「すぐそこ」と、C香は俺の腕を引っ張りマンションの方へ案内してくれる。

途中歩きながら腕を組み、胸を押し付けて挑発してきた。
途端にチンポが敏感に反応し元気になってきた。

C香の着てる服がまた今日もセクシーで、薄いニットのノースリーブの前開きのワンピース。
フード付きで丈は膝のちょっと下くらいでけど、10個ほどある前のボタンを上下3つずつくらい外したまんまだから、歩くたびに太ももがチラチラ見えるし、胸の谷間も気になる。
おまけに後ろから見るとボディーラインがくっきりで、ものすごくエロっぽく見える。
マンションのエレベーターの中で肩を抱き、バストを鷲掴みしながらディープキスした。

「見て!今日のスタイル。わかる?」
「何が?すごく挑発されてるのはわかるけど」

「下着何も着けてへんねん。ノーブラでノーパン!ウッフン!」
「うわぁーエロ!スッポンポンかいなぁ」

「荷物整理できてへんから子供は実家に預けたままやねん。なぁ、今日も抱いてくれるやろ?」
「嫌やって言うたら?」

「ウーン!意地悪!何でもしたげるからーん!」

甘い声で擦り寄ってくるC香。
(さて、今日もやりたい放題中出ししまくるぞー!)と意気込んで、まだ半分散らかったままの部屋に入った。
もちろん、いきなり服を脱がせて全裸にして、俺の背広もC香に脱がさせ、ズボンとパンツも下ろさせた。

いきり立った俺のチンポを見てC香はすぐにかぶり付くようにフェラを始めた。
チュパチュパ音を立ててしゃぶり、喉の奥の方まで入れたり亀頭を舌先で舐め回したり玉を弄り回したり、丁寧にやってくれるので我慢できなくなり、口の中へドピュッと射精してしまった。
C香はそれを残さず飲み干して、射精後の俺のチンポを舌で綺麗にしてくれた。

引越し直後で荷物の整理はできてなくても、風呂場だけは綺麗に掃除してタオルも用意してたらしく、「一緒にシャワー浴びよ!」と誘ってきた。
これはもう完全に計画的で、いわゆる据え膳というやつだ。
今までの(話がうまく行き過ぎて怖い)イメージは払拭され、俺は自信を深め、C香をセフレ(性的奴隷)にすることにした。

シャワーを浴びながら、またフェラが始まった。
俺のチンポもすぐに臨戦体勢になったので、その場で立ちバックで挿入した。
C香は狭い場所で体をクネらせ喘いでいた。

「ウッ、ウッ、アーン、アーン!」

「そんな大きい声出したらお隣に聞こえるでー」

「アーッ!」

それからは必死によがり声を我慢しながら感じていた。
それがまた可愛らしくて、後ろからC香の腰を撫で回したりバストを揉み上げたりしながらピストン運動を続けているうちに俺も射精観が湧いてきて・・・。

「アーッ、イキそうや!中へ出すで!」
「来てーッ!ウチもイクー!ウッ、ウッ!」

「ピル飲んでるな。大丈夫やなッ!」
「ウン。きっ、来てー!」

その瞬間、ドクッ、ドクッっと子宮の奥に中出しした。
さすがに、先日C香とエッチしてからそんなに日にちも空いてないし、仕事で疲れた後での連発なので、ザーメンの量も少なかったみたい。

バスタオルでお互いに体を拭きながら、ベッドルームへ移動した。
シーツも布団も無いベッドで、ディープキスしながら体を絡ませ合った。
C香が今度は手で俺のチンポをしごき始めた。
じわじわと元気になってきた。

「なぁ、まだできるやろ!」

「C香が大きくしてくれたらな」

「ほーら、でっかくなってるよーン!」

そう言ってC香が上から被さってきて、自分で腰を動かし始めた。
俺もそれに応えようと下からズンズン突き上げた。
C香は相当感じたらしく、お隣も気にせず大声を上げ喘いだ。

「アッ、アッ、ウーン、アーン!」

「お隣に聞こえるッ!」

「・・・ンー、ンー!」

俺の上で悶え続けてイッてしまいそうだった。
下からバストを揉み上げ、腰も突き上げて、3回戦終了。
C香は気を失ったように寝込んでしまった。
ホッペタをつついても起きなかった。

俺は一人で服を着て帰り支度を済ませ、『今日は帰る。またメールで命令を出す。連絡を待て!』とメモを残してマンションを後にした。
すぐC香からメールで『ありがとう!』と返事がきた。

これから先、どういう風にC香を奴隷として調教しようか考えてニヤニヤしてしまった。
性的奴隷のC香は、もう何でも俺のわがままを聞いてくれるようになった。

先日も久し振りにメールで、『明日そっちに行くから。子供は実家にでも預けておいて。俺が玄関のベルを鳴らしたら全裸で出迎える事。ブラジャーやパンティーの跡形は厳禁!』と打っておいて、当日の昼過ぎにC香のマンションを訪れた。
玄関から中に入ると、命令通りに全裸のC香が立っていた。
アソコを見ると、剃らなくていいと言っておいたので中途半端に陰毛が生えかかっていた。
ヘンに興奮してしまったので、C香のアソコに手を伸ばすとすでに少し濡れていた。

