前回の話

私は、久美子の膣の感触がいつもとまるで違うことに戸惑いました。でも、すぐにそれが悠斗君のペニスのせいだと気がつき、強い嫉妬を感じました。そして私は、すぐに腰を振りました。
『あなた、すごく固くなってる。気持ち良い……あなた、気持ち良いっ』
久美子は、私にしがみついてきます。どんな理由があるとはいえ、他の男とセックスをしてしまった事に罪悪感を感じているような感じです。
私は、いつも以上に激しく腰を振りました。雄の本能的なものかも知れません。寝取られないようにとか、自分の所有物だと確認をする為だとか、そんな本能だと思います。

必死で腰を振っていると、いつもはしないようなグチョグチョという音が響きます。そして、寝室の中に精液特有の栗の花のような匂いが充満していきました。私は、あれだけ悠斗君に久美子を孕ませてもらいたいと思っていたくせに、今は彼の精液を掻き出そうと必死です。
『あっ、あっ、あなた、激しいぃっ!』
久美子は気持ちよさそうにあえいでくれます。でも、私はさっき盗み聞きをしているときに聞こえて来た、”奥に当ってる”という、久美子の声が気になってしまいました。私とのセックスでは、一度も言ったことのない言葉です。そして私自身、久美子に挿入した時、奥に届いたと思ったことは一度もありません。

それがなにを意味しているかは理解しています。そして、理解しているからこそ、私は余計に夢中で腰を振っているのだと思います。

そして私は、あっけないほど簡単に久美子の中に射精してしまいました。
『あなた、ごめんなさい……』
久美子は、そう言うと泣き出しました。私は、今さら久美子にとんでもないことをさせてしまったんだなと反省をしました。

しばらく私に抱きついたまま泣いていた久美子でしたが、
『赤ちゃん、出来たかな?』
と、真剣な顔で聞いてきました。私は、きっと出来たよと答えて、彼女を抱きしめることしかできませんでした。


でも、結局久美子は生理が来てしまいました。私は、残念だと思う気持ちと、ホッとする気持ちの両方を感じました。そして、またやるべきかどうか迷いました。でも、一度経験した久美子は覚悟が出来たようで、
『次は、排卵日前後に3日続けてしてみましょうか?』
と、提案してきました……。私は、今さら後に引けないと感じ、悠斗君にお願いをしました。

「わかりました。でも、良いんですか? 僕はその……嬉しいですけど……。叔父さんはイヤじゃないですか?」
悠斗君は恥ずかしそうにモジモジと言います。
「大丈夫、気にしないで頑張ってくれるかな? 早く妊娠すれば、それで終わりに出来るから」
私がそんな風に言うと、
「頑張ります!」
と、元気よく言ってくれました。彼にしてみれば、前から憧れていた久美子とセックス出来るのは嬉しいことなのだと思います。でも、同時に私の気持ちも気にしてくれるのが、彼らしいと感じました。

そして、あっという間にその日は来ました。さすがに2回目なので、彼も久美子もさほど緊張はしていない感じです。そして今回は、なるべく沢山した方が確率が上がるのではないかという久美子の意見で、朝から悠斗君に来てもらいました。たまたま土日が排卵のタイミングだったので、タイミングが良かったと思います。

『悠斗君、今日はよろしくね。出来る限りたくさんしてくれると嬉しいわ』
久美子は、少しはにかんだ顔で言いました。私は、その言葉にドキドキしてしまいました。何回することになるのだろう? そして私は、家にいて良いのだろうか? いっそ、出かけた方が良いのではないか? そんな事を考えてしまいます。
実際昨日の夜、久美子に私が出かけることを提案しましたが、それには反対されました。私がいないところでしてしまうと、それは浮気みたいでイヤなのだそうです。
そしてなによりも、直後に私にも膣内射精をされないと、私の子供だと思えなくなりそうだとも言われました。確かに、私の精液にも精子は少ないながらも含まれています。自然受精は不可能に近いと思いますが、可能性はゼロではありません。悠斗君が久美子に注ぐのと同じタイミングで私も注ぎ込めば、私の種で妊娠したのだと思うことも出来ます。

