主婦が、同窓会で昔好きだった人と再会して燃え上がるとか、元カレと偶然再会して火がついてしまったとか、テレビなんかではよく見る話ですが、まさか現実に自分の身に降りかかってくるとは、夢にも思っていませんでした。

嫁の有美とは、結婚して5年です。子供はまだいなくて、来年お互いに30歳になることもあり、そろそろ作ろうと話していました。
有美は、取り立てて美人というわけでもないですが、愛嬌のある顔だと思います。
背も150cmくらいと低く、幼い顔立ちから、いまだに女子大生なんかに間違えられたりします。そして、唯一のウリかもしれませんが、痩せているわりに巨乳です。ウエストとのギャップが大きいので、際立って胸だけが大きく見えます。
有美とは、職場の同僚の紹介で知り合いました。紹介と言っても、私が同僚と食事していたときに、たまたま同じ店で有美が友達と食事をしていたという、偶然みたいな感じでした。
その時、テーブルを一緒にして4人で食事をし、私は有美を、同僚は有美の友達を気に入り、それからもよく一緒に食事をするようになりました。有美と私の同僚は、大学時代のゼミが一緒だったという関係で、付き合っていたわけでもなんでもないとのことでした。

最初は4人で食事をしていましたが、徐々に同僚とは別行動というか、有美と2人で遊ぶことが増えました。
彼女と共通の趣味もあり、すぐに仲良くなり、付き合い始めるまでにも2か月程度しかかかりませんでした。

有美と私の共通の趣味はテニスで、実際にやってみたら腕はほぼ互角でした。週末にテニスをしたり、会社終わりに食事をしたりしているうちに、自然と結ばれました。

有美は、童顔でどちらかというと清純というか純情な印象でしたが、セックスは情熱的なものでした。背が低い女の子はエッチと言いますが、それは本当だったんだなと思いました。

『エッチな女は嫌い?』
情熱的なセックスが終わり、裸で抱き合っていると、有美は心配そうに聞いてきました。私は彼女を抱きしめ、好きだと答えました。
『よかったw じゃあ……もう一回……してくれる?』
有美は顔を真っ赤にしながら、そんな風におねだりをしてきました。私は、うっすらと汗に濡れた彼女のなまめかしい身体に、むしゃぶりつくように覆いかぶさりました。

彼女にキスをすると、すぐに可愛らしい小さな舌が、私の口の中に飛び込んできます。そして、私の舌と混じり合って溶け合うくらい激しく舌を絡めてくれます。

私は、イッたばかりなのにすでに臨戦態勢でした。そして、コンドームをつけようとすると、
『……今日……大丈夫な日だから……。イヤじゃなかったら、つけないでして欲しい……ダメ?』
私は軽いショックを受けながらも、興奮しきっていたので、そのまま挿入しました。私は小心者ということもあり、避妊なしで女性とセックスをしたのは初めてでした。

まとわりついてくる生の膣肉の感触に、腰が抜けそうなほどの快感を感じ、思わずうめいてしまいました。
『うぅあぁ、翔さん、気持ち良いよぉ♡』
有美は、さっきのコンドームありのセックスよりもとろけた顔で私に言いました。

私も、最高に気持ち良いと言いながら、腰を振り続けました。薄いゴムがないだけで快感が倍加して、腰を振り始めてすぐにイキそうになってしまいました。
『あ、あっ♡ アンッ♡ 気持ちいい、気持ちいいよぉっ! ク、クリ……触って……』
有美は、恥ずかしくて耳まで真っ赤にしながらも、さらにおねだりをしました。付き合い始めて初めてのセックスなのに、こんなに積極的に快感を求める有美に、私は少し引きながらも猛烈に興奮していました。

そして、私は限界を迎えて、
「ダ、ダメだ、イク……」
と、うめきながら、腰を引き抜こうとしました。
すると、
『このまま! 翔さん、来てぇっ! 好きっ! 翔さん好きぃっ!!』
と、有美がしがみついてきました。私は、マズいなと思いながらも理性が保てず、そのまま彼女の中に射精しました。