続けて指で弄繰り回すと敏感に反応を示し、「アーン、アーン!」と声を出し始めた。

「イヤーン、感じるやんか。あんたも早く裸になり」

そう言うと、いきなり俺のズボンとパンツを下ろしチンポをしゃぶり始めた。
異常に丁寧に舐め回してくるのですぐに発射したくなり、寸前に強引に抜いてC香の顔の上にぶっかけてやった。

「溜まってたの?いやに早く出たやん!」
「俺はC香の中にしか出さんて言うとるやろ!」

「嬉しいけど、中じゃないんですけど?顔にかけるか?」
「ええやん、たまには。今度はちゃんと中出しするから」

いきなりそんなやりとりの後、一緒にシャワーを浴び、お決まりの浴室内立ちバックで一度生挿入。
発射はせずにベッドに戻って仕切り直し。
ねっとりとしたディープキスから始め、C香の首筋から肩、バスト、腰周り、体を裏返しにしてお尻、元に戻してアソコ、と順々に舌を這わせた。

C香は2週間ぶり以上の感触に体を細かく震わせ、下唇をギュッと噛んで必死に俺の攻撃に耐えていた。
我慢しきれずに「アッ、アーン、ウッ、ウッ!」と声を出し始めたので、「そうそう!その調子。C香はやっぱりその声が色っぽいんやなぁ」と煽ってやった。

そうするともう止まらなくなり・・・。

「アッ、アッ、アーン、ウグ、ウグ、アグ、ウーン!」
「イーッ、イッ、イッ、ウグ、ウグ、アーン!」

と激しく声を上げ、体を左右に捻って悶えていた。
俺は構わず今度は指で攻撃を続け、アソコを弄り回した。
舌も使って攻撃した。
伸びかけの陰毛がチクチクして余計に感じているようだ。

やがて俺の方も発射時期がきたようなのでチンポを挿入した。
洪水状態のC香のアソコはすんなりと受け入れてくれた。
体を密着させて腰を激しく動かしていると、我慢も限界に来たので子宮の一番奥をめがけて勢い良くザーメンを注入した。
かなりの時間、俺のチンポはC香の体内でピクピクしていた。

しばらく二人でまどろんだ後、C香は濡れたままの俺のチンポを舌で綺麗にしてくれた。
もちろん、その行為は2回戦開始を意味するが、当然フェラチオをされたらたちまち元気になった。

今度はC香が上になり、まずは自慢の形のいいバストを俺の顔に近づけてきた。
乳首を思いっきり吸ってやったら、途端にさっきのように「アッ、アッ、ウー!」と声を上げ始めた。

次は手でバストを揉み挙げた。
同じように声を上げ体を大きく仰け反らせ、くねらせてた。

「我慢できない。入れていい?」

「ええよ。C香が自分で動いて俺をイカせてくれ」

「うん。感じてね」

C香は激しく俺の腹の上で自分の体をくねらせた。
上下に、左右にと俺のチンポを膣に挟んだまま動いた。
時には体を前に倒してきて、「オッパイも吸って。ほらっ」とおねだりをしてくる。

乳首をちょっと噛んでやると・・・。

「イヤーン、痛いやんか。でも感じる、優しくして!」

やがて射意がこみ上げてきて・・・。

「行くでー!」とC香に言うと、「来て!来て!」と欲しがったので、遠慮なく上向きで2回目の中出しをした。

今度もたっぷりC香の子宮内にザーメンを注入した。

「よかった?」
「ああ、気持ちよかった」

「欲しくなったら、また連絡するし抱いてな!お願いん!」
「俺はいつでもええよ」

何だか俺が飼育されていくような気がしてきた。
まあいいか、C香と好きな時に中出しエッチができるみたいやし。

「次の命令は?あたし、あんたの奴隷やからなんでもするから」

「やっぱりアソコの毛、剃っといて。チクチクして痛い。ツルツルしてる方がペロペロしやすい」

「イヤーン、わかった」

今度はC香の方から早々に連絡があることを期待して、マンションを出た。

【他サイトの若妻やエッチなOL、淫乱ナースの卑猥な体験談】
・完全オリジナルの体験談です(姉妹ブログ含)
・2017年度 寝取られ動画、同人作品ランキング!
・出張から3ヶ月ぶりに帰ると、嫁が優しく淫乱に変わっていた5
・嫁の後輩夫婦と温泉旅行に行ったら、嫁がまさかの相手に寝取られていました3
・嫁が子作りを始めたいと言ってきたので、寝取られ性癖を告白した6
・恥ずかしがりで清楚な嫁が、調教されて鈴の音でイク女に変えられていました4
・少女のように純真な嫁が、お尻丸出しでソファで失神していた
 
27歳 子持ちママ ななかさん (仮名)生ちんぽハメ堕ち

人気記事ランキング


    雌神楽 -フェイト編 全集-
     
    愛する夫のため、私が一度だけ我慢すれば…