去年の7月のことです。アパレルメーカーの商品企画をしている34歳の妻が3日振りに帰宅しました。

帰宅後妻の話では、不倫をして男と外泊をしていたというような話ではなく、純粋に仕事上の都合ということでした。
ベトナムに発注した商品に不都合が発生し、その対策のために缶詰になっていたと言っていました。

帰宅した妻は疲れきった様子で日曜日で自宅にいた私を見ると安心した様子で、リビングのソファーに倒れこんでしまいました。

このまま寝せておくのも可愛そうなので、せめて体を拭い着替えをさせようとおもいました。

妻はダークスーツで、上着の下はサテン地で艶のあるベージュのタンクトップを着ていました。

上着を脱がし、スカートも脱がすとタンクトップとパンストだけの妻になりました。

この時です。妻の体から汗臭い、しかし甘酸っぱい何とも言えないそそられるような匂いが立ちこめました。

それはそうでしょう3日の間風呂はおろか、着替えもしてなかったのですから。

無意識のうちに私のペニスはかちかちにそそり立ち、履いていた短パンとTシャツを脱ぎすて、全裸になっていました。

次にタンクトップとブラジャーを脱がせ、パンストを取るとベージュの金色に見えるガードルが現れました。

私は無意識にガードルのクロッチ部分に鼻をつけ匂いを吸い込みました。

ますますペニスは硬くなり、先走りの淫水がたれ落ちました。

こんな淫靡な気持ちは新婚以来10年ぶりです。

最近はお互い、仕事が忙しく、sexはご無沙汰でした。とうとう我慢ができず、ガードルを乱暴にはぎ取り、最後のスキャンテイーを取ろうとした時、とうとう我慢できず、妻のヘソのところに勢いよく射精してしまいました。

妻は気ずかずぼうっとしている様でした。

スキャンティーをとり、妻の割れ目をなぞり、匂いを嗅ぎそうこうしているうちに再度勃起がおこり久しぶりの挿入をはたしました。

ところが、落ち着いてスキャンティーのクロッチ部分をよく見るとかなりの面積が糊を乾かしたように白くガビガビになっているのです。

匂いを嗅ぐとほんのりと栗の花の香りがします。

問い詰めると、昨夜上司と役員室でsexをしたとの事。

上司との関係も2年くらい続いているようで月に2~3回のsexを告白しました。この時の何とも言えない屈辱と興奮は忘れられません。


その後、この興奮経験がくせになり、妻の帰宅を待ってスーツをはぎとり、妻の匂いに勃起する日々続いています。こんな私は異常でしょうか?

【他サイトの若妻やエッチなOL、淫乱ナースの卑猥な体験談】
・完全オリジナルの体験談です(姉妹ブログ含)
・2017年度 寝取られ動画、同人作品ランキング!
・倦怠期の婚約者が、会社の男の子にデートに誘われたと言ってきた
・男前な姉さん女房を、後輩の彼氏に抱かせることになって完
・妻が追突事故を起こしたことで、ヤクザの真珠入に狂うことになりました3
・年上の嫁を寝取ってもらうために、友人のアレを型取ってディルドを作った4
・妻からの昇進のお祝いは、元カレとのセックスでした2
 
リゾート地で巨根♂2名にぶち込まれる「淫ら妻」

人気記事ランキング


    成績UPを条件に 毎日抜いてくれるお母さん
     
    どこにでもいる普通のママがやっぱり1番エロい