俺はかなりスケベな彼女と付き合っていて、同じクラスになった。
 ある日朝学校でリモコンの様な物を渡され「何コレ?」と言うと彼女は「授業中トカにスイッチ入れて」と言った。もうお分かりだと思うがリモコンバイブのスイッチを渡されたのだ。
彼女は玩具などを結構持っていたがここまでスケベだとは思わなかった。 
「じゃあ、今から入れてくるから」と言ってトイレに入りバイブを仕込む彼女。俺はどうしようか迷っていた。
 すると彼女がトイレから出てきて「入れてきたからスイッチ入れてみて」と言うのでとりあえずスイッチを入れる俺。

彼女は「んっ・・・」と言って前屈みになる。俺は彼女に「ヤメとこ」と説得するが彼女は聞く耳持たず遂に授業が始まる。 
 俺は先生の話など全く聞こえずどうしようか考えていた。 
 とりあえずこの授業中は何もせず授業が終わったら彼女と話をしようと思い授業に集中する事にした。授業が始まってから20分が経過した頃彼女からメールが届く。 
 メールの内容は「早くスイッチ入れて」というものでした。 
 ご丁寧にハートの絵文字が3つもあったのでスイッチを入れようかと思いましたが、彼女がもし声を出したりイッてしまったら彼氏の俺まで気まずくなる!と思い、 
「そんなにHがしたいんやったら今日俺ン家来いや」 
 とメールを送りました。 
 すると1分しない内に「ヤだ!ココでしたいの!」とメールで言う彼女。 
「じゃあもし限界になったら『気分が悪い』とか言うて保健室行けよ?絶対声出すな!」 とメールを送ると今度は俺がケータイをポケットにしまった瞬間に「OK!」とメールが来ました。 
 俺は仕方なくスイッチを入れた。 
 すると彼女は当然『ビクッ』となり足を動かしてムズムズしてました。多分他の人が見たらオシッコ我慢してる様に見えたでしょう。 
 3秒程でスイッチを消しました。 
 彼女とは机4つ分離れてましたが、彼女が緊張ゃ恥じらいの表情と共に快感の表情をしていたのが見えました。もう一度スイッチを入れました。 
 彼女はまたビクッとなって足を動かしていました。 
 10秒くらぃでスイッチを消すと彼女からメールが来て、 
「長くしたり短くしたりして。あと、スイッチを入れたり消したりを連続でしてね」 
 という指令が来たので俺はまた仕方なく言われた通りにしました。 
 まずスイッチを1分くらい入れる事にしました。 
 スイッチを入れた瞬間、ビクッとなって足をムズムズさせてさっきと同じ様子でした。 
 でも40秒を超えると手でマムコの辺りを押さえて辛そうだったので、すぐスイッチを消しました。 
 俺は「まさかイッてないよな?」と思いつつ1分程間を置いてまたスイッチを入れました。 
 今度は小刻にスイッチを入れたり消したりを繰り返しました。 
 すると彼女はスイッチを入れる度にビクッとなり、消すと元に戻るの繰り返しだったので、貧乏ゆすりをしている様に見えました。 
 その内チャイムが鳴って授業が終わると、彼女が来て、 
「スッゴく気持ちいぃ!次の授業もお願いね!」 
 と言うと俺が「もうヤメょ」と言う前に友達の所に行ってしまいました。 
 俺は「人の話聞けよ!」と思ぃ仕返しにスイッチを入れてやりました。 
 無防備な状態だったからか彼女は「キャッ!」と言って座りこみました。 
 彼女の友達は「○○(彼女の名前)大丈夫?」と言う娘も居たり「オィオィ彼氏の前だからって女の子ぶんなょぉ〜」とからかったりしていました。 
 俺がちょっとリモコンバイブが便利だと思っていると、彼女が膨れッ面で俺を見たので俺は鼻で笑う表情をしました。 
 そして2時間目が始まりました。 
 授業が始まって5分が経過した頃、俺は絶対にスイッチを入れんぞ!と思い寝る事にしました・・・・が、その時彼女が教科書を読んでいたのでスイッチを入れたくなりました。 
