今日体験したての実話です。
帰って来て興奮してるので、公表したくなりました。
思い出しながら書くので微妙に変なところもあるかもしれません。
文章が下手なところは目を瞑ってください。

きつい仕事の会社に勤め、女の子と話す環境もなく、風俗にも行った事がなかった私は、今まで27年間『童貞』でした。
はっきり言って腐ってました。
そんな私の友達は男友達とエロビデオくらいのものです。
しかし昨日、今までの私にはありえない劇的な体験をしてしまったんです。

腐れ縁の男友達と一泊のスキーに行って相方が何人か声を掛けたんですが、当然相手にもされません。
しょうがなく宿に向かい、チェックインしました。
まあいつものことなので別に落ちこんだりはしていません。
大浴場で汗を流し、「このまま一生童貞だったらどうしよう」などと冗談半分に話していましたが、実はかなり焦っていました。

そんな私達が選んだ宿は那須方面の混浴露天のある宿です。
もちろん下心が爆発しそうになりながら選びました。
しかし、大浴場から露天に移ったものの女性はいません。
4日の宿泊だったのですが、客そのものが居ないことに気づきました。
夕食の時に仲居さんにそれとなく尋ねたら、今日は3組しか宿泊していないとのこと。
教えてくれたわけではないのですが、話の感じからは家族とカップルという感じでした。

折角の混浴も台無しでしたが、これもいつものこと。
少しテレビを見てから誰も居ないであろう露天に行くことにしました。
家族は風呂から戻ってくる所ですれ違いましたし、カップルが来ても意味なしです。
寒い冬の露天風呂には当然誰も居ません。
景色もたいしたことはなく、10人入れば肌が触れるほどの小さい露天でした。

しかし、脱衣所から女性の声がしたんです。
聞き取れませんでしたが、女性が2人いるようでした。
私達は音を立てないように身を潜めて待ちました。
カップルが来ても意味がないと知りながら、でも微妙な期待を込めて。

そこに入って来たのは2人の男でした。
かなり打ちのめされた私達でしたが、次の瞬間に全ての不幸は吹き飛びました。
彼らの後から恥ずかしそうにタオルを巻いて入ってきた女性2人!
それも、ものすごい美人だったんです。

しかも、湯船に入る直前に男に注意されて、タオルを取ったではありませんか。
幸い私の視力は1.5です。
大事な部分とオッパイの先こそ見えなかったものの、その大きなオッパイは腕で隠しきれるものではありませんでした。
私達二人の息子は爆発寸前です。
私は二人の美女が入った湯を共有していることに感動しました。
しかしそれ以上に白く濁ったその湯を恨みました。

しばらくすると、狭い湯船での会話はカップル4人から私達も含まれた6人の会話になっていきました。
かなり打ち解けた感じはありましたが、隣で肩の肌を触れ合わせて入っている4人と、対面で入っている私達とでは距離がありすぎます。
しかし彼女達は、女性免疫のない私達が尻込みする中、気を遣ってくれたのか積極的に話し掛けてくれます。

一人はめぐみさん(仮名)で、美人と可愛いを足した感じです。
山田マリアを美人にしたような感じでしょうか。
背は低いんですがナイスバディで、予想ですがオッパイはEカップくらいです。
そしてびっくりするくらいのクビレの持ち主です。

もう一人はみゆきさん(仮名)で、美人ですが冷たさは感じません。
例えにくいんですが、中根かすみを大人にした感じのような。
背は普通ですが、こちらもナイスバディで、たぶんDカップです。

どちらも23~25歳くらいだと思います。
今の仕事は受付兼事務と言ってました。
美人なので当然でしょう。
男2人の情報によると、二人ともミスコンで優勝経験があるそうです。
どうやら無理矢理出場させられたコンテストで優勝してしまったとか。

男の一人はめぐみさんのアニキでした。
もう一人は会社の上司らしくって、『先輩』と呼ばれてました。
その先輩が隣のめぐみさんに何かしたようでした。
何をしたかはわかりませんでしたが、めぐみさんは突然、「あっ」と小さな吐息を漏らしたかと思うと体が浮いたんです。

その時です。
湯面ギリギリまで上昇してきた赤い先が確かに目に飛び込んできました。
私も相方も左右両方を確かに目に焼き付けました。
さらにめぐみさんは悩ましげな目と半開きになった唇で俯きます。
体は微妙に揺れているんです。
湯船の下で何が行われているのか・・・?
彼女はその後すぐに上がってしまったんですが、出る時にツンと上がったお尻もゲットです。