「わかりました! なるべくたくさん頑張ります!」
悠斗君は、興奮したような顔で言いました。

『じゃあ、さっそくしましょうか? 一回終わったら朝ご飯にしましょ。あなた、少し待ってて下さいね』
久美子はそんな事を言いました。そんな風に軽い感じで言われて、私は違和感を感じながらも、わかったと言ってソファに腰掛けました。

『シャワー浴びてきたんでしょ。おいで』
そう言って、すぐに寝室に消える二人。私は、前回のたった一回で二人がこんなにも慣れてしまったことに焦りのような感情を持ちました。でも、もともと仲の良い二人の事なので仕方ないのかも知れません。

私は、ソファに座ったまま集中して耳を澄ましました。すると、かすかに久美子の声が聞こえてきます。私はそっと立ち上がり、前回と同じように寝室のドアの所まで忍び足で移動しました。

「はい、気持ち良いです。すごく気持ち良いです」
悠斗君が気持ちよさそうに言う声が聞こえます。何をしているのかすごく気になってしまいます。久美子の嬌声は聞こえてこないので、多分、久美子が何か悠斗君にしているのだと思います。

『すごいのね。こんなに固くなるなんて……。こんなおばちゃんの身体じゃなかったら、もっと固くなるのかしら?』
久美子は、まったく緊張のない声で言います。それどころか、楽しんでいるように聞こえてしまいました。
「そんな事ないです。久美子さんだからこうなってるんだと思います」
『あら、嬉しいわ。じゃあ、始めましょうか? 最初はゆっくりお願いね。こんなので最初から激しくされたら、壊れちゃうわ』
久美子はそんな事を言います。私は、”こんなの”が、どれほどのものなのか気になってしかたありません。

「そ、その……。僕も舐めさせてもらえますか?」
悠斗君がそんな提案をします。私は、ドキッとしてしまいました。子作りの為に、サッと入れてサッと中に出す……。私は、そんな事を望んでいました。普通にセックスをするなんて、勘弁して欲しいと思っていました。でも、
『え? 別に良いわよ。でも、そんな事しなくても、もう充分準備出来てるわよ?』
と、久美子はOKを出してしまいます。
「準備? どういうことですか?」
『そ、それは……。もう、十分に濡れているって事よ。悠斗君のお口でしてたら、私も興奮しちゃったみたい……』
恥ずかしそうに言う久美子。それにしても、声が丸聞こえすぎるなと思いました。ベッドがドア側にあるのと、ドアが薄っぺらくて立て付けが悪く、隙間まであるからだと思います。

「でも、僕もしてみたいです!」
『良いわよ。好きにして良いわ』
「はい!」
私は、妙な焦燥感を感じながらも、ドアに耳を押しつけていました。

『んっ、ン、ふぅ……。上手よ、ん、んっ、あっ、反対も触ってみて』
「は、はいっ!」
『ンフゥ、うぅ、あっ、あっ、上手よ、もっと強くても大丈夫よ』
「わかりました。すごく固くなってます。久美子さん、気持ち良いですか?」
『気持ち良いわ。乳首敏感なの。ねぇ、もう入れて……』
久美子は、うわずった声でそんな事を言います。
「わかりました! じゃあ、行きますね」
『優しくね……』

私は、ゴクッと生唾を飲み込みました。

『うぅ、あぁっ、あぁっ、すごい……』
久美子は、余裕のない声で言います。
「あぁ、久美子さん、気持ち良いです」
『私もよ。本当にすごいのね。完全に奥まで届いちゃってるわ』
「痛くないですか?」
『平気よ。痛いどころか、すごく気持ち良いわ。でも、もうイキそうなんでしょ? 良いわよ、そのままイッて。朝ご飯にしましょう』
久美子は、そんな会話をします。セックスをしているときの会話とは思えないような会話です。