 どうやらさっき彼女が「キャッ」と言ったのを見て、Sの俺は本性が出てきた様だ。 
 俺はどうしてもスイッチを入れたくなってきたので「もういぃや!アイツ(彼女)が言ってきた事やし!」と思いスイッチを入れる事にしました。 
 スイッチを入れると彼女は教科書を読むのがちょっとゆっくりになり、一旦消してまた入れると「んっ・・・」トカ「アッ・・・・」と言い始めました。 
 先生が「○○さん?どうかしました?」と心配そうにしていました。がSの俺は止まらなくなって、ドンドン意地悪にスイッチを入れる様になりました。 
 彼女は歯をくいしばり必死に耐えている様でしたが次の瞬間ビクッとなって力が抜けた様にフラフラっとしたので俺はまさかと思いスイッチを消しました。 
 彼女が教科書を読み終わるとメールが来てました。 
 内容はなんと「どぉしよう・・・・・イッちゃった・・・・」でした。 
 さすがの俺もかなり焦った。 
「とりあえずティッシュか何かで愛液を拭け!怪しまれるなよ!」とメールを送りました。 
 するとすぐにメールが届く。「ムリゃって!絶対怪しまれる!」俺は「じゃあ保健室行くフリしてトイレで拭いてこい!」と送る。 
 またすぐにメールが届く。 
「それもムリかも・・・・・パンツぐっしょりゃから多分イスもベタベタゃと思う。立ち上がったら漏らしたって思われるゃん!」 
 俺はまさに混乱状態だった。 
 すると彼女からメールが来た。 
「なぁ〜んて嘘だょ〜さっきY(友達の名前)の前に居るトキにバイブのスイッチ入れたゃろ?その仕返し##」 
 俺はこういう嘘は嫌いだが、この時ばかりはスゴく安心したのを覚えている。 
 だがメールでは怒ったフリをして、 
「ふざけんなよ!もうスイッチ入れへんからな!」と送ると彼女は「ホンマごめんね!でも楽しかったよ###」 
 2時間目が終わると彼女にスイッチを返し俺の過激な一日は終わった。 
 だがこの彼女と付き合っている限り過激な人生だという事にまだ気づいてない俺。という訳で今度はアナル開拓編をお伝えします。 

 リモコンバイブの日から一ヶ月程が経ち、夏休みに入って8月になったある日、彼女からメールでイキナリ「アナルHって興味ある?」と聞かれた 
 AVで見るのは嫌いではなかったので「まぁあるかな・・・」とメールを送ると「じゃあしようゃ!」とメールで言う彼女。 
 俺は彼女の性格が分かってきていたので、実際にヤッて痛さで諦めてもらおうと思い「じゃあ明後日に○○のラブホ行こか」とメールで言った。 
 当日彼女の家に自慢のバイクで迎えに行った。 
 彼女の家に着いてチャイムを鳴らすと彼女の妹(中三)が出てきた。朝11時だったので予定が無かったのか妹さんはパジャマ姿だった。 
 茶髪にピアスそしてSっぽい顔の妹さんだ。 
 妹さんは「あっ!○○(俺の名前)さん。おはよっ」と男慣れした様子で俺に挨拶をしてきた。 
 俺もそれなりに女慣れしていたので「おはよっ!○○(彼女の名前)は?」と聞くと「ちょっと待ってな。」と言って彼女を呼びに行く妹さん。 
 するとトントントンと階段を降りて来る足音がして「ゴメン、服で迷っててん」と彼女が来た。 
 キャミに上着、ミニスカ、パンプスという露出の高い服を来て俺に軽く抱きつく彼女。「ほな行こか」とラブホに向かう。 
「あちゃ〜バイクなの忘れてスカートにしちゃった」 
 と彼女。 
 だが「まっ、いっか。パンツくらい見られても。」普通に言う彼女。バイクにまたがりエンジンをかけ出発。 
 そしてラブホに着いて部屋を選ぶ。 
 金が無かったので割りとシンプルな部屋にした。 
 まず彼女がシャワーを浴びにバスルームへ。テレビを見ていると「なぁ〜、○○も一緒に入ろ」との誘いを受け俺は服を脱ぎバスルームへ。彼女と体を洗い合い湯船に入る。 
