結婚して3年になる子持ちの27歳です。

結婚前後は主人とはラブラブでしたが主人が淡白だったせいか、イマイチ満足しない生活が続き子供ができてからは、まったくなくなってしまいました。

ある日私は仕事場同期の子と2年後輩のシュン君の三人で飲みにいき、シュン君はかっこよく、背も高いだけあって彼女には不自由していないそうです。
仕事の愚痴話から、彼の合コンでのお持ち帰りの話、私の夜の生活の愚痴話になってしまいました。

帰り道シュン君は私に同情してくれて、エッチはできないけどお互い気晴らしにランチでもしにいこうと誘ってくれました。

ランチ当日、レストランで食事の後彼が

『うち、近くだからお茶でもしていかない?』

といわれ

『いいよ』

と何も考えずに行ったのでした。

家に入ってみると、久しぶりの独身男性の部屋です。

緊張と知らず知らず何かを期待して、ドキドキしていました。

彼は、何の気なしにテレビをつけ、紅茶を入れてくれました。

内心はドキドキです。

相変わらず彼は淡々と紅茶を飲みながら仕事の話などをしていましたが、自然とエッチの話になっていきました。

『フェラが好きなのに、旦那が嫌いなの』

『そんな男いるの?』

『信じらんないでしょ』

『俺、フェラで逝けないんだよ』

『私ので逝かない男いないよ』

『じゃあ今度してよ』

『いつかね』

私はドキドキしながら、あそこが動いてしまっているのを感じていると彼が優しく私を抱き寄せ、キスしてきたのです。

少し抵抗しましたが、抵抗にはなっていません。

引き付けられ唇を重ねるうち彼の舌が入ってきました。

私も彼の舌を受け入れ、自分の舌も彼の口にいれました。

『だめだよシュン君』

『いいから、俺にまかせて』

『結婚してんだよ』

『俺まえから気になってたんだよ』

彼の手は私の胸に伸び、ブラウスの上からやわらかいわたしのおっぱいを揉み段々激しく舌と唾液を絡ませる濃厚なキッスになっていきました。

彼の息も激しくなっていき、私も彼の股に手をやると、ズボンの上からでも十分わかるほど硬くなっています。

ズボンの上から擦っていると、彼は私のブラウスのボタンをはずしブラをずらして、私のDカップの胸を生で揉みだしました。

時折硬くなった乳首をつかんでみたりして、ブラウスを脱がされブラをはずし、私の胸に吸いついてきました。

乳房、乳輪、乳首優しく舐めまわしてきます。

『あーーん』思わず声が出てしまいました。

『ゆうこのおっぱいきれいだよ、すっごく張りがあって気持ちいよ』

ここまできたら後戻りできません。

『フェラして欲しい?』

うなずく彼、ズボンのベルトを外しズボンを下ろすと彼のパンツが先走り液で濡れていました。

その下には硬くなったペニスが脈をうっています。

彼の股に顔をうずめると久しぶりに匂うオスのニオイです。

私はますます興奮してしまい、彼のペニスをとりだすと、亀頭、カリ、尿道、サオ、つけ根、袋、袋の裏側から、お尻の穴まで舐めまくりました。

彼のペニスは私の唾液でベチョベチョです。

ほどなくして

『ゆうこ、逝きそうだよ』

『逝っていいよ』

そして手で袋を刺激して、サオをしごきながらのバキュームフェラ。

彼の手が私の頭をおさえ

『口に出すよ、イクッ・・ウッ』

ドクドクドクっと大量の精子が私の口に放出され、私は飲み干しました。

『溜ってたから、いっぱい出たでしょ。ゆうこのフェラめっちゃきもちいよ』

『おいしかったよ』

というとすかさず彼が私のスカートを脱がし、パンティーをおろし、私のアソコに舌をはわせてきました。

『ゆうこのマンコベチョベチョじゃん』

『恥ずかしい』

『おいしいいよ』

『やだよ』

一向にやめることはなく、指を入れてきて舌でクリトリスを舐めてきます。

私はご無沙汰であったのと、旦那にはない彼のテクニックで

『シュン君だめ、逝きそう』

『いっていいよ』

『やだ、入れて』

『・・・・』

ますます激しくなり

『イクッ』

と小さく声を出し絶頂をむかえてしまいました。

『いっちゃったね』

『もーー意地悪。シュン君の入れて』

『ゴムないよ』

一瞬迷いましたが

『じゃあ外に出してね 絶対だよ』

初めて主人以外の男性との生体験です。

先程射精したペニスなのに、既にビンビンで充血しいきり立っていました。

そのカタいペニスが私のアソコに入ってきました。

久しぶりの感触です。

