俺と彼女が出会ったのは俺の高校の文化祭だった。
俺は男子校、彼女は女子校に通っていて、彼女は学校の友達数人と俺の高校の文化祭に来ていた。
そこで俺が彼女をナンパした。
当時俺は高校3年、彼女は高校1年だった。
彼女は石原さとみ似(自称上戸彩似)。
身長は155cm、体型は背が低い分ぽっちゃりに見えるがそんなことはない、いわゆる抱き心地の好い感じ。
髪は黒髪で、出会った当初は肩に届かないくらいの長さだった。
彼女の名前をあずさ(仮名)とする。

出会った当初は俺には別に彼女がいて、あずさとは一日数回メールをするくらいの付き合いだった。
しばらくして、あずさは俺の部活の後輩と付き合った。
一方で俺は受験勉強もあり、付き合っていた彼女とは次第に疎遠になり、別れる事となった。
一日数回のメールの中で、あずさの彼氏(部活の後輩)に対する悩みや、あずさの部活の悩みを聞いてあげることもあった。
結局、あずさは彼氏と別れ、俺が受験をする間際にあずさから告白された。
あずさには俺の受験が終わってから付き合うという話をした。
俺は第一志望の大阪の大学に合格し、春からは一人暮らし。
たとえあずさと付き合ってもあずさのいる東京からは遠く離れ、遠距離となる。
すぐ別れるし、まぁ遊び程度、と思ってあずさと付き合い始めた。

大学入学前、高校最後の春休み、俺たちは週3回くらいの頻度で遊んだ。
俺の後輩が初めての彼氏で、キス止まりだったらしい。
俺たちはいつもカラオケで二人きりになり、あずさを俺の膝の上に乗せ、いわゆる抱っこという感じでキスをしていた。
あずさはディープキスはしたことがないようで、少しずつ慣れさせていった。

3月も末になり、やっと抱っこの体勢からあずさの胸に触ることができた。
あずさはたぶん最初Aカップだったと思う。
服の下から手を入れ、ブラの上から胸を触った。
灰色のブラのホックを外して、胸を触った。
肌はさらさらして、乳輪が小さく、乳首は本当に可愛らしかった。
触っている最中、あずさは顔を伏せ、俺から顔が見えないようにした。
下半身にも手を伸ばしたが、「そこはダメ」と手を手で押さえられ、その時は断念し、その日はキスをしながらあずさの胸を触り続けた。

4月になり、俺は大学に入学した。
遠距離生活が始まった。
毎晩電話をした。
4月第二週の土日を利用して俺は帰京した。
もちろん、あずさに会った。
当然のようにカラオケに入り、いつものいちゃつきが始まった。
キスをし、胸を触った。
スカートの中に手を入れると、あずさは無抵抗だった。
あずさのパンツは白だった。
しばらくパンツの上から触り、パンツの上から中に手を入れた。
あずさのマンコは本当に毛が薄かった。
パンツの上からも、直接も、クリトリスを刺激し続けたがマンコは全く濡れなかった。
あずさは終始俯いて、恥ずかしさを紛らわせていた。
結局、その期間はそれで終わった。
俺は大阪に帰った。

次に会ったのはGWだった。
カラオケに入り、前回と同様の行為をした。

俺「あずさの裸見たいなぁ」

あずさは黙って小さく頷いた。
手を繋ぎ、ホテルに歩いた。
あずさはぴったりと俺にくっついて歩いた。
部屋に入ると、二人でベッドに横になった。
キスをして胸を触り、あそこを触った。
あずさを脱がせようとしたら、「自分で脱ぐ。どこまで脱げばいい?」と聞く。

俺「下着になって」

あずさは布団に入り、俺から見えないように脱ぎ始めた。
脱ぎ終わると動きを止め、鼻から上を布団から出し、俺を見た。
俺はベッドに入った。

あずさは上下茶色の下着を着けていた。
下着の上から体を触り、下着を脱がせた。
裸になったあずさの体を丁寧に舐めた。
乳首は硬くなり、コロコロとした。
マンコにも顔を埋めた。
あずさは驚いた声を出した。
あずさのマンコはほんとに毛が薄く、割れ目が見えた。
全く匂いのないあそこだった。
依然濡れていなかった。
俺はマンコに小指を静かに入れた。

