忙しくて彼女のさくらと2人っきりになる時間があまり持てずセックスの回数が減ってしまった。
まともに会ってやる暇もない。
彼女のさくらは学校を卒業してアルバイトの身なので結構暇な時間も多く、同じくアルバイトの浩史とたまに会っているようだった
まあ浩史のことだから、きっと手を出しているに違いないと思っていたし、別にそれを嫌とも思わなかった。
しかし実際に、「昨日さくらとヤッた」とか「いい声していた」とか言われると、やっぱり腹が立つ。
一応、僕の彼女だから・・・。

この前の日曜日、僕は仕事があったのだが、昼間から休みを取り、さくらとデートをした。
そして十分に遊んだ後、エッチしようということになった。
ベッドイン直後、偶然さくらの携帯に浩史から電話があり、「今、エッチ中だから」と言うと、「マジかよ。オレも後で行くから」と。

家でさくらとエッチを楽しみ、風呂場でいちゃついているところにベルが鳴り、浩史が登場。
結局、3Pの乱交になってしまった。
久しぶりの3人の組み合わせ。
僕は1回イッたばかりなので、まずは浩史とさくらのエッチの鑑賞。

「思いっきり本気でやってよ」

僕がリクエストすると浩史はやる気マンマン。

「よし。オレも今は彼女なしだから、超エッチな感じでするよ。さくら、いいか?」

さくらは『いいの?』って感じで僕の方を見るが、「いいよ。お前らの関係は俺も認めているから思いっきり見せてよ」と言ってやった。

浩史はパンツ一枚になるとバスダオル姿のさくらを抱き寄せ、ブチューっと吸い付くようにキスをした。
量の多いさくらの黒髪をバサッと掻き上げ、首筋にいくつもキスマークを付けていく。
さくらのあごを持ち上げ、真上から大玉の唾をこぼし、さくらの口元へと注ぐ。
浩史に言われ、今度はさくらが自分の唾を浩史に送る。
めちゃめちゃいやらしいキスだった。

急に浩史がさくらの脇に手を入れ、持ち上げるように抱き起こすと、さくらのバスダオルが肌蹴、裸が露出した。
さくらの胸を揉み、乳首を吸って勃起させると、舌先でプルプルと左右に愛撫を繰り返す。

「はぁ・・・アッ」

何とも色っぽい声で喘ぎ始めるさくら。
すでにさくらの目は虚ろだった。

「舐めてくれ」と言われ、さくらは跪き、浩史のパンツに両手をかけ下に下ろした。

半分勃起した包茎気味の浩史のペニスがポンと飛び出し、さくらは手で皮を剥いてから優しく舌を這わせていく。
先っぽからはカウパー液が溢れ出し、さくらの舌先で糸を引いている。
ディープなストロークで喉奥まで何度も飲み込むようにしてフェラチオし、十分に硬く勃起した後、今度は玉舐め。
部屋の気温が高いからか、浩史の玉袋は完全にダラーンと伸びている。
その玉を下からすくい上げるようにして舐め、口の中で転がすと同時にチンコをしごく手も休めない。

「最高・・・うっ・・・ケツもしてくれ」

徐々に浩史の股の後ろへと顔を滑らせ、さくらは舌先で色々と舐め回す。
浩史が倒れ込むように四つん這いになり、完全にケツの穴を露出させると、さくらは美味そうにその肉のないゴツゴツした尻を開いて顔を埋め、肛門に舌を這わせていった。
裏筋から肛門に生えた浩史の縮れ毛は、さくらの唾液でべっとりと張り付き、わざと穴を開き気味にして、粘膜でさくらの舌の感触を楽しんでいるようだった。

次は、さくらが変形マングリ返しのような体勢でオマンコを舐められ、思いっきり喘ぐ番だった。
すでにさくらは全身を浩史にキスしまくられ、至る所にキスマークが付いている。
うつ伏せにされ、柔らかい背中から尻にかけて何度もキスマークをつけ、舐めていく浩史。
尻肉が柔らかいからか、尻タブには無数の吸い跡が付いてしまう。
また汗っかきの彼女の尻には無数のあせもが発生しており、痛々しくもあった。