「なぁ、やっぱアナルって痛いらしいしヤメといたら?」 
 と俺が言う。 
 だが彼女は「でもその内気持ちよくなるっしょ!それにローション持ってきたし!」 
 本当にどこで手に入れてるんだか・・・・ 
 バスルームから出て二人ともバスローブでいいとも!を見ていた。バスローブから胸(Dカップ)がチラチラと見えていて俺は半起ち状態。 
 一週間禁欲だったのでたまらず彼女に抱きつく。彼女は「もぉ〜Hィ〜」と言った。 
 俺は彼女のォッパィを優しく愛撫したり、乳首を責めたりした。「あっ・・・」と声に出して感じる彼女。 
「相変わらずウマイんゃからぁ」と彼女。 
 俺は「お前が会う度にHしょっっていうからウマなったんやんけ。」と言った。 
 そしてォッパィを吸いながら栗に手を伸ばす。栗とォッパィを責めていると「あっ・・・ンア!・・・・んんっ!」と感じる彼女。 
 バスローブを脱がせて全裸になった彼女のマムコに指を入れて刺激を送る。「ぁん!・・・ハァッ・・ン!・・ァゥ・・」とさっきよりも感じる彼女。「私も○○(俺の名前)を気持ちよくしてあげる!」と言う彼女。 
 俺もバスローブを脱ぎ69の体勢になる、『ジュポ・・・ジュプ・・・ジュル・・・』と厭らしいティンコをしゃぶる音が聞こえる。俺のティンコを口と快感が包みこむ。 
 彼女の初体験は俺なので最初に比べるとかなりウマくなっている。禁欲して一週間という事もあるので油断するとすぐイキそうになる。 
 5分が経つ、彼女が「そろそろ本番しよか!」と言う。俺は「ホンマに大丈夫か?」と言う。 
 すると彼女はバックからローションを出して「大丈夫!」と言った。 
 ローションと一緒にメモ用紙らしき物を取り出す。 
 俺が「何それ?」と聞くと彼女は「手順をメモって来たんゃ」と言ってメモを読む。どこにそんな手順が書いてあったんだか・・・ 
 すると彼女は、 
「アナルHの手順その1、大便は先に出しておく!出そうじゃなくても出しておく!!」 と言ってトイレに入り、5分程で出てきた。俺はスカトロの趣味は無いのですっかり萎えてしまった。 
「手順その2、ローションなどの潤滑液を肛門に塗る・・・フムフム」 
 と言って肛門にローションを塗る。 
 彼女は一通り手順の通りにして「準備完了!いつでもいぃで!」と言うが俺は萎えまくったティンコを見て「もぉ一回起たせて」と言う。 
 フェラを少ししてもらい、復活した俺のティンコにもローションを塗る彼女。そのヌルヌル具合でイキそうになるがなんとか耐える俺。 
「じゃあ入れるで?」と言うと「うん!」と元気よく言う。 
 だが俺はかなり緊張していた。少なくとも彼女の処女を奪った時より緊張していた。だが「早くぅ〜」と彼女が言うのでゆっくりではあるがティンコをアナルに挿入する。 
「あれ?入んない?」と俺。 
「えっ?もしかしてイキナリティンコ入れようとしてる?」と彼女が言う。 
「うん。」と俺。 
「そんなんイキナリ入るわけないゃん!まずは指を入れんねん」 
 と、彼女が言うので、そりゃそうかと納得する俺、 
 だがローションまで塗ったんやから普通にティンコを入れるんだと思うゃろ!と心の中で言う俺。 
 そして、指を一本入れる。 
 彼女が緊張していないせいか、ローションのおかげか、それとも両方かは分からないが一本は案外すんなり入った。 
 彼女は「あぁっ!スゴい!ちょっと痛いけど気持ちいぃ!!何コレェ〜不思議な感じィ〜」と興奮気味で言う。 
「抜いてみて」と言うので指を抜いてみる。 
「んっ」と言う彼女。もう感じてる様だ。 
 俺は「どんな感じる?」と聞いてみる。 
「ウーン。説明しにくいなぁ〜気になるなら○○もやってみる?」 
 と言う彼女。 
