酔っ払った友だちの彼女の女子大生に手コキしてもらった。
先日、友達の部屋で、友達とその彼女と3人で飲んだ。
3人とも大学で同じ専攻のクラスメイト。
終電逃したので泊めてもらったんだが、ベロベロに酔っ払った2人はソファでいちゃいちゃし始めた。
初めは、指を舐める、キスするくらいだったのだが、だんだん服の上から胸を揉む、ズボンの上から彼女に股間を触らせる、という風にエスカレートしていった。
俺「彼女がいないもんの前でいちゃつくなよーw」

とか突っ込みつつ、実際はクラスメイトの女の子のエロい姿に興奮しまくりだった。
彼女の方も、「◯◯が見てるってw」とか言いながらも楽しんでる感じだった。

そのうち彼女の手が友達のズボンの中に。
パンツの上からかもしれないが、クラスメイトの女の子がチンコを弄ってる姿に勃起。

すると友達が、「◯◯(俺)のはかなりデカい」と俺に話を振ってきた。
彼女、恥ずかしそうにしながらも「どれくらい?」と友達に聞いている。

友達「これくらいかな」

指で表しているのだが、3割り増し位だったので、「そんなにデカくねーよ」と言ったら、「じゃー見せてみろよ」と言い出した。
彼女は、「えーっ、やだあ、私あっち向いてるよ?」と言って後ろを向いてしまった。

友達「ほら、今のうちに見せてみ」

なんで野郎にチンポ見せなきゃならんのだと思ったが、ひょっとしたら美味しい展開になるかもと思い、ズボンとパンツを下ろし、半勃起状のチンポを曝け出した。
友達はクックックと息を殺して笑い、「そのままそのまま」と口パクで合図しながら、「あー、そうでもないなwもう仕舞っていいよ」と言った。
俺も乗っかって、「なんだよ、ふざけんなよー」とか言いながら、チンポ丸出しのままベルトをカチャカチャ弄ってズボンを穿く振りをした。

彼女「もういい?穿いた?」

俺「ちょっとまだ、もうちょい・・・、うん、いいよ」

もちろんチンポ丸出しのまま。
なんかしゃべりながらくるっと振り返った彼女と俺のチンポご対面。
キャーキャー大騒ぎする彼女。
爆笑する友達。
チンポ露出して頭真っ白の俺。

しかし彼女、キャーキャー騒ぐ割には顔を背けるでもなく、十秒後くらいには俺の顔とチンポを交互にチラチラ。
友達にも、「やだぁとか言いつつしっかり見てんじゃん」と突っ込まれてた。
そんな感じでクラスメイトにチンポ観察してもらったわけだが、更なる進展を期待する俺。

俺「こいつのとどっちが大きい?」

そう聞いてみた。

彼女「えーっ、わかんないよ」

すると友達が、「じゃあ比べてみよう」と言ってチンポ露出。

2本のチンポを前に顔真っ赤の彼女。
しかし、俺の8分立ちに対し友達のは3分立ち程度。
これじゃ比べられないということで、彼女の手を取り、チンポを握らせる友達。

「やだーやだー」と言いながらも、友達の手にリードされながらシコシコ手コキをする彼女。

めっちゃ興奮して、俺も触ってもらいたくてしょうがなくなった。
友達が許してくれるか探りを入れるつもりで彼女の手を握ってみたら・・・。

彼女「えーっ何?何?」

友達は笑ってる。
これは大丈夫だと思って、そのまま彼女の手を俺のチンポへ近づける。

彼女「きゃーやだー!!」

叫んではいるものの、本気で拒否ってはないし、顔も笑ってる。
友達も笑ってる。
そのまま彼女に俺のチンポを握らせた。
ヒンヤリ気持ちよかった。

真っ赤になって笑いながら、両手で2本のチンポを握っているクラスメイト。
数回、彼女の手を前後に動かしてやると、手を離した後も惰性で3回くらい自分でシコシコしてくれた。
その後で俺のチンポから手を離し、足をバタバタさせて恥ずかしがってた。
友達のは握ったままだった。

俺はここらが限界かと思って、「ちょっとトイレ行ってくる」と言って部屋を出た。
この後2人がどうなるか気になったが、覗きは好きじゃないし、早くヌキたかったのでトイレへ駆け込み速攻オナった。

で、10分位して友達が呼びに来るまでトイレにこもってた。
戻ったら彼女はベッドで寝てたので、友達と朝までしゃべって帰った。

おわりです。
読んでくれてた人いたら、ありがとう。

・完全オリジナルの体験談です(姉妹ブログ含)
・2016年下期 寝取られ系作品ランキング!

・フェラが下手な嫁に、風俗で働いてみたら? と言った結果4
・EDになった私を、NTRで治療する会社の後輩2
・田舎に嫁いできてくれた嫁が、久しぶりに同窓会に行った
・俺の目を盗んで、隙あればハメてしまう嫁と友人2
・妹とのエッチをいとこ姉弟に聞かれたら、スワッピングになった完
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声
 
 ビッチ!?が田舎にやってきた


隣の人妻、時間を止めて強制NTR!
 
新人 愛子 料理教室講師

人気記事ランキング