あずさ「痛いよぉ」

ちょこちょこと弄ったが、全く濡れなかった。
俺は諦め、逆に気持ち良くしてもらうことにした。
あずさに脱がせてもらい、あずさと裸で抱き合った。

あずさ「どうすればいいの?」

俺「とりあえず下の方に向かって舐めて」

あずさは俺にキスをして、ゆっくりと乳首、腹を舐め、俺のモノに差し掛かった。

あずさ「これはどうするの?」

俺「咥えたり舐めたりして唾でべちょべちょにして」

あずさは言われた通りにした。
舐めるのには抵抗があるらしく、俺のモノは大きくなったものの、あずさの唾で濡れてはいなかった。
あずさも恥ずかしさがMAXになったのか、上にあがってきてキスをしてきた。
俺は意を決してゴムを手にした。
ゴムをつけ、裸のあずさを寝かせ、あずさの股を手で開き、間に座った。
あずさは左腕で小さな胸を隠し、涙目で俺を見つめていた。
俺は全く濡れていないあずさのマンコに唾を垂らし、マンコに自分のモノを宛てがった。
穴に押し込むものの全く入らない。

あずさ「痛い、痛い」

俺はあずさにキスをした。
少しリラックスしたのかマンコが少し緩くなり、チンコの先があずさに入った。
ずっとあずさは目を瞑ってた。

あずさ「入った?」

俺「まだ先っぽだけ」

あずさ「うそー、痛いよぉ」

俺「全部入れちゃっていい?」

あずさ「うん」

俺はあずさに少し強引に入れた。

あずさ「いたっ、痛い」

俺は腰を振り始めた。
あずさは目を閉じたまま痛みに耐えていた。
あずさのマンコは痛いくらいキツかった。
俺は腰を振り続け、ゴムはしているものの、あずさの中で果てた。

あずさからチンコを抜くと、あずさは横を向いて泣いていた。
俺はあずさに謝ると、しばらくあずさは泣いた後、無邪気に笑って俺の上に乗り、「チョー痛かったぞッ!もうエッチしないもん!」と言って俺にキスをしてきた。
あずさの処女を貰った。

次に会った時、いつものように手マンをすると、マンコはびちょびちょに濡れるようになった。
あずさはパンツが濡れてしまうのを本当に恥ずかしがった。
初エッチが本当に痛かったのか、セックスに対する抵抗がすごかった。
けれど俺は性欲に勝てず、会うたびにセックスをした。
あずさはフェラが嫌いで、嫌々する感じだった。

そんなあずさはだんだんとセックスにも慣れ、少しずつ声も出し始めた。
色んな体位をする中で、あずさはバックの時に小さいながらも大きな喘ぎ方をした。
あずさのツルツルで柔らかい尻に腰を打ちつけ、俺も気持ちよかった。
この頃になると、あずさはカラオケでいちゃつき、手マンでイクこともあった。
声に出してイクことはないが、息遣いではっきりとわかった。

あずさの18回目の誕生日、おちゃらけで上下ピンクでお揃いのエロい下着をプレゼントした。
パンツはTバックだった。
あずさは恥ずかしがって、その下着を穿くことはなかった。
俺も、これはあずさには荷が重かったと感じた。
しかし俺はことあるごとに、プレゼントした下着を穿いてくれるよう頼んだ。
穿いてくれない前提で頼み続けた。

ある日、ホテルであずさが嫌々ながらフェラをし、恥ずかしくなっていつものように上にあがってキスをしてきた。
ふとした拍子に、ゴムを着けていないチンコがあずさのマンコに突き刺さった。
二人とも生だと分かっていた。
キスをしながら、お互いの性器の感覚を楽しんだ。
しばらくして俺は我に返り・・・。

俺「ゴムつけなきゃ」

あずさ「うん、だよね」

あずさは生セックスの虜になったのか、フェラを終えると自然と生チンコをマンコに入れるようになった。
俺も気持ち良かったので途中まで生でやり、思い出したようにゴムを着けフィニッシュする、というセックスをした。
月に一度会い、デートをして、セックスをするという付き合いだった。
あずさはセックスとなると嫌そうな言動を示したが、体の反応はセックス大好きという反応だった。

月日は流れ2年経ち、あずさの大学受験となった。
あずさは宮崎の大学を受験し、進学を決意した。
俺は情けなくも引き留めようとしたが、あずさの決意は固かった。
あずさが宮崎に旅立つ前の日、東京でデートした。
また生でした。