 俺はもちろん「遠慮しとくわぁ」と言う。「あっ、でも抜くときはウンチするのと同じ感じゃな!」と分かりやすい説明をする彼女 
「今度は指2本入れて!」と言うので意地悪(というか痛がらせてヤメさせようと思って)して指3本を入れる。 
 だが1本でアナルの快感に気づいたのか、さっきよりも簡単に入る。 
「ちょっとぉ〜指2本って言うたゃん。せっかちなんゃから!」 
 と快感と楽しさのせいか笑いながら彼女が文句を言う。 
「痛くないん?」 
 と俺は心配をしながら聞くと彼女は、 
「痛いよりも気持ちいぃ!早く○○のティンコ挿入したいゎぁ!」 
 と言うのでもぉ諦めさせるんはムリゃなと思い、アナルHを楽しむ事にする。 
 とりあえず指でアナルを広げると、マムコとはまた違った感じで厭らしい感じがする。 
「ちょっと!あんま見んといて!・・・ハズかしいから」 
 と恥ずかしそうに言うので、俺もドンドン興奮する。 
 指2本でアナルを指マンの様に責める。 
「んんっ!・・・・ハゥッ・・アン!」と初めてのアナルなのに感じまくる彼女。 
 少しすると彼女も栗をイジり出して、 
「アァッ・・ンア・・・・ゥンッ・・・キモ・・チイィ・・モッッ・ト・・ンンッ!・・アッ・ン・・・イ・・・クゥ」 
 とアナルと栗のダブルパンチでイッてしまった。潮を吹くとまではいかないがマムコから温かい愛液が溢れた。 
 彼女は余韻に浸りながら「ハァ・・ハァッ・・・ねぇ、入れて」と俺に言った。 
「じゃあ、今度こそ入れるで?」と聞くと「うん!いぃで!」と彼女。 
 とんでもない女の子を彼女にしたなぁと思いつつ、アナルに挿入する俺 
 まず先っちょが入り尿道が見えなくなる。 
 彼女は「アァッ!入ってきてる!!」と感じ始める。カリが入って行く「さすがにキツイな。」と俺が言う。 
 そしてドンドン入っていき半分が入った。「半分入ったで!」と言うと「まだ半分?もぉK(俺の名前)デカすぎるゎぁ」と処女を奪った時にも聞いたセリフを言う彼女。 
「じゃあ残り一気に入れるで」と言うとズプズプと根本まで入れる。 
「フゥ全部入ったで」と言うと「じゃあ動いてみて!」と彼女が言うのでゆっくり前後に動く。 
「ファ〜ァ」と彼女が感じる。 
 俺は1分程動いているとキツさと禁欲のせいでイキそうになったので、彼女に、 
「Y(彼女の名前)俺もぉイキそぉゃ!」 
 と聞く。 
 当然彼女は「えぇ〜もぉ〜?イッていぃけどもぉ一回してよ?」と言った。 
 俺はアナルHが余りにも気持ちよかったので「わかった!わかった!もぉ一回ヤるから!」と言うと彼女が「じゃぁ、イッていぃで」と言ったので俺はピストン運動を加速させた。 
 ピストンを早くした瞬間に俺のティンコは一気に精子を放出した。もちろんアナル中田氏。 
『ドクッドクドク』と一週間も溜めていただけあって、かなりの量がでる感覚がする。 
 彼女も「スゴい!お尻の穴にイッパイ出てる!・・・まだ出てるょぉ〜」と言うのでまず間違いなくかなりの量だろう。 
 少ししぼんだティンコをゆっくり引き抜くと「ンン・・・アンッ」と感じる彼女。どうやら抜くときの方が気持ちいぃらしい。 
 少し黄色くなったティンコを引き抜いてから3秒ほどで精子が逆流してきた。 
「ブチュ!」と音が鳴って彼女が恥ずかしそうにする。 
 彼女が体を起こして流れ出た精子を見て「ウヮァ〜イッパイ出たねぇ!」と楽しげに言う。 
 俺は「アナルもいぃなぁ」とすっかりアナルHの虜になっている。 
 そのせいかすぐにティンコは復活した。おかげで「もぉ〜Kの変態ィ」とからかわれたが俺は「よし!2回目ヤルぞ!」と言って彼女をバックの体勢にした。 
 余談だが俺はバックが一番好きだ、特に立ちバックはたまらない!後ろからバッチリマン筋が見えるからね! 