彼女達と彼らがいなくなったその風呂で、私達はパンパンに膨れ上がった息子を雪の中に解放してあげました。
当然ものすごい勢いで飛び出していったことは言うまでもありません。

そして少し後、部屋番号を聞いていた私達は彼女達の部屋を訪ねました。
彼女達は二人ともかなり酔っていました。
少し乱れた浴衣が、何があったかわかるような気がして微妙でしたが、その乱れ方が私達を刺激してしまいます。
すごい盛りあがりを見せる胸は谷間がクッキリ。
割れた裾から太ももまでが覗いて白い美脚がスラリ。
もう目は釘付けです。

当然そんなことは先輩とアニキには見抜かれているでしょう。
どうやら、先輩とめぐみさんは付き合っている感じで、アニキとみゆきさんがいい感じになっているようでした。

そしてここからが私達の衝撃な1日となりました。
たぶん一生忘れないでしょう。
先輩が、「王様ゲームをやろう」と言い出したんです。

二人ともなかり嫌がりましたが、酔っていたのか強引に説き伏せられました。
強い口調に逆らえない感じでした。
もちろん私達は胸をときめかせ、うまくすればキスくらいできるかもしれないと思いました。

しかし先輩は私達の遥か上の天上人でした。
ハズレのない王様ゲームだったんです。
めぐみさんとみゆきさんは1か2のどちらかで、男3人は3~5のどれかなんです。
そして王様は先輩かアニキのどちらかが必ず命令するんです。

最初の命令は先輩でした。
その言葉に私は耳を疑いましたが、同時に冗談であってくれるなとも思いました。
先輩は、「オッパイを揉む」と言ったんです、確かに。
彼女達は抵抗を見せましたが強引に番号を引かせて、当たったのはめぐみさんでした。
そして男は私が当たりました。

過去に女性のオッパイを触ったことなど一度もない私です。
緊張のあまり震えましたが、先輩が押さえつけるめぐみさんの後ろから抱き付き、私の幸せな手はめぐみさんの大きな柔らかいオッパイを2度3度揉みました。
しかも彼女、ブラをしていなかったのです。
浴衣の上からも感触は抜群です。
すでに息子のやつは発射準備が整っていましたが辛うじて留まりました。

次はアニキの命令です。
これもとんでもない命令で、「オマンコを触って感じさせる」というものでした。
当たったのはまたまた私とめぐみさんでした。
そして下着の上から何度も触ってしまったのです。
触っているうちにめぐみさんの吐息が聞こえるようになりました。

それで次の命令になったのですが、私の息子はあまりの刺激に耐えきれずにその場で発射。
下着は大洪水。
しかしそこは男。
恥ずかしいよりも性欲が勝ちました。
そして先輩の好意(?)により、コンドーム着用(浴衣は着た状態)で再び参加したのです。

命令はどんどん続きました。
相方もすでにコンドームを着用しています。
触れてもいない息子に被ったゴムには先っぽだけ白い液体が溜まっています。

めぐみさんもみゆきさんも何度も抵抗していましたが、酔ってほぼ前後不覚な感じになっていまして、最終的には命令によって裸にされていました。
その体のすごさは二人とも、エロビデオでも見たこともないような体でした。
大きく形のいい柔らかいオッパイに、しっかりとしたクビレにツンと上がったお尻。
その体を本来独占するはずの先輩もアニキも色んな命令を繰り返しました。

命令は進むに連れて過激になっていき、二人の浴衣を脱がすことが出来たことで思考が止まった私の脳も再び活動を開始しました。
そして先輩とアニキは、自分達でめぐみさんやみゆきさんにするよりも、私達が何かをする時の方が興奮しているような印象でした。

私の興奮も命令のたびに最高到達点を超えていき、オッパイの直揉みはもちろん、先っぽ舐めやクリ攻撃、指入れ、二人同時指入れにバイブ挿入など、私にとってはどれも初めてのことでした。
すでに2~3回は発射していたと思います。
それでもまだ暴発しそうでした。

そして、その時はやってきました。
もう命令どころではなくなっていて、ただ皆で2人の美女を愛撫している状態でした。
めぐみさんもみゆきさんも意識がないのではないかと思うほどになっていましたが、体の感じ方はものすごい状態で、断続的な喘ぎ声と腰の動きと胸の揺れに、知らない人がここだけ見たら淫乱女と思われてもしょうがない感じになっていました。