『ゆうこのマンコ気持ちいい、めちゃミュルミュルだよ』

『シュン君のカタイよ、気持ちいい』

ズンズン彼はペニスを私に突いてきます。

私も自然と腰が浮き動いて、彼のものを奥へ奥へと導いていました。

『旦那にもいつもこんな風にやられてんの?』

『全然、こんなのと違うの』

『すげーしめつけ、まじ気持ちいい』

旦那でもない男に抱かれているという罪悪感がよぎると同時にその気持ちは興奮へと変わっていき

『シュン君の好きにして』

『ゆうこ、すきだよ。おまえの身体最高だよ』

その間にも、二人の接合部分はペチャペチャヌチョヌチョいやらしい音をたてています。

私は手を接合部に回し、彼の袋に私のあふれた液を塗り刺激すると

『やべーーよそれ、うーー逝きそう』

『気持ちいいの?まだもっと突いて、おっぱい揉んで』

と恥ずかしい言葉をはっしてしまいました。

『マンコの中の肉が俺のちんちんにまとわりついてきてる』

『彼女よりきもちいい?』

『まじ、やばいよ』

がんがん突きまくってくる彼。

その後バック、座位、正上位となり

『だめ 俺逝っちゃう』

『逝っていいよ、一緒にいこ』

というとますます激しくなり

濃厚なキスというより、唇をむさぼりあいながら

『逝くよ』

『お腹にきて』

『イク、イク、イク、あぁー』

彼のペニスがいっそうカタさをまして、私のアソコを擦りまくります。

その瞬間彼の温かいものが私の子宮めがけてドクッドクッ・・・・・

何度も何度も痙攣をし精子を注ぎ込んだのです。

え!?と思ったのも一瞬、あまりの気持ちよさに知らず知らずのうち抱きしめ、足で彼を引き寄せていました。

『ごめん、中で出しちゃった』

『仕方ないよ。気持ちよかったもんね』

彼は優しくキスをしてきました。

すると入れたままのペニスはまたかたーーくなってきて腰をグラインドしてきました。

中に出した精子と私の液が私のお尻の割れ目にそって垂れてくるのを感じ、二回戦がはじまり、その後夕方までにあと2回彼の精子をうけとめました。

妊娠してしまうかも、という気持ちはありましたが欲望に勝てず、すべて中出し。

すっかり私のフェラと肉体に虜になった彼と主人より硬くて持久力のある彼が忘れられない私は、時間を付くっては昼間愛し合う事を続けました。

ある日私は病院で軽い手術のため、検査入院したときのことです。

主治医から

『あなた肝炎にかかっていますよ。輸血したことや、お身内の方で肝炎の方いらっしゃいますか?』

と聞かれ、何の事かよくわからない私は

『いいえ、いないはずです』

『では、ご主人自身が知らないだけでしょうかね。一度検査をうけてもらいますか?』

検査の結果もちろん陰性でした。

子供も陰性。

出産後に感染したのです。

つまり彼が肝炎だったのです。

彼はお持ち帰りしては感染させていたのかもしれません。

知らずに、持ち帰られた彼女は新しい彼に感染させてしまうかもしれないのです。

先生のお話によるとこの肝炎の場合、キスなどではうつることはなく、SEXや輸血で感染するとの事でした。

中出ししなくても、ナマのSEXでも同じだそうです。

先進国では日本だけが肝炎同様、HIV患者が激増しているそうで私たちのようにナマSEXが原因だそうです。

同性愛の方のだけではないとのこと。

欲望に負けてSEXしてしまい、肝炎にまでなってしまった。

ナマSEXは妊娠だけでなく、病気の心配もあることを実証してしまいました。

肝炎は一生お付き合いしなければならないそうです。

HIVエイズでなかったのが不幸中の幸いか・・・複雑です。

【他サイトの若妻やエッチなOL、淫乱ナースの卑猥な体験談】
・完全オリジナルの体験談です(姉妹ブログ含)
・2017年度 寝取られ動画、同人作品ランキング!
・男前な姉さん女房を、後輩の彼氏に抱かせることになって完
・妻が追突事故を起こしたことで、ヤクザの真珠入に狂うことになりました3
・年上の嫁を寝取ってもらうために、友人のアレを型取ってディルドを作った4
・妻からの昇進のお祝いは、元カレとのセックスでした2
・家族旅行の海外で、男の子達にエステの特別コースをしてもらった妻 完
 
リゾート地で巨根♂2名にぶち込まれる「淫ら妻」

人気記事ランキング


    成績UPを条件に 毎日抜いてくれるお母さん
     
    どこにでもいる普通のママがやっぱり1番エロい