私が射精すると、とろけた顔でキスをしてきた有美。私は、今までの人生で一番の快感を感じながら、有美を固く抱きしめていました。

『ゴメンなさい……。引いちゃったよね? エッチでゴメンなさい……』
元気なく言う有美。私は、そんな事ないと言いながら彼女を抱きしめました。

でも、内心は引いていました。有美は、今までもこんなセックスをしてきたのだろうか? そう思うと、私では手に負えないのでは? と、引け目も感じてしまいます。

でも、彼女は私に抱きつき、何度も好きだと言ってくれました。

こんな、エッチと言うか淫乱と言ってもいい彼女ですが、セックスの時以外は、恥ずかしがりで控えめな、真面目な女の子でした。

彼女の大学時代を知っている同僚に話を聞いても、”有美ちゃんって、処女だったんじゃない?”と、逆に私に聞いてくるくらい、大学時代はウブだったそうです。彼氏がいたという話も聞いたことがないと言っていました。私はそれを聞いて胸をなで下ろしましたが、同時に、有美は誰に処女を捧げたのだろう? と、疑問も持ちました。

そして、お互いに結婚を意識して、そろそろプロポーズをしようと思っていた頃、彼女の過去のことを聞きました。それまでも、何度も聞こうと思いながらも聞けなかったことを、思い切って聞きました。

有美は、恥ずかしそうに顔を赤くしながら、素直に答えてくれました。

有美は、大学時代に3年間付き合った男性がいる。そして、その彼に初めてを捧げた。別れた理由は、一つ上の彼が先に卒業して、就職してニューヨークに入ってしまい、自然消滅した……。そう言うことでした。

「じゃあ、まだ好きなの?」
私は、嫌いになって別れたわけじゃないというのが気になりました。
『そんなわけないじゃん! 翔さんが100%だよ♡』
と、有美は可愛らしく笑いながら言ってくれました。

でも、それを聞いて以来、有美が元カレと生セックスをしている姿ばかりを想像するようになってしまいました。そして、想像すればするほど嫉妬で燃え、激しく有美を抱きました。

有美も、何となく私が元カレに嫉妬している事に気がついているみたいで、自分がエッチをしたくなると、それとなく、
『今度USJ行こうよ! 翔さんって、行ったことあるんだっけ?』
「え? まだないよ」
『そっか、私は元カレと2回くらい行ったかなぁ』
と、こんな会話をしてきます。私はそれに敏感に反応し、彼女を押し倒すように抱き始めます。
そして、嫉妬に狂ったような激しいセックスになり、大きな快感を感じながらも、有美にコントロールされてるなぁ……と、内心思ったりしていました。

でも、有美はエッチが好きでも、貞操観念は高いとわかり、そこは安心しました。簡単に、誰とでもセックスをする……そんな事はないと確信を持てました。そして、そんな確信を持ったからこそ、プロポーズをして、結婚に至りました。


彼女との新婚生活は、本当に満ち足りたものでした。ただ、週に4〜5回のセックスだけは、ちょっとだけ重荷に感じましたが、贅沢な悩みだと思いました。

結婚後、彼女は主婦をしながらパートをするという生活になりました。料理もメキメキ上達し、言うことのない妻になった彼女ですが、退屈したり、寂しくしてないか心配でもありました。でも、パート先でも友人が出来たようで、少し安心しました。パートは、化粧品関係のパートで、職場にはほぼ女性しかいない環境だったので、変な心配もしていませんでした。

実際、パートの仲間との飲み会に妻を迎えに行ったとき、私もちょっとだけ参加したことがありますが、全員女子で、年齢も幅広かったです。


そんなある日、偶然が私を襲いました。
有美がパートの仲間と飲み会に行った日、有美と飲んでいるはずのパート仲間達が、小洒落た居酒屋に入っていくのを見かけました。その店は、私が聞いていたところとまったく違う場所でしたし、そこに妻の姿もありませんでした。

私は、妻が体調でも悪くして家に帰ったのかと思い、急いで帰宅しましたが、妻はいませんでした。

私の中に、一気に疑念が湧きました。私にウソをついて、どこにいるんだろう? 私は、心配のあまり彼女に電話をかけました。すると、電源が入っていない状態で、私は嫌な汗が出るのを感じました。

それから、何度か電話をかけましたが、ダメでした……でも、22時前に、妻から電話がありました。
『ゴメンなさい、お店地下だから、電波入らなかったみたい! 何だった?』
特に慌てた様子もなく、怪しい気配もない妻。私は、乾電池がどこにあるか聞きたかったとウソをつきました。そして、もう見つかったからありがとうと答えました。

『よかった。じゃあ、今から帰ります♡』
有美は、隠し事をしている気配もなく、可愛らしい声で言いました。本当は、今誰といるんだろう? そんな心配で胸が張り裂けそうでした。
でも、考えてみたら、さっき見かけたパートの人は、私が知っている全員ではありませんでした。もしかしたら、別グループで、別々に飲んでいただけなのかも知れない……そう思うと、少し疑念も薄くなりました。