私はあまりの刺激に耐えきれずに、「もう我慢出来ません」と言ったんです。
当然彼女達は先輩とアニキの二人のものです。
無理は承知です。
しかし返ってきた言葉は、「よし、行け!」でした。
私は動転してオタオタしましたが、先輩が誘導してくれて入り口まで来たんです。
私はただ、四つん這いで後ろ向きのめぐみさんに腰を押し進めるだけでした。

初めてだと入らないと聞いていたのとは違い、意外なほど簡単に入りました。
しかし、入ってからのものすごい締め付けに、早くも息子はKO寸前です。
先輩は、「めぐみにかかっちゃ、あっと言う間だろ」などど言う始末。
このままイッては一生後悔すると思って腰を2度3度振りましたが、それが限界でした。
彼女はその3回の腰振りの間もアンアン言っていましたが、私があまりにも早く終わってしまったので、「しょうがねえな童貞君は」と言いながら続けて先輩がめぐみさんに挿入し、相当な腰を使ってイカせていました。

その後、私は驚くほど早く回復して、再びみゆきさんとトライするものの1分ともちませんでした。
相方も結局ほとんど彼女達を満足させることは出来なかったようです。
しかし、私達がめぐみさんとみゆきさんに入れているわずかな時間に、二人の口は先輩とアニキの息子が塞いでいました。
男なら誰もが夢見る複数プレイを体験したのです。

私達が不甲斐なかった為に、残念ながら口で直接咥えてもらうことは出来ませんでしたが、ゴム越しに口に含んでもらえました。
まあ、舌に触れて口を前後してもらうとあっと言う間でしたが。
それでも、27年の沈黙を破った息子達は誇らしげにそびえていたのでした。
自分達の部屋に戻った後も思い出しては発射してしまい、このまま種がなくなってしまうのではないかと心配するほどでした。

次の日、酔いが冷めた状態で顔を合わせた彼女達は、火が出るような真っ赤な顔をして目を逸らし、先輩とアニキの陰に隠れました。
その仕草の可愛さと言ったら、再びその場で発射しそうなほどでした。

もちろん私達は先輩に頼み込んで一緒にスキーに行きました。
シラフの彼女達はものすごく恥ずかしがり屋で、酔って強引にさせたとは言え、乱れた昨日の様子は微塵も見られずに清楚そのものでした。
スキーでも、コケた彼女を抱き起こそうと後ろからオッパイを掴もうものなら、「キャーーーーー」と言われてしまいました。
それでも女の子と一緒にスキーなどしたことのなかった私達は大満足でした。

名残惜しんで別れたのですが、帰り際に連絡先を先輩に伝えました。
どうやらこの先輩とアニキはかなりのSであったようです。
これまでも彼女達に露出調教のようなことをしていたみたいです。
素の彼女達の反応はそんなことは毛ほども見せませんでしたが、どうやらそこが彼らのS心を増幅させているように思えました。

彼女達の連絡先などはまるで聞き出せなかったのですが、先輩が「いつか連絡するかも知れないから、その時は昨日の続きをやろう」と小声で言ってくれました。

無いとは思いますが、もし次があったらまた書こうと思います。
自慰行為のような文章を読んでくれた方、ありがとうございました。

先輩から、「10、11、12日は温泉に行くから空けておけ」と連絡がありました。

場所は再び那須方面ですが、前回とは別の温泉旅館です。
今回はめぐみさんのアニキではなく、会社の後輩が来ました。
めぐみさん、みゆきさん、先輩、後輩、そして私と相方です。
自分の彼女を他人に抱かせて興奮するなんて、先輩って本当のSなんだなと思いました。

この前のことがあったので、かなり期待していました。
それにしても、なぜ彼女たちはこんな状況で拒否出来ないのか不思議でした。
単にMなのか?やむにやまれぬ事情があるのか?
などと、めぐみさんとみゆきさんに同情する一方で性欲は暴発寸前でした。

今回はスキーではなく純粋に温泉旅行でした。
私にしても、この状況でスキーなんかはしたくもありませんが。

そして当日。
再びめぐみさんとみゆきさんに会った私の心は踊りました。
どちらもちょっと恥ずかしそうに笑いましたが、それだけで幸せな気分です。
相方なんかは思考がどこかに飛んでいるようでした。
あんな美人が初体験の相手だなんて、友人の誰に言っても信じないでしょう。

車で向かう途中も私と相方はフワフワ浮いている気分です。
服の上からでもハッキリとわかる大きな胸の膨らみと、ミニスカートから覗く白くスラリと伸びた脚から目が離せません。
話しかけられただけでドキドキしてしまうのです。
あんなことまでした相手だと言うのに。
まあ、彼女達や先輩のおかげで初体験はしたけど、27年継続で彼女などいない偽童貞喪失野郎だから当然ではありますが・・・。
もちろん早漏も治っていません。
エロビデオだと5分はもつのに、めぐみさんを想うと30秒です。