「はい。動きます」
『あっっ、うぅっ、も、もっと浅く動いてぇ、だめ、こんな、うぅあっ』
「い、痛いですか?」
『違うの、気持ち良すぎちゃうの、ダメぇ』
久美子は、前回の時とはまったく違うリアクションをします。前回の時のような緊張がないせいなのかな? と思いました。

「も、もっと感じて下さい!」
『あぁっ! あっ! あっ! ダメぇっ! うぅあっ! あっ! あ〜っ!』
久美子は、聞いたことのないようなあえぎ方を始めました。床が揺れる感じと、ベッドがギシギシときしむ音。そして、気持ち良いというよりは、恐怖を感じているような久美子のあえぎ声。

「久美子さん、もう出そう」
悠斗君が余裕のない声で言います。
『イッてっ! 出してっ! もうダメぇ』
久美子は気持ちよさそうな声をあげ続けます。
「イクッ! うぅっ!」
『ヒィあぁぁっ!!』
久美子は大きな声をあげました。

時間にすれば、ごく短いセックスでした。入れてからは早漏と言ってもいいくらいの時間だったと思います。でも、私にはショックが大きいセックスでした。

『……ふぅ……。たくさん出たみたいね。気持ち良かったかしら?』
久美子はそんな風に聞きます。
「はい! 気持ち良すぎてヤバかったです。久美子さん、その……。キスしても良いですか?」
『だから、そんなの聞かないの。好きにして良いんだから』
「はい」
そして声が消えました……。

しばらくして、
『フゥ、情熱的ね。こんなの初めてだわ』
「あ、ありがとうございます」
『じゃあ、朝ご飯にしましょうか。また出来るようになったら、いつでも声かけてね』
「はい! でも、僕もう出来ます」
『あら? ホントね。さすがに若いわね。でも、先に食べましょ? 浩介さんも、きっとお腹ペコペコよ』
「わかりました」
そんな会話を始めた二人。私は、慌ててリビングに戻っていきました。

すると、少ししてから二人が入ってきました。久美子は、すっかり普通の顔で、
『お待たせしました。すぐ朝ご飯用意しますね』
と言って、キッチンに移動します。でも、微妙に乱れた髪、そして、ほんのりと桜色になった頬……。情事の後というのが丸わかりです。

そして、悠斗君は照れ臭そうな顔で私に会釈しました。
「お疲れ様。今日は、出来る限りよろしくね」
私は、精一杯の強がりを言いました。
「はい。頑張ります。今日は沢山しますね」
と、悠斗君は顔を赤くしながら言います。でも、そんな事を言いながらも、彼の股間ははっきりとわかるほど勃起していました。

「私に構わず、もよおしたらどこでもしてくれて良いから」
私はさらにそんな事まで言ってしまいました。まるで、トイレに行くような言い方をしてしまいましたが、それだけ私も動揺していたのだと思います。
「わかりました!」
悠斗君はニコッと笑ってそう言いました。そして、3人での少し遅い朝食が始まります。初めは少しぎこちない感じの悠斗君でしたが、すぐにいつも通りの彼になりました。

『学校で、気になる子は出来た?』
久美子がまるで母親のような顔で聞きます。
「いえ、まだいないです」
悠斗君は恥ずかしそうに答えます。ついさっき、二人がセックスをしていたのがウソのようです。

【続きは出典元で】

・完全オリジナルの体験談です(姉妹ブログ含)
・寝取られ系作品(動画・同人)ランキング!
 
 下品な団体客に妻がおしゃくをさせられました


妻の幸せより女の喜び
 
鬼カワイイOL ちかちゃん (仮名)22才 告白じゃ落ちない女王様

人気記事ランキング