毛まみれの尻の割れ目を割り開き、毛に埋もれた肛門を剥き出しにしてドリル舐め、そしてオマンコを貪るように味わい、もう一度69になってお互いのアソコを嫌と言うほど舐めあった後に挿入。
正常位で浩史に髪を掻き上げられ、ねっとりとキスをしたまま、まず一度イカされた。
さくらは完全に絶頂したらしく、腰はエビのように仰け反って喉を引き攣らせ、まさしく芸術的なポーズでイク。
これがさくらの男泣かせな部分でもある。

今度はアナルセックス。
普通、アナルの場合は正常位でアナルを上にし、チンコを突き立てるようにして入れるものだが、さくらの場合はバックで入れることもできる。
一度イカされたさくらは素直なもので、両足を広げて四つん這いになり、腰だけを持ち上げて両腕はべったりと地に張り付くようにし、服従のポーズをとる。
そして浩史にオマンコから肛門を何度も舐めてもらい、「あふうあふう」と喘がせてもらった後、浩史のチンコをオマンコに宛てがい、何度か挿入しながら十分に愛液をペニスに擦りつけ、それを抜いて毛まみれの肛門に宛てがい、亀頭部分をヌププと埋め込ませてからゆっくりとズボっと最後まで肛門の中に押し込んでスライドさせる。
浩史は、ゆっくりと根元から先っぽまでを同じリズムで抜き差しを繰り返していく。
なんでも最近のさくらは、これがたまらなく感じるらしい。

事実、さくらは「もう・・・もうだめえぇ、イクぅ~何とかして~」と悶絶しまくり。

しかし、ゆっくり出し入れさせているので、浩史はなかなかイカない。
低速とは言え、連続で何度もゆっくりと出入りするチンコは熱く、たまらなく感じるらしい。
さくらは何度も体をヒクつかせ、昇天。
浩史にクリトリスを同時に愛撫されながらの挿入で、何度イッたかわからない。
アナルが乾かないように何度もローションを垂らしながらの肛門セックスだった。
15分もした頃にはさくらは全身汗びっしょり。
胸や腹からは信じられないほどの汗が噴出し、滴り落ち、シーツを濡らしていく。
あごの先からも大粒の汗がポタポタ落ちている。

さくら曰く、「ずっとうんちを出しっぱなしのような感覚の、まるでいじめのようなセックス」だそうだ。

最後に浩史が「イクぞー」と言って肛門の中に思いっきり出した後、さくらの腕を取って抱き起こし、「咥えて絞って」と言われると、躊躇する様子もなくさくらはチンコを咥えた。
チュウーポンっと吸い立て、「うっ」と小さく呻いた後、ティッシュの上に吐き出してしまった。
チンコには茶色く臭い物が結構付着していたらしく、さすがに飲み込めないと察知したのだろう。
当然と言えば当然だ。

その後、さくらを駅まで送った。
時刻は夕方で、たくさんのカップルが行き来している。
さくらも、いつもの明るくて可愛らしい女の子に戻っている。

「じゃあね。また会ってね」とにっこり微笑み、去っていく彼女の後ろ姿は爽やかそのもの。

しかし・・・、ピチッと形よく張ったビンテージジーンズの尻の奥には、まだ浩史の体液が残っているのかと思うと、『僕だけのさくらではない』という、何かやりきれない思いが残るのも事実です。

・完全オリジナルの体験談です(姉妹ブログ含)
・2016年下期 寝取られ系作品ランキング!

・フェラが下手な嫁に、風俗で働いてみたら? と言った結果4
・EDになった私を、NTRで治療する会社の後輩2
・田舎に嫁いできてくれた嫁が、久しぶりに同窓会に行った
・俺の目を盗んで、隙あればハメてしまう嫁と友人2
・妹とのエッチをいとこ姉弟に聞かれたら、スワッピングになった完
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声
 
 ビッチ!?が田舎にやってきた


隣の人妻、時間を止めて強制NTR!
 
新人 愛子 料理教室講師

人気記事ランキング