そして帰宅した彼女は、少し酔ってはいますが、いつも通りの妻でした。
『ゴメンね、遅くなっちゃって。ありがとうございました』
と、上機嫌で言う妻。私は、注意深く彼女を眺めましたが、特に怪しいところもありませんでした。

そして、変な想像をしていた私は、嫉妬で強烈に欲情してしまいました。風呂に入ろうとする彼女に抱きつき、そのままキスをしました。すると、いつもは舌を絡めてくる彼女が、慌てて離れるように動きました。
『ダメだよ、まだ歯磨きしてないよ! お酒臭いでしょ?』
と、慌てて浴室に行く有美。

私は、胸の中が不安で染まっていきました。キスしたとき、一瞬ですが確かに煙草の臭いがしました。私も彼女も煙草は吸いません。でも、あれは確かに煙草の味というか、臭いだった気がします。
不安で固まる私。でも、有美はすぐに戻ってきてくれて、私に抱きつきキスをしてくれました。いつも通りの情熱的なキスをされながら、私は嫉妬で狂ったように彼女を抱きしめ、抱こうとしました。

『翔さん、どうしたの? すっごく興奮してるねw でも、ゴメンなさい……生理、来ちゃったの……』
申し訳なさそうに言う彼女。私は、素直にあきらめました……。


こんな事があって以来、私は有美を疑いの目で見るようになってしまいました。そして、これから子供を作ろうと思っていた矢先だったので、私は白黒ハッキリさせなくてはいけないと思い、探偵事務所に依頼をするという思いきったことをしてしまいました。

そこで私の担当になってくれたのは、意外にも女性でした。まだ若い彼女に、正直大丈夫かな? と、不安も覚えましたが、話をして不安は消えました。とても聡明な印象と誠実な印象を受けた私は、その日のうちに正式に依頼しました。

『夫からの依頼だと、8割方は黒なので、ある程度の覚悟はしておいて下さい』
彼女にそう言われて、私はすでに泣きそうでした。でも、2割は白なんだ……と、そこに希望を持つことにしました。

でも、10日後にもたらされた報告は、黒でした……。
あまりのショックに、彼女の説明もほとんど頭に入らないまま、報告書を手に事務所を出ました。

私はフラフラと歩き、公園のベンチに腰掛けました。そして、震える手で報告書の中身を取り出しました。
相手は、元カレでした。2人で手を繋いで歩く写真。そして、ラブホテルに入っていく写真……それを見たとき、私の中で何かが爆発したように感じました。でも、それは怒りや絶望ではなく、激しい嫉妬と激しい興奮でした。

ホテルから出てきた写真などは、有美は腕を組んで楽しそうに笑っていました。そして元カレは、イケメンとかそういう感じではなく、温和そうな男性でした。優しげな顔をした彼と、楽しそうに笑う有美。どう見ても不倫している2人ではなく、お似合いのカップルという感じでした。

そして、こんな現実を突きつけられたのに、怒りよりも興奮している私は、衝撃が大きすぎて精神が壊れてしまったのだろうか? そんな気持ちでした。

報告書には、この関係がいつからかはまだ不明。ただ、所見としてはまだ日が浅そうだと書いてあった。

そして、証拠能力はないとの前置きが書いてありましたが、録音した音声がSDカードに納められていました。私は、どこでそれを聞こうか迷いましたが、たまに行くネットカフェに行きました。そして、パソコンにカードを挿し、ヘッドフォンを装着して再生を始めた。

『懐かしい……良く来たよね! ラブホテルなんて、すっごく久しぶり!』
思っている以上に鮮明な有美の声がしました。私はその声を聞いて、やっぱりこれは現実なんだなと思い知りました。

「覚えてた? 何かここ好きだったよね」
聞いたことのない男の声が響きます。
『覚えてるよ。シュウちゃんとのことは全部覚えてるよ』
何とも言えない声で有美が言う。
「ゴメン……」
『なんで謝るの?』
「俺がニューヨークなんて行っちゃったから……」
『しょうがないよ。それに、意地張って私も連絡しなかったんだから、お互い様だよ』
「ホントにゴメン。なんか、有美の口から別れ話を聞くのが怖かったんだと思う……」
『なにそれw シュウちゃんの方が私に飽きただけなんでしょw』
有美は、無理に明るく言っている気がする。

