会社の人事移動があり、課長に昇進した私は、専務に自宅での祝賀パーティに誘われました。
当日が来まして、私たち夫婦は専務の自宅へと向かいました。

私は30歳、妻24歳で、子供はまだいません。
妻はB92-W59-H85で、街角では誰もが振り返る美人です。
私もそれが楽しく、わざと派手な服装を妻にさせ、男たちのいやらしい視線を感じては喜んでいました。

今日はさすがに専務宅での食事ですので、夫婦共にスーツで出かけました。
妻は紺のストライプの入った上下に中はブルーのカッターシャツを着、胸元を少し大胆に広げ、豊かなオッパイが引き立つような着こなしをしていました。
シャツのボタンがその大きな膨らみに耐えれない位、左右に引っ張られているのがわかります。
少しでも手を加えれば、パン!と弾け取れそうなほどになっており、ボタンのピッチの隙間から中のブラが見えています。
その様子を見て私は密かにスケベ心を抱き、多分専務は妻の今日のスタイルに、視姦の眼差しを向けるだろうと思い、少し股間を硬くしていました。

専務の家に着き、玄関に迎え入れられた私達は早々リビングの方に招かれました。
大きなテーブルに4つ席が用意されており、対面で専務夫婦と座る形をとり食事を開始しました。

専務は確か45歳で奥さんは一回り若く、私とはそんなに年の差がないと聞かされていました。
正直奥さんの色気のある対応に少し動揺しました。
服装は上下ピンクで揃えており、シャツにスカートは大きく上まで切れ上がったスリットが目立つミニでした。
サイドに入ったスリットから覗くガーターストッキングがいやらしさを増し、私はいつしか奥さんを視姦していました。

お酒の量も増え、妻も私も楽しく専務夫婦と過ごしていました。
しかし私はお酒の量が増えるほど、奥さんのことが気になり出し、新たな展開を望むまでになっていました。
そんな私の気持ちを察しているかのように、奥さんも大胆に広げた胸元をわざと見せ付けたり、両足の組みかえを頻繁にして、その内部を見せ付けるかの行動をとるのです。
私はほとんど理性を失い、そんな奥さんの行動に見惚れて、専務の話はまともに聞き入れていませんでした。
また妻の様子も気にすることなく、奥さんに対しての視姦を楽しんでいました。

食事もおおかた終わり、奥さんと妻が片付けを始め、私と専務はソファーに移動しワインを飲み雑談していました。
そうしていますと妻が、ワインと摘みをこちらに持ってきました。

「奥さんが、今日は泊まっていけば?と言ってくれてるんだけど、あなたどうする?」

妻がそう言ってきました。

私は先ほどの奥さんの事もあり、「それでもいいんですか専務」と聞き、「いいじゃないか、ゆっくりしていきなさい」との事で、その日は泊まる事にしました。

そんな専務の返事を聞いた妻がキッチンに帰ろうとしたとき、専務が大胆な行動をとりました。

「今日は寝かさないぞ!」と意味のわからない事を言いながら妻を抱き寄せ、大きなオッパイを鷲掴みしたのです。


突然の行動に私も妻もあっけに取られ、ただ笑うしかなく、「冗談だよ、冗談」と言う専務に苦笑いするだけでした。

しかしこの行動が後に妻の痴態につながるとは、この時は想像もつきませんでした。

片付けも終わり、妻と奥さんは私達のほうに来て、一緒にワインを飲み雑談を楽しみました。
そうしていると専務が私達のSEXの話を聞きだし、私も妻も照れながら「週に何回?」だの、「満足しているか?」だのを聞かれ答えていました。
その受け答えをしている妻に、専務はもっとスケベな言い方をし、妻を言葉で責め、視姦しているのがわかりました。

話の内容も過激になり、妻の「フェラを楽しみたい」とか、「オマンコの色は何色?」「好きな体位は?」「感じるところは?」など、ありとあらゆる言い回しで妻を責めています。

私もそのやり取りに最初は腹を立てていましたが、奥さんが横に座ってきてふくよかなオッパイを微妙に当ててくるのを楽しみ、また恥ずかしそうに専務のスケベな質問に答える妻の困った顔を、いつしか楽しむようになり、股間を硬くしていました。

そうしていますと、4人の座る位置も変わり、私の横に専務の奥さん、専務の横に妻となり、ガラスのテーブルを挟み対面でソファーに座る形になりました。
専務は妻の肩に手を回し、妻の柔肌を楽しみながらワインを飲んでいます。
妻も先ほどの専務の言葉責めに参ったようで、心なしか両脚が開き、こちらから中の下着が見えています。
私は、奥さんに太ももの所に手を置かれ、時折指先から受ける刺激を楽しみ、すぐ横にあるふくよかな谷間を覗き込み、この先の展開を待っていました。

私の目の前で妻は眉間にしわを寄せ、この状況からの開放を訴えてきていました。
しかしながら妻の股間は微妙に左右に動かされ、専務の肩越しから伝えられている痴態に応えているように見えます。

(もしかして感じているのか?)