宿に着くまでに観光もしたのですが、先輩と腕を組んで歩くめぐみさんを見て嫉妬しました。
そして今回、突然参加ながらみゆきさんと歩く後輩。
こいつは一体何者なんだと小一時間。
私も相方も嫉妬心で意識が飛んでいる間に宿に到着です。

部屋に案内されるとかなり大きな部屋でした。
そうです、全員同部屋です。
期待は一層高まりました。
相方と目が合います。
どうやら同じ事を考えていたようでした。

夕飯の後に露天に行くことになりました。
露天はもちろん混浴です。
彼女達はこれから皆で裸で風呂に入るというのに隠れて浴衣に着替えます。
襖の向こうで着替えている服の擦れる微妙な音が緊張を高ぶらせます。
着替え終わった彼女達の色っぽいこと色っぽいこと。
抑えられない程になっていた私達は、彼女達を視姦しながら露天へ。

露天ではさらなる好運が私達を包みました。
湯が無色なのです。
意外なことに先客は居ませんでした。
掛け湯をしてすぐに湯に浸かりながら彼女達を待ちます。
今思うと自分達の興奮ぶりは端から見たらみっともないものだったでしょう。
恐らく彼女達も引いていたかもしれません。

しかし彼女達のカラダを見たらそんなことはどうでも良くなります。
彼女達がタオルを取った瞬間に相方とツインタワーを形成していました。
透明な湯なので彼女達もわかっていたでしょう。

手などでは隠しきれないオッパイが水面の屈折でさらにエロく見え、隠す手を強引に取り除こうとする先輩の攻めぎあいを応援です。
先輩と後輩はめぐみさんとみゆきさんに大胆に手を出します。
後輩は一体どんな関係なんだと疑問に思いながらも、その巨根は彼女達を満足させるんだろうなと思ってしまう程でした。

私達は、先週あんなことをしたのに、やっぱり強引には手が出せません。
先輩達が普通じゃないのか、私達の女への免疫の無さなのか。
しかし彼女達のカラダは良く見えました。
もうこの場で息子はあわびちゃんに潜りたいのです。
それでも先輩はさらに過酷なことを始めました。
彼女達にも過酷であったと思いますが、私達は死にそうでした。

彼女達を湯船から出し、抱きかかえながら風呂の縁に座らせると、抵抗する彼女達を強引に押さえつけて脚を広げたのです。
そしてその体勢でオッパイとクリちゃんの愛撫が始まります。
恥ずかしくて下を向いたり横を向いたりしながら弱い抵抗を続ける彼女達。
そして、「お願い、見ないで」と羞恥の極限で言うではありませんか。
私達は頭に星が飛びました。

彼女達の喘ぎ声と羞恥に萌える顔とあのカラダが目の前にあります。
そして我慢が出来なくなりました。
その日最初の発射は風呂の外に豪快に飛び出しました。
少し遅れて相方もやはり我慢が出来なくなりました。

その後さらに愛撫が続きましたが、私達は自分でするしかありませんでした。
目の前に極上の料理がありながら食べられない惨さを味わいました。
一種の放置プレイになるのでしょうか。
童貞の期間が長すぎる男の限界を感じました。
可愛い喘ぎ声が狭い露天に響きます。
そして彼女達が指でイクと先輩がぐったりしたカラダを抱き起こし、湯船で温まってから風呂を後にしました。

しかし先輩はただのSではありませんでした。
それで終わらなかったのです。

女湯の入り口で待っていた先輩は、出てきためぐみさんとみゆきさんに命令して浴衣とバスタオルを取り上げたのです。
ここから部屋までは、少しの廊下と階段を上がって最初の部屋です。
ハンドタオルだけでそこまで行くのは相当です。
当然彼女達は動けなくなって風呂に戻ろうとしました。
しかし戻ってもどうにもならず、先輩の一言で歩き出します。

「後になったら人が来るかもしれないぞ、今なら居ない」

ハンドタオルを腰に巻いて手で抑え、胸を片腕で隠しながら、羞恥で身をよじりながら早足で歩いていくエロさはたまりません。
もちろん階段では下から丸見えです。
一段一段がものすごく刺激的でした。

その時、「きゃ」という声と共にみゆきさんがよろけたのです。
タオルは下に落ち、隠す手はバランスをとるためにノーガード。
そしてその場で必死に屈んでタオルを拾うではありませんか。
階段7~10段下からのその光景はその日最高でした。