「そんな事ないって! 今だって……ゴメン、変なこと言っちゃったよ……」
『変なことじゃないよ。嬉しいよ。だって、私もだもん!』
「え? 俺のこと、まだ好きって思ってくれてるの?」
『そうじゃなきゃ、こんなところにホイホイついてこないでしょ? あっ、でも、違うからね! 今日だけだから! 私には、最高の旦那様がいるんだから!』
こんな状況なのに、私は有美の言葉に嬉しいと思ってしまいました。浮気は浮気ですが、私から離れていくというわけではないと知り、ホッとしていました。

「そっか……でも、良いの? 旦那さんいるのに、こんなこと……」
『こんな事って、シュウちゃんが連れ込んだんじゃん!』
「ゴメン……」
『もう謝るの禁止〜w』
楽しそうな会話が続く。そして、この会話を聞いて、この日が初めての肉体的な浮気をした日なんだなと知りました。

「あぁ、ゴメン……」
『もう! んっ……』
そして、音声が消えた。ボリュームを上げると、かすかに水音が聞こえてくる……。キスをした……。有美が元カレとキスをした……。
私は、信じられないと思いながらも、信じられないくらいに興奮していた……。妻が元カレとキスをしてるのを聞き、興奮する夫がどこにいるんだろう……。私は、自分が本気で壊れてしまったと、怖くなってきた。

『いきなりキスしないでよ! ビックリしたじゃん!!』
「ゴメン……」
『また謝ったw ……もう一回……して』
そして、また音声が消えた……。

2人は、完全に昔に戻っている感じだ。10年近くブランクが開いても、一瞬で戻ってしまう……元カレ元カノの関係は、そういう怖さがあると思った。

「今だけは、有美のこと好きって言っても良い?」
元カレが、絞り出すような声で言う。
『ダメ!』
でも、間髪入れずに有美はダメと言ってくれた。こんな状況なのに、私はつい顔がほころぶ。

でも、次の瞬間、
『愛してるって言ってくれなきゃダメだよ……』
と、照れた有美の声がした……。喜んだ直後だっただけに、落差が大きすぎて胸が破れそうだった。

「愛してる。ずっと愛してた。会いたかった。忘れることなんて出来ないよ」
元カレは、思いが爆発したように言う。

『じゃあ、連絡くらいしろよな! ばかっ!』
有美は、泣いているような声で言う。そして声は消えて、衣擦れや、ベッドがきしむような音が響き、しばらくして、
『もうダメ……そのままもう……して……』
うわずった声で言う有美。
「あぁ、有美……愛してる……」
感極まったような元カレの声。
『うぅあぁっ♡ シュウちゃん、愛してるっ! ずっと会いたかったんだからね!!』
有美の声も、ほとんど泣き声だった。
そしてまた声が消えて、ベッドがきしむ音と、
『んっ! んンッ! ンあっ♡ ンフゥッ!』
と、有美のくぐもったうめき声だけが響く。

どう考えても、キスしたままセックスをしている音だった。愛する妻が、昔に戻ったように元カレと身体を重ねている……。でも、怒りも湧かず、離婚という言葉も頭に浮かばない。今の私は、息もつまりそうなほどの興奮と快感に包み込まれていた。

「有美っ! 有美っ!! 愛してるっ! もう一度俺と!!」
元カレは、思いの丈をぶつけるように言う。
『愛してるっ! ずっとこうして欲しかった!! 忘れられなかった! 戻りたいっ!! シュウちゃん愛してるっ!!』
有美も、心の中に秘めた思いをぶちまけるように叫ぶ。

「有美っ! もう一回俺と! 愛してるっ! あぁ、ダメだ……イクっ!」
『愛してるっ! イッてっ! 有美もイクっ! シュウちゃんとイクっ! 一緒にイクっ!!』
有美も、驚くほどの大きな声で叫んだ。

そしてまた声が消えて、ベッドがきしむ音と肉を打つような音だけになった。そして、それもすぐに消えた……。

キスしたまま、中に出した……。それは、夫の私だけが許されたことのはずだ。でも、そんな私は、ネットカフェで愛する妻が元カレに中出しされる音声を聞きながら、下着の中に射精してしまった……。

そんな風に、爆発でもするように射精してしまい、大きく動揺する私。でも、2人の愛のこもった会話は続く。
『ねぇ、本当に付き合ってる子とかいないの?』
有美が、遠慮がちに聞く。
「いないって。有美と別れてから、ずっと1人だよ」
元カレは、少し照れくさそうに言う。
『へぇ……そうなんだ』
有美は、分かり易いほどに嬉しそうだ。