俺「今日、あずさの中に出していい?」

あずさ「いいよ。高校卒業したから退学しないし。俺君の赤ちゃん欲しい」

結局中に出す勇気もなく、あずさのお腹の上に出した。

あずさ「あたしは本当にいつ作ってもいいよ」

あずさは高校を卒業し、髪も肩まで伸ばしてパーマをあて、大人びていた。
胸もたぶんBカップになっていた。

あずさが大学に進学した。
毎晩電話した。
あずさはスキューバダイビングサークルに入った。
最初のGWに宮崎に俺が行くことになった。

待ちに待ったGWがやってきた。
俺は宮崎に降り立ち、バスであずさの家まで行った。
あずさは笑って出迎えてくれた。
あずさと玄関先で抱き合い、キスをした。
あずさは俺の手を引き、ベッドに連れて行った。
あずさは自ら俺のズボンとパンツを脱がせ、口の中にいっぱい唾を貯めて俺のチンコを咥えた。
最高のフェラだった。
あずさのスカートに手を入れ、パンツを触ると濡れていた。
あずさのパンツを脱がせ、俺は下半身裸で着衣のまま生でセックスをした。
ここでも中に出す勇気はなく、あずさのスカートやTシャツに精子をぶちまけた。

その後、二人でシャワーを浴び、あずさは俺のチンコに残った精子をフェラで吸い取った。
それで俺はまた勃起した。

俺「あずさ、入れさせて」

あずさ「やーだー、口でしたげる」

あずさはフェラと手コキを交互にし、俺に入れさせてくれず、俺も我慢できずイッてしまった。

あずさ「ごめん、ほんとにイッちゃうと思わなかった。ごめんね」

俺「もう!でも気持ちよかった。ありがとう」

シャワーを出て買い物に行った。
スーパーはあずさの家の目の前だった。
スーパーに着いて、俺は財布を忘れたことに気付き、あずさにそのことを告げて家に取りに帰った。
財布はバッグの中にあった。
バッグはゴミ箱の横に置いてあった。
ふと、ゴミ箱の中に目が留まった。
四角いコンドームの袋が入っていた。
しかも袋は開いていた。
俺はまさかとは思いながらも、高校時代のあずさ、つまりあまりセックスに興味のない素振りを見せるあずさの印象が頭から離れず、あずさが浮気していることを自分の中で否定した。
買い物から帰り、俺たちはまたセックスをした。

次の日も3回セックスをした。
その次の日も午前中に2回セックスをし、あずさはサークルの会合に出掛かるべく準備をした。
上は灰色のキャミの上から白のブラウス、下は黒の割りとヒラヒラなミニだった。
俺は大人になったあずさに見惚れていた。
あずさはその様子を見て、わざとスカートをたくし上げて見せた。
俺がプレゼントしたTバックを穿いていた。
俺は強引にあずさを手繰り寄せ、膝の上に座らせて胸を触りキスをしてマンコを触った。
あずさは感じながらも、「ん、ダメっ!行かなきゃっ」と言って出て行った。
その日、あずさは夜遅く帰ってきた。

俺「おかえりー」

あずさ「ごめん、疲れたから寝る」

呆気なかった。
あずさはベッドにダイブし、寝た。
俺はテレビを観ていた。
あずさは寝息を立てている。
すると、変な匂いがしてきた。
プールのような匂い・・・。

俺は前々日のコンドームの件を思い出し、まさかと思い、あずさのスカートの中を覗いた。
匂いが強くなった。
スカートをそっと捲り、パンツを見た。
パンツは濡れていた。
むしろマンコ周辺が濡れていた。
おしっこでもなく、あずさが気持ちいい時に出る汁でもなく、やはり男の精液だった。
俺が脱がすことのなかったTバックが他の男の精子で汚れていた・・・。

俺はあずさを起こし、シャワーを浴びるよう促した。
あずさは黙って頷き、シャワーを浴びた。
その夜は何も言わずに寝た。
あくる日、俺は問いただした。

俺「あずさ。他の男とやったの?」

あずさ「・・・」

俺「言って」

あずさ「うん。ごめんなさい」

俺「いつから?」

あずさ「・・・」

俺「あずさ、言って」

あずさ「大学入ってから」

俺「ほんと?」

あずさ「ほんと」

俺「相手は?」

あずさ「サークルのたけし先輩、4年生」

以下、あずさから聴取したこと。
サークルの体験の時、あずさは体験を終え、シャワーを浴びていた。
シャワーボックスのカギが壊れており、たけし先輩があずさのいるシャワーボックスに入ってきた。
あずさは全裸で、気付いた時にはたけし先輩が後ろに立っていた。

たけし「だめだよ、鍵閉めなきゃ」

あずさ「キャッ!もうちょっと待ってて下さい!」

たけし「えー風邪ひいちゃうよ。大丈夫、うちのサークル、男女みんな裸見てるから」

実際にサークルの中のほんの一部の男女は裸を見合っているらしく、たけしもその一人だった。
あずさは仕方なく一緒にシャワーを浴びることになった。
シャワーを浴びている最中、たけしはあずさの腰に手を置き、あずさの体を擦りながら、あずさのお尻、お尻の割れ目にチンコを擦りながらシャワーを浴びていた。
たけしのチンコはみるみる大きくなり、不覚にもあずさのマンコも濡れてきた。
たけしはチンコをあずさの股の間に入れ、マンコに入れそうな雰囲気だった。
それを察したあずさ。