部屋に入った途端に彼女達は倒れ込むように浴衣に包まりました。
なんとか誰にも見られることなく部屋に辿り着いたのです。
私の息子はその一連を見て確変に入りました。
思い出してはティッシュに放出する有り様。
しかし、ついにこの日はめぐみさんにもみゆきさんにも指一本触れられませんでした。

次の日は別の旅館です。
今日こそは先週のような歓喜の体験ができるだろうと興奮していると、この旅館はなんと混浴ではありませんでした。
あの先輩がこんな旅館を選ぶなんてありえないと思いました。

しかし先輩は私達が考えるよりもずっとエロく、Sでした。
お風呂は男女別なのですが仕切りにドアが付いていて、女風呂からだけ男風呂に来れるようになっているのです。
女風呂は女性専用で、男風呂は実質上混浴というわけです。

そして当然、めぐみさんもみゆきさんも呼ばれたのです。
そのとき風呂には若い男2人しかいませんでしたが、その反応たるやすごいものでした。
歓喜と動揺で目がいっちゃっています。
私達も期待で息子が暴走しそうな勢いです。

そしてそのボディをやはり先輩達によって晒されることとなるのです。
ほぼ男湯のその場所での露出は彼女達の羞恥心を煽りました。
見知らぬ若い男どもも見ている中での露出です。
見ている私が恥ずかしくなってしまうことをされてしまうのです。

私のお気に入りのめぐみさんは先輩に愛撫されて、知らない男がいるのに吐息のような喘ぎを漏らしてしまいます。
その喘ぎ声はAVの宝来みゆきに似ている感じでそそります。
恥ずかしさ爆発のめぐみさんですが、その中にMを見ました。

一通り愛撫すると先輩が武器を手にしました。
バイブです。
風呂にバイブを持って来るなんて何考えてるんだと思いましたが、それを使ったシーンを思い浮かべて頭がクラクラしました。
私達が入る前からいた2人の男はもはや出ようとはしません。
それどころか後から入ってきたオヤジは驚きながらも湯船に浸かり、徐々にその距離を縮めてくるという熟練ぶり。

そしてついにオマンコにバイブが挿入され振動が始まります。
吐息という感じの喘ぎが本格的になると、先輩と後輩以外の見ている男達は普通に自分でしごいていました。
オヤジは見ているだけでしたが最接近です。
めぐみさんは一際高い声を発した後、先輩にしなだれかかり、オッパイを揉まれながら湯船に身を沈めました。

もちろんこの後も部屋までハンドタオルの露出です。
残念ながらこの時も誰にも発見されずに部屋に辿り着きました。
部屋ではテレビなどを見ていましたが、そこはあの先輩です。
やはりここでも脱がされて愛撫されてしまいます。
ところが私達はそれを見ているだけです。
美女が舐められて羞恥に萌えている姿は本当に興奮ものです。

トドメはPHSでした。
二人が尻を合わせるように四つん這いになり、二人のオマンコに一つのPHSを半分ずつ入れて振動させます。
その光景のエロさは筆舌に尽くしがたいです。
我慢出来なくなった私はめぐみさんに襲いかかりました。
しかし先輩に阻止されてしまいました。

結局、この時なんとか触ったオッパイの感触だけが、この旅行でのめぐみさんのカラダに直接触れられた最初で最後でした。
夜中にめぐみさんとみゆきさんの喘ぎが聞こえて眠れなくなりました。
彼らが彼女達といたしていたのでしょう。
暗くてそれもわかりませんでしたが、愛撫だけの可能性もありました。
私達はおあずけを食らったまま食わせてもらえない犬のようになり、悶々としたまま家路に就きました。

終わりです。

なんか内容が激しくなくてご期待に添えることができませんでした。
しかし私的にはむごくもありながら萌え萌えな旅行でした。 

【他サイトの若妻やエッチなOL、淫乱ナースの卑猥な体験談】
・完全オリジナルの体験談です(姉妹ブログ含)
・子育ても落ち着いた妻が、前に働いていた会社でパートを始めた結果2
・まだ19歳のロリ妻が、私のED治療で他人棒を経験した2
・不妊治療をあきらめた嫁は、私の兄に受精を託しました3
・今年の夏も、いとこと巨乳で無防備な叔母が遊びに来ました3
・嫁の身体だけじゃなく心まで友人に寝取ってもらいたい俺7
 
旦那から貸し出された従順な奥様を他人棒が征服し背徳と忘我の境地へ

人気記事ランキング