 そして、彼女が「入れて」と突き出したお尻にゆっくりティンコを近付ける。 
 精子が肛門にベットリと付いていたので、かなり簡単に入った。 
「今度は激しく突いてね!」と言うので思いっきり突きまくる俺。 
 彼女は「アァッ!イィッ・・・スゴ・・・ゥンッ・・・・ク・・・キモチ・・イィッ」ともぉ感じまくり。 
 彼女の背中に体を密着させて顔を右に向けて突いていると、ふと彼女のバックからあのリモコンバイブがチラッと見えたので彼女に「・・・あの・・・バイブ・・・何?」と途切れ途切れで聞く。 
「ンンッ・・バ・・アァ・・・ィブッテ?」と彼女も途切れ途切れで答える。 
「Yのバックに・・・入ってるゃん」と言うと。「ハァッ・・モッテ・・・キタノ・・ァゥ・」と彼女が言った。 
 俺は一旦ティンコを抜いて、彼女のバックからバイブを取りだし、マムコに入れた。 
「えっ?ハァ・・何?」 
 と彼女はマムコにバイブが入った事に全く気づいてない様なので「何でもないで」と言ってアナルに入れ直した。 
 さっきと同じ様にバックで突きまくる。 
「ハァン!・・・・ンッ・・ンアッッ・・・・」と感じる彼女。 
 そして俺の手にはバイブのリモコンがしっかり握られている。 
 相変わらず感じまくり彼女。 
 そして俺はバイブのスイッチを・・・入れる! 
「ンアァ!?」と一体何が起きたのか理解出来ない様なのでもう一度スイッチを入れる! 
「ハァァ〜・・・ナニ?・・コレ」とようやく何かに気づいたらしぃ。 
 俺はまたスイッチを入れる、今度は30秒とかなり長い。 
「アァッッッ!!・・・スゴ・・・ダ・・メ・・・イッ・チャ・・ゥ!・・ンンッ!・・ハァッハン!・・アッ・・ダメ・・・・ダメェ〜〜!!」と激しくイク彼女。 
 イッた後は呼吸するのが限界という感じでかなり苦しそうだがかまわず突きまくる。 
 彼女が呼吸する度に肛門がキツく締まるので俺もイキそうになる。 
 10秒もしない間に俺はイッてしまった。2発目なので量は少ないが彼女のお尻の穴に『ピュッピュー』と精子が放出される。 
 肛門からティンコを引き抜くと少量の精子が逆流してきた。 
 彼女はなんとか起き上がり、 
「ハァッ・・スッゴい良かったよ!またしようね!」 
 と言った。 
 俺は苦笑いしたがアナルHは病み付きになるなと思いつつ、ラブホを後にしてデートを楽しんだ。

【他サイトの若妻やエッチなOL、淫乱ナースの卑猥な体験談】
・完全オリジナルの体験談です(姉妹ブログ含)
・子育ても落ち着いた妻が、前に働いていた会社でパートを始めた結果5
・課長にパワハラされて、嫁にセクハラまでされてしまいました
・僕が結婚をためらう理由は、地元のイヤラシいしきたりのせいです5
・巨乳だけど真面目で清楚な嫁が、セックスの後オナニーしていた理由6
・妻が大学生にナンパされたと告白して始まった、童顔な妻との寝取られ生活4
 
ちひろ25歳♪超S級昼顔妻

人気記事ランキング