母が40歳、僕が16歳の頃、父は単身赴任で東北地方に転勤になりました。

夏のある日、夕方学校から帰ってくると、仕事を終えた母が台所で料理をしていました。
いつも僕はふざけて母の腰を掴み、わざと股間を擦りつけたりしてからかっていました。
大抵は「こら!やめなさい!」と笑って言われておしまいなのです。
その日もふざけて「ただいま!」と言いつつ、母の腰を掴んで立ちバック風にじゃれてました。
でも、なんかいつもと違います。
いつもならすぐに離れるのに、母は「おかえり」と言ったきり、僕にされるがままに黙っています。
不思議だなと思いながらも母のお尻に擦りつけていたチンポがとても気持ちよく、そのままお尻のスジに沿って擦り付けていました。

(???)

何のリアクションもありません。
当時、事務員をしていた母は、薄手の半袖のブラウスにタイトスカートの格好でした。
背はあまり高くはありませんが、体つきは割りとグラマラスでムチムチしていました。
でも、決して太ってる感じではありません。
今まではそんな母に“女”なんて感じたこともなかったのですが、柔らかいお尻に擦り付けているうちに僕のテンションが上がってきてしまい、ブラウスに透けているブラ線に興奮し、調子に乗った僕は母の胸を後ろから鷲掴みにしました。
ちょうど手のひらサイズだった母の胸を夢中で揉み、やがて母の背中に覆いかぶさるような体勢になっていきました。

「お母さん・・・すげえ気持ちいいんだけど・・・」

母の反応が知りたくて後ろから母の顔を覗き込むと、母は瞳を軽く閉じ、唇を半開きにし、薄く呼吸をしていました。
その顔がなんとも色っぽくてさらに興奮し、夢中で擦り付けます。

「は・・・はッ・・・はっ・・・」

次第に母の体が前傾になり、手にしていた野菜をシンクに置き、シンクの縁を握っていました。
軽く突き出されたお尻・・・。
僕がタイトスカートを捲りあげると、薄紫色のパンティが目に飛び込んできました。
僕は一旦擦り付けるのをやめて、跪いてパンティの上から母のお尻を撫で回しました。

「お母さんのお尻、可愛いよ・・・」

意を決して母のパンティをずらし、足首まで下げました。
そこには母のオマンコが・・・。
初めて見る女の性器でした。
実の母のであることを忘れ、指で触ってみました。
すでにヌチャヌチャになっていました。
ゆっくり全体を指で撫で回すと母の腰が動きます。
入り口付近を重点的に撫で回すと、僕の指にオマンコを押し付けてきます。
そのまま母の中に指を入れると、母は「はぁ~・・・」と大きなため息をし、軽く仰け反りました。

そんな母の姿にまた興奮し、ブラウスの裾から手を入れてブラを上にずらし、左手で母のおっぱいを揉みました。
生のおっぱいはこの上なく柔らかく、もうどうなってもいい気持ちになりました。
力の抜けた母をそのまま台所の床に横にし、僕は母に抱きつき夢中でキスをしました。
母も僕を抱き締めてきて、熱いキスをしました。
母のブラウスのボタンを外し、ブラを外し、露わになった母のおっぱいに吸い付きました。
僕の頭を母は優しく撫で回し、好きなようにさせてくれました。
時おり小声で、「もっと優しく舐めてぇ~」と言われました。
僕はもう母のオマンコに入れたくて仕方なくなりました。

僕「お母さん、入れていい?」

母「したことあるの?」

僕「ううん、まだ・・・」

母「お母さんが初めてになっちゃうけど・・・」

僕「全然いいよ、そんなん」

母「・・・わかった、その代わり、出そうになったら言いなさい・・」

そう言われ、僕はズボンとパンツを脱ぎ、ギンギンになったちんぽを母のオマンコに宛てがいました。
母は手を伸ばし、僕のちんぽを導いて、母の中に入りました。

母「あぁ~・・・」

深いため息が母から漏れます。
初めての感覚に興奮は絶頂。
AVで見たように腰を動かすと母も合わせて動かします。
そんなことされればすぐに気持ちよくなってしまい、「あっ・・・だめ!出ちゃう!」と言ったか言わないかで射精してしまいました。
しかし母はまだ腰を動かし続け、そのまま立ったまんまの僕のちんぽを自分の中で動かしています。
今度はまあまあ長持ちしましたが、あえなく2回目も発射。
さすがに少し元気がなくなると母も動くのをやめ、呼吸を荒くしたまんま仰向けに寝そべってました。

「お母さん・・・」

僕が母の上に覆いかぶさると、優しく頭を撫で、キスをしてくれました。
僕から離れ、オマンコから僕の精液が出てきたのを処理しながら母は、「中で出しちゃだめよ・・・嫌がられるよ、女の子に^^」と言い、「お父さんには・・・内緒よ?」と含み笑いで言われました。

こうして父が帰って来るまでの2年間、僕たちはセックスをしていました。
後で聞くと、40歳の母はエッチがしたくてたまらなかったそうです。
でも浮気はちょっと・・・と思っていたところ、僕がちょっかいを出したからそのまま・・・と言ってました。

父が帰ってきたら、僕とは一切なくなりました。
今では母とのいい思い出です。


【他サイトの若妻やエッチなOL、淫乱ナースの卑猥な体験談】
・完全オリジナルの体験談です(姉妹ブログ含)
・今年の夏も、いとこと巨乳で無防備な叔母が遊びに来ました完
・巨乳だけど真面目で清楚な嫁が、セックスの後オナニーしていた理由4
・子育ても落ち着いた妻が、クスリを飲まされてキメセク地獄に堕ちていた完
・寝取られ性癖の夫のため、ナンパされてハメ撮りを繰り返す主婦 完
・まだ19歳のロリ妻が、私のED治療で他人棒を経験した3
 
亜矢子39歳、レンタル奥様 旦那から貸し出された気品あふれる奥様へ紡がれる他人棒の若種

人気記事ランキング