「て言うか、いつ別れたんだっけ? 俺、別れたつもりないんだけど……」
元カレがそんな事を言う。
『そう言えばそうだねw ちゃんとお別れしてなかったねw』
有美は、楽しそうだ。

「そうだよw だから、有美は今浮気中なんだよね。浮気相手と結婚するなよw」
元カレは、おどけたように言う。
『……そうだね……』
冗談を言った感じの元カレに対して、有美は真剣に答えた。
「後悔してる?」
『……うん……』
私は、焦燥感で貧血を起こしそうだった。

「それはどっち? 今日俺とこうなったことを? それとも……」
『な、内緒! 内緒だよ!』
有美は、元カレが言い終わる前にさえぎるように言った。

私は、内緒になってないよ……と、心の中で思った。私と結婚したことを後悔している……そんな事は、夢にも思っていなかった。でも、有美の心は見え見えだ。

私は、怒りや悲しみではなく、有美の幸せのためには身を引くべきなのか? という、究極の選択を想像していた。多分、訴えれば慰謝料なども取れる話だと思う。でも、私はそうするつもりはない……。
愛する有美の本当の幸せ……それが一番大事だと思っていた。

「いいよ、身体に聞くからw」
『きゃっ、もう♡ ねぇ、久しぶりに一緒にお風呂入ろうよぉ!』
「いいねw」
『ふふw ホント、戻ったみたいw』
2人は楽しそうに浴室に行ったようで、音が消えた……。

私は想像以上の展開に、言葉もない。そして、楽しく笑いながら二人が戻ってきた。

「相変わらずだねw エッチ好きなところ、変わってないなぁw」
元カレが嬉しそうに言う。
『シュウちゃんがエッチにしたんでしょ!』
有美がすねたように言う。
「そうだったw そうだよ、俺が有美を変えたんだよ。有美は俺色に変わったんだよ」
『……うん。今でも、毎日思い出すよ……』
「俺とのセックス?w」
『バカw でも、そうかもね……』

「どうする? 上になる?」
『うん♡』
「お手柔らかにねw」
こんな会話を続ける二人。息が合っているとしか言えない……。

『んっ♡ やっぱり、シュウちゃんのピッタリだ♡』
「あぁ、有美……すごいよ……」
『動くね……』
「あぁ……」

『んっ! んっ! ン、ふぅ……あぁっ! あっ♡ シュウちゃん、気持ち良い……やっぱり一番気持ち良いよぉ♡』
有美は、私が聞きたくない言葉を続けざまに言う。

「俺も……有美、愛してる!」
『愛してるっ!』
二人は、何度も何度も愛してると言いながら、セックスを続ける。多分、有美が騎乗位で上になっているのだと思う。

有美のあえぎ声は長く続き、愛してるという言葉も繰り返される。

『シュウちゃん、愛してるっ!』
「有美っ! 愛してるっ!! イクっ!!」
『うぅアァァッ!! イクぅっ!! 愛してるぅッ!!』
二人はこんな風に果てた……。

私は聞き終わり、魂が抜けたようになった。
そして、どれくらい時間が経ったかわからないが、私は家を目指した。

有美になんと言っていいのか……どんな顔をして会えばいいのか……。私は、迷いながらも家に帰ると、有美がいつも通りに出迎えてくれた。

『お帰りなさい! 今日もお疲れ様♡』
有美の満面の笑みを見て、私はしばらくこのまま知らない振りをしようと思った。私自身の快楽のために……。

【他サイトの若妻やエッチなOL、淫乱ナースの卑猥な体験談】
・完全オリジナルの体験談です(姉妹ブログ含)
・2017年度 寝取られ動画、同人作品ランキング!
・息子の上京をきっかけに、妻が若い恋人との交際を告白してきた完
・個人経営の塾で、妻が身体をご褒美にして生徒の成績を上げていました2
・いつもより早く帰宅すると、嫁が元カレにリベンジポルノで脅されていた完
・姉さん女房の妻に、友人とのセックスをお願いした結果2
・奇跡的に付き合ってくれた自慢の彼女が、処女は他の人に奪ってもらうと言った完
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声
 
『肉便器女』は、まじめな専業主婦

人気記事ランキング


    弟の恋人が昔調教した元カノだった
     
    グラビアアイドルをしている巨乳の彼女が親父マネージャーに寝取られ種付けプレスされていた