あずさ「ダメです、先輩」

たけし「いいじゃん一回。処女?」

あずさ「違いますけど」

たけし「じゃあいいじゃん」

あずさ「だめです」

たけし「じゃあ手でして」

結局たけしはあずさの胸を触り、クリトリスを刺激しながらあずさの手の中でイッた。
精液はあずさの薄いマン毛にたくさんこびりついた。
それからというもの、あずさは俺と会えない寂しさでたけしと仲良くなり、たけしの車でドライブに出掛け、しょっちゅうたけしと一緒にいた。
たけしは懐きやすい性格で、あずさもすっかり打ち解けた。
たけしが遊び半分であずさの服の上から胸やマンコを突いてくるのにも慣れてしまった。

ある日、たけしにさりげなく手を繋がれ、キスをされた。
そしてその日、あずさの家にたけしを連れて行った。
あずさは抱き締められキスをされると、たけしの指が服を脱がすのも抵抗を感じなかった。
胸を吸われ、マンコを指でかき回され、舌を入れられた。
たけしは立ち上がり、チンコを出し、フェラを迫った。
あずさは嫌々ながらもたけしが言うように舐めた。
たけしのチンコはいつでもあずさに入る硬さになった。
あずさはたけしのチンコから口を離すと、自らベッドに横たわり、たけしのために股を開いた。

あずさ「ゴム、つけてね」

たけし「いる?」

あずさ「いる」

たけしは財布からゴムを出した。
たけしはチンコにゴムを被せるとあずさのマンコを奥まで突いた。
二人は一ヶ所を繋げたままゆっくり動いた。
最後は立ちバックだった。
たけしの腰は速くなり、あずさの小さい胸を強く掴んでゴムの中で果てた。
こんな日々が続いた。
あずさはすっかりチンコが自分の口の中で大きくなる喜びを知ってしまった。

GWに入り、俺が家に行く前の日もあずさのマンコでたけしのチンコがゆっくり、そして最後には速く運動した。
次の日、俺が来た。
これは俺にとって嬉しいことではあるが、あずさは俺を選んだ。
サークル会合の日、あずさはたけしに別れを告げた。
会合の最中、あずさはトイレへ行った。
たけしは後を追った。
あずさがトイレから出てくる時、たけしはトイレに押し入った。
たけしはあずさに“最後の一回”を迫った。
あずさは拒否したが、たけしの勢いに負けた。
パンツを脱ぐと、あずさはトイレの蓋を閉め、その上に座った。

たけしはゴムをつけずにあずさに入った。
あずさはそれに気付いて拒絶したが、次第に快楽に飲み込まれた。
たけしは一気に坂道を駆け上るように腰を振るのを速くした。
たけしがイクのを察したあずさは必死に抵抗したが、たけしの力には敵わなかった。
あずさの中には大量にたけしの精液が注がれた。
チンコを抜かれ、立ち上がると、マンコからドロドロとたけしの生温かい精子が出てきた。
あずさはたけしを突き飛ばした。
マンコをティッシュで拭いて、俺の買ったパンツを穿き、トイレを出た。
席に戻り、話をしていても、マンコからはたけしの精液が流れ出た。

会合の帰り、たけしと帰る方向を変えようとしたが、たけしはついて来た。
たけしはあずさに再度復縁を迫ったがあずさは拒否した。
家の裏の公園にさしかかった。
たけしはそこであずさに無理やりキスをした。
あずさはたけしを突き飛ばした。
たけしは“別れの一回”を迫った。
あずさは拒否した。
たけしはあずさを捕まえ、羽交い絞めにし、胸を揉み、マンコを弄った。
パンツを脱がされたあずさは、マンコをかき回される感覚に耐えるだけだった。

そうこうしないうちに、またたけしがチンコをあずさのマンコに突き立て、自分だけが気持ちいいスピードであずさのマンコでオナニーをした。
あずさはただ鉄棒に掴まり、マンコを濡らして、マンコの中で動くモノが早く萎むのを待った。
たけしは乱暴にオナホールを引き寄せ、その奥で果てた。
たけしはチンコを引き抜くと、あずさに正面を向かせ、チンコを口で掃除させた。
あずさはしゃがみこみ、上の口からは精液を受け入れ、下の口からはダラダラと精液を垂れ流した。
あずさは掃除し終えると、パンツを穿き、立ち去った。

以上が清純だったあずさの浮気です。
その後、あずさとは別れ、あずさはたけしではない誰かと付き合い、大学2年で一児の母となりました。