前回の話

すずは、僕が覗いているすぐ目の前で袴田さんにキスをしている。アナルに袴田さんのペニスをくわえ込んだまま、濃厚なキスを続けている。
「平気? 痛くない?」
袴田さんは、もう一度同じ質問をした。
『大丈夫だよ。気持ち良い。普通にエッチしてるみたいに気持ちいいよ』
すずは、甘えたような、気持ち良さそうな声で言う。まるで痛みは感じていないみたいだ。初めてのアナルセックスで、いきなり快感を感じる……。そんな事が、あるのだろうか?
「これで、すずちゃんの処女は、全部僕のものだね。愛してるよ」
袴田さんは、僕がいることをわかっているのに、そんな言葉を言っている。
『私もです。愛してる。もう、私以外の女の子としちゃダメだからね!』
すずは、すっかりと彼女気取りの態度を取っている。
「約束するよ。でも、すずちゃんも、こっちは僕専用だからね」
『うん。約束する』
すずは嬉しそうにそう言うと、自分から積極的にキスをした。激しく舌を絡ませながらキスを続ける二人。そして、袴田さんの腰の動きも徐々に早くなっていく。

『あっ、んっ、気持ちいい。お尻気持ちいいのっ。どうしよう? こんなに気持良くなって、大丈夫かな?』
すずは、気持良すぎて不安そうだ。確かに、アナルなんて性器でもなんでもない。気持良くなる場所ではないはずだ。

「大丈夫。気持ちが通ってるから、気持ちいいんだよ。すずちゃん、ずっと好きだったよ」
『私もだよ。初めての時から、ずっと想ってた。やっぱり、初めての男性って、特別なんですね』
すずは、はにかみながら言う。僕は、身もだえしそうな気持ちのまま、リモコンを握り続けていた。押しても押してもまったくドアホンが鳴らない……。壊れてる? 電池切れ? もう、どうしていいのかわからない。でも、僕はリモコンを握っているのとは逆の手で、狂ったようにペニスをしごき続けていた。

すずが、処女を他の人に捧げると言い始めた時、僕は絶望を感じた。そして、ただただつらい気持ちだった。それが今、すずがもう一つの処女を他の男に捧げている姿を見て、絶望ではなく興奮を感じている。

『は、袴田さん、イッちゃう。お尻なのに、イッちゃいそう』
すずは、戸惑ったような声をあげる。袴田さんは、嬉しそうな顔で、
「良いよ、イッてごらん。すずの初イキも、僕のものだよ」
と、言った。すずは、快感に顔をとろけさせながら、
『イ、イクっ! 袴田さん、好きっ! 好きっ! イクっ! イクっ!』
と、何度も叫んだ。そして、のけ反りながら身体を震わせるすずに、
「僕もイクよ。中で良い? 出しても良い?」
『イ、イッてっ! 中に欲しいっ! 中がいいのっ! すずのお尻の中に全部出してっ!』
すずは、彼にしがみつきながら叫ぶ。すると、彼もすずを抱きしめながらスパートをかけた。少しすると、袴田さんがうめく。それにあわせて、ひときわ大きくすずも叫ぶ。

二人は、しばらく抱き合ったままキスを続けていた……。

「ゴメンね。中に出しちゃった。お腹痛くなるかも」
袴田さんは、申し訳なさそうだ。
『平気です……。嬉しい……。愛してる』
グッタリとした声で言うすず。袴田さんは、優しくすずの頭を撫でている。しばらくそのままだったが、
「じゃあ、抜くよ」
と、袴田さんは言いながら腰を後ろに引き始める。
『うぅ、あっ、ダ、ダメ、なんか出そう……』
すずは、大慌てで言う。本当に焦っているのが伝わってくる。
「大丈夫だよ。急に抜いたから、そんな気がするだけだよ」
袴田さんはそんな言葉をかける。でも、すずはかなり焦った感じで、
『ち、違うの、本当にお腹が……うぅ』
すずは、お腹を押さえながら苦しそうだ。
「じゃあ、一緒にお風呂行こうか」
『ト、トイレに……』
すずは、切羽詰まった感じだ。
「ほら、おいで。すずの恥ずかしいところも、全部見せてごらん」
『そんなの無理です! 恥ずかしい、トイレに、うぅ、お願い』
すずは、泣きそうな顔で言う。でも、袴田さんは強引にすずの手を引いて浴室に連れて行った。僕はドキドキしていた。何をするつもりだろう? 僕は、とりあえずそっとクローゼットを開けた。そして、ティッシュを箱ごと手に取り、汚してしまった部分を拭いた。
そして、ティッシュを丸めてゴミ箱に捨てようとすると、すでに沢山のティッシュが捨ててある。独特の匂いも充満しているし、乱れたシーツも生々しい。本当にセックスをしてしまったんだなと、あらためて実感してショックを受けていると、廊下の方からすずの悲鳴のような声が聞こえてくる。
『見ないでっ! 見ちゃダメッ! イヤァ~っ! 恥ずかしいよっ! ダメぇ~っ!』
すずは、悲鳴のような声で叫び続ける。でも、袴田さんの声は聞こえてこない。僕は、すずは何を見られているのだろう? と、暗い気持ちになってしまった。さっきの話の流れから行くと、排泄姿を見られていると言うことだと思う。