そう疑った私でしたが、自分の今の置かれている立場をもっと楽しみたい気持ちが勝り、妻の仕草を断ち切りました。
相変わらず奥さんは私の太ももに指先を立て、刺激を送り込んできて、私の股間の脈打つ様を焦らすように触っています。

(ああ、奥さんにしごかれたい!)

私はそう思いました。
妻もそう思っているのでしょうか、先ほどより足元も広がり、スカートも上にまくりあがっているようです。

なんとも言えない隠微な空気の中、専務が面白いDVDがあるので見ようと言い、デッキのスイッチを入れました。
画面に映し出されたのは、聴き覚えのある声と、今まで見たこともない長く野太い男根でした。

「さあ、咥えなさい」

そう言われた目隠し姿の女性は、おいしそうに舌先で舐め上げ、次に口元をすぼめ、大きなカリ首をわざときつく締め上げるように咽奥まで導いていき、ゆっくりとピストンをはじめました。
その動きにあわせる様に男性も腰を動かし、声を漏らしています。
どうやら撮影者本人がフェラをやらしてしてるようで、男性の声のみが聞こえてきます。

「そうだゆっくりだ、いいぞー、その調子で下を絡めろ!」と、命令口調の声が続きます。

画面は女性のフェラシーンと巨根が延々と映し出されています。
DVDのあまりの迫力とリアルさに釘付けになっていた私は、ふと股間に違和感を感じました。
奥さんがジッパーを開け、私のチンポを出し、亀頭の辺りを手のひらで撫でながら、優しくしごき始めました。

「どう気持ちいい?」と、奥さんに聞かれ、私は歓喜に満ちた声で、「気持ちいいですーー」と答えました。

もう一度画面に目を戻すとカメラ位置が変わり、今度は一人の女性が二人の男性に犯されていました。
一人の男性のチンポをフェラし、バックスタイルでもう一人の男性に後ろから突かれていました。
女性はあえぎ声を上げ、二人の男性の責めに酔いしれています。

ズームが近くなり女性の顔がはっきり見えわたしはびっくりしました。
なんとその女性は、今私のチンポを優しくしごく奥さんでした。

(だったらこの立派なチンポは専務か?)

なんということだ。
びっくりした私ですが、股間に感じる快感にフィニッシュが近づいているのがわかりました。
この奥さんがこんなにスケベなのか、そう思い快感にふけり、奥さんから送り続けられる快感に合わせ腰をヒクツかせました。

「あら・・・、もうイキそうなの?カリがパンパンよ、でももういいんじゃないイッても、奥さんも限界みたいよ」

その奥さんの言葉に忘れていた妻を思い出し、対面に目をやりますと、妻はスカートをたくし上げられ、両脚を大きく広げ専務の指攻撃に喘ぎ声をあげています。

「ちょっと待ってください専務!」

私の問いかけを無視し、にやりと笑いながら専務はそのいきり立った立派なチンポを妻の口元にもっていきました。
ゆっくりと口を開け、上下の唇を舌で舐め、妻はチンポを味わおうとしています。

「やめろー、やめてくれーー!!!」

私の叫びも虚しく、妻はおいしそうに専務のチンポを咽奥まで咥え込みました。
その瞬間奥さんの手の動きも早くなり、妻の恍惚の表情を見ながら、私は今までに味わったことのない快感の中、スペルマを飛び散らしていました。

そんな私に奥さんは、「すごいわーー、もっと出してーーー!!今度は私の子宮にかけてくれる?」と言い、ベッドルームに導かれました。

その途中に妻を横目で見ると、ソファーの上に大股開きで専務の巨根を奥深く味わっている妻がいました。

自らの手を専務のお尻に回し、「もっと突いてーー!」と連呼しています。

妻は、いやらしい目つきで私を見送りました・・・。

【他サイトの若妻やエッチなOL、淫乱ナースの卑猥な体験談】
・完全オリジナルの体験談です(姉妹ブログ含)
・嫁の身体だけじゃなく、心まで友人に寝取ってもらいたい俺6
・まだ19歳のロリ妻が、私のED治療で他人棒を経験した
・今年の夏も、いとこと巨乳で無防備な叔母が遊びに来ました2
・私のミスのせいで、部長に身体を差し出して寝取られた妻 完
・気の弱い僕を守るために、妻が上司達に抱かれました その後
 
彼女がチャラ男に寝取られて堕ちるまで

人気記事ランキング