僕は、どうしたらいいのかわらかないまま、脱ぎ散らかされたすずの衣服を見ていた。穴の開いたショーツやブラ……。本当に、卑猥なランジェリーだ。僕には見せることのない淫らな姿だ。
すると、こちらに戻ってくるような気配がした。僕は、慌ててクローゼットに隠れた。すると、お姫様抱っこをされたすずが戻ってきた。
「大丈夫?」
ベッドに寝かせながら彼が質問する。
『……大丈夫じゃない。もう、ヘンタイ! 恥ずかしくて死んじゃいそうだったよ』
すずは、袴田さんを批難するように言う。
「でも、すずの全部が見たかったからね。愛してるよ」
『うぅ……愛してる。あんなのまで見たんだから、ずっと大事にしてね』
すずは、まだ少し不満そうだ。
「約束するよ。もう、すずの全部を見たからね。ずっと大切にするよ。愛してる」
彼がそう言うと、すずは嬉しそうに笑った。そして、
『じゃあ、もう一回して。全部流しちゃったから、もう一回袴田さんの中に出して欲しい。今日は、そのままずっと中に入れておくの』
すずは、熱っぽい顔で言う。自分自身の言葉で、興奮してしまっている……。そんな風に見える。

そして、もう一度セックスが始まった。今度は、さっきよりもスムーズにアナルに挿入した。そして、すずは膣でセックスしている時と同じようにあえぎ続ける。もしかしたら、膣に入れている時よりも気持ち良さそうな顔になっているかもしれない。

そして、彼はすずの腸内にたっぷりと射精をした。
「今度は平気?」
『うん。大丈夫。ゆっくり抜いてね。うぅ、凄かった……。愛してる』
すずは、すっかりと恋する乙女の顔だ。
「でも、良いの? この後、彼氏とも会うんでしょ? お尻にそんなもの入れてて、平気?」
彼は、少し心配そうに聞く。
『うん。会うよ。でも、お腹の中には、袴田さんのが入ってるんだよ。なんか、ドキドキしちゃう』
すずは、うわずった声でそんな風に言う。罪悪感は、たいして感じていないように見えてしまう。

「ワルい子だねぇ。でも、バレないようにね」
『うん。こんなのバレちゃったら、捨てられちゃうもん』
すずは、そんな風に言う。でも、僕に捨てられたくないなんて、本当に思っているのだろうか? 僕の目には、袴田さんに気持ちが移ってしまったように見える。

そして、二人は何度もキスをして、名残惜しそうに別れた。僕は、クローゼットから飛び出した。
「お疲れ様。どうだった? 結局、最後まで見たね。楽しめた?」
彼は、さわやかな笑顔で聞いてくる。僕は、リモコンが鳴らなかったことを話した。すると、彼は変だなぁと言いながら、僕からリモコンを取り上げる。そして、ボタンを押す。すると、すぐにピンポーンと音が鳴った。

「アレ? 鳴るよね? ボタン間違えたとか?」
彼は、不思議そうに言う。僕は、間違いようがないと思ったが、彼がなにか細工をしたようには見えなかった。僕は、釈然としないまま、リモコンのことはそれ以上言うのをやめた。
すずと、どうするつもりかと質問した。
「どうするって、どうもしないよ。だって、君の彼女でしょ? 奪ったりは出来ないよ」
彼は、涼しげに言う。すずに言っていた言葉は、ウソだったのだろうか? 僕は、質問した。
「ウソではないよ。本当に彼女みたいな子と付き合えたら、そりゃ幸せだよ。でも、寝取る趣味はないしね。それに、すずちゃんも、こういうシチュエーションだから燃えているだけだと思うよ。君と別れて僕と一緒になっても、きっと長続きしないと思うよ」
彼は、きっぱりとそう言った。僕は納得出来ないまま、彼の家を出た。

そして、自宅に向かう。部屋に入ると、すずがいた。
『お帰りなさい。遅かったね。なにしてたの?』
すずは、疑っているような雰囲気で聞いてきた。僕は、驚いてしまった。自分は袴田さんとガチの浮気をしてきたくせに、僕のことを疑う? でも、僕は動揺しながら、しどろもどろで適当な話をした。

『ふ~ん。なんか、怪しいな。ねぇ、愛してる? 浮気してなぁい?』
すずは、目を潤ませながら聞いてくる。僕は、この時すずが怖くて仕方なかった。女性は、皆こんなものなのだろうか? こうやって、ウソをつくのだろうか? 僕は、すずに限っては、そんな事をしないと思っていた。ウソはつかないと思っていた。と言うよりも、ウソのつけない子だと思っていた。

僕は、浮気なんてするわけないと言った。
『じゃあ、確認するね。ちゃんと濃いのが出るか調べるね』
そう言って、すずは僕のズボンを脱がせ始めた。僕は、ドキンとしていた。濃いのが出るはずがない。だって、さっき何度も射精をしてしまった……。

僕の動揺も知らず、すずはズボンとパンツを脱がせてくる。僕は、必死で勃起させようとイヤらしいことをイメージした。でも、そういう時に限って、イヤらしいイメージが浮かんでこない。それどころか、森3中とかオカリナの顔が浮かんでくる。

すずは、それでも僕のペニスをくわえてきた。そして、舌を使って勃たせてくる。わざと下手にしているような感じはするが、あっという間に勃起させられた。

『出そうだったら、すぐに言ってね。いつでも出して良いからね』
すずは、そんな事を言いながら僕のペニスに舌を使う。僕は、さっきあんなに沢山射精してしまったので、イケるかな? と、不安も感じていた。でも、僕は異常なくらいに興奮していた。すずの腸内には、袴田さんのザーメンがたっぷり入っている……。そう思っただけで、嫉妬と興奮がグチャグチャになり、射精しそうな感じも湧いてきている。

『フフ。すごく固くなってきた。良いよ、イッて。全部飲んであげる』
すずはそんな事を言いながらスパートをかけてきた。僕は、情けない声をあげながら射精を始めていた。正直、勢いも量もいつもよりも少ないと思う。でも、思っていたよりは沢山出た気がする。

『すぐ出ちゃったね。浮気はしてないみたいだね。安心したよ』
すずは、嬉しそうに笑った。僕は、自分の早漏に感謝した。
その後は、いつもの感じで過ごした。一緒にテレビを見たり、夕ご飯を食べたり、ゆっくりとした時間が流れていく。幸せだなと感じた。すずは、あんなにも袴田さんと愛し合っているように見えても、僕と別れようとしない。本当に、ありがたいなと思ってしまう。浮気している彼女に感謝するなんて、弱気もいいところだと思う。でも、すずのような女性が、僕と付き合ってくれているだけで奇跡だと思う。

『ねぇ、エッチの時、して欲しい事ってある?』
すずは、恥ずかしそうに聞いてきた。

【続きは出典元サイトで】

【他サイトの若妻やエッチなOL、淫乱ナースの卑猥な体験談】
・完全オリジナルの体験談です(姉妹ブログ含)
・2017年度 寝取られ動画、同人作品ランキング!
・妻からの昇進のお祝いは、元カレとのセックスでした3
・倦怠期の婚約者が、会社の男の子にデートに誘われたと言ってきた
・男前な姉さん女房を、後輩の彼氏に抱かせることになって完
・妻が追突事故を起こしたことで、ヤクザの真珠入に狂うことになりました3
・年上の嫁を寝取ってもらうために、友人のアレを型取ってディルドを作った4
 
マッチョ消防士NTR〝ガン突き・ナカダシ2連発〟

人気記事ランキング


    人妻教師が引率で修学旅行へ行くお話です。
     
    従順な妻を演じてきましたけどもう我慢できません