当時、私と彼女は24歳で、私は就職のため東京へ。
少し経ってから、彼女にも東京へ来てもらい同棲を開始したところでした。

彼女は身長160センチほど、胸はBカップで線は細め、周囲の人たちには、「堀北真希っぽいね」などと言われる自慢の彼女でした。
私と彼女は付き合い始めてすでに5年を経過していました。
それまで、お互いに浮気なんて考えが浮かばないほど仲が良く、周りからもよく羨ましがられていた記憶があります。

彼女は東京へ出てくるとすぐにアルバイトを始めました。
私の稼ぎと彼女のバイト代で生活し、決して余裕があるわけではありませんでしたが、楽しい同棲生活を送っていました。
同棲を開始して半年ほど経過したある日、仕事から帰ると真っ暗な部屋の中で泣いている彼女が・・・。

「どうした?」

聞いてもただ泣くばかりで何も返事をしません。
どれくらい時間が経ってからでしょうか、彼女が重たい口を開きました。

「ごめんなさい、裏切ってしまった」

いきなりのことで意味が分かりませんでしたが、なんとなく察しがつきました。
と同時に、動悸のような眩暈のような感覚が。

「もしかして、浮気・・・?」

恐る恐る質問すると、静かに頷いた彼女。
頭が真っ白になりました。
が、それと同時に、(相手は誰なんだ?浮気って言ったって色々ある。彼女はどこまで・・・)と、事の顛末を聞かずにはいられない気持ちになったのです。

まず、浮気相手はアルバイト先の店長(45歳)でした。
その時点でかなりキツいものがありました。
頭をハンマーか何かで殴られたようにクラクラしてたと思います。

「なぜ浮気なんてしたんだ」と問うと、「環境が変わって、とても不安だった。同棲自体はとても楽しかったが、金銭面や将来のこと、不安なことがすごく多かった。そんな時に、年上で優しい店長という存在に頼ってしまった」とのこと。

もう正直、浮気の理由なんてどうでも良くなりつつありました。
完全に頭が真っ白というか、スイッチが切り替わった状態というか。
不思議と、浮気されたことそのものよりも、自分の彼女が、自分よりも倍近い年齢のオヤジにどこまでされたのか、何をしたのか、そればかりが気になっていたんです。
きっと追い込まれすぎたというか、よく分かりませんが、混乱しすぎて、男としての本能的な部分が一番前に出てきていたんだと思います。

私は彼女に浮気の内容について細かく聞き出すことにしました。
彼女には、「とにかく事実を全て教えろ、許す許さないはそれからだ」と伝えたため、当時の状況を細かく聞くことができました。

彼女が店長と浮気したのは、告白があった日の数日前。
現在の生活に不安があることを仕事中になんの気なしに相談すると、「今晩食事でもどうだ?ゆっくり相談に乗るよ」と、店長から提案されたとのこと。
彼女も店長にはいい印象を持っていたらしく、食事に行くことに。
彼女はお酒にめっぽう弱いのだが、その日は店長に勧められたこともあり、2~3杯飲んだらしい。
仕事のことや生活についての相談を終え、店を出る頃にはかなりフラフラな状態だった。

「仕事においても人間としても先輩である店長が、とても安心できる存在に感じてしまった」と彼女は言った。

気がつくと店長に連れられラブホテルに入っていたそうだ。
ホテルまで少し距離があったらしいが、歩いたような気がするとのこと。
ホテルに着くと、彼女の酔いは覚めたようだが、同時に自分がいけないことをしている、このままではダメだ、という気持ちでいっぱいになった、と彼女は言っていた。

「どうしてそこで踏みとどまらなかったのか?」と聞くと、「相談にも乗ってもらったし、何より仕事でお世話になっている店長に失礼なことは出来ないと思ってしまった」と彼女は言った。

部屋に入るなり、彼女は店長に引き寄せられ、キスをされた。
いきなりのことで驚いたが、舌を入れられ、それに応じるうちに、自分でもよく分からない気持ちになってきてしまった、と彼女は言う。
罪悪感もあったが、相談にも付き合ってくれた、食事にも連れて行ってもらった、仕事では助けてもらっている・・・という負い目が、『今日1日だけなら』という思考に繋がってしまったのかも、と彼女は言っていた。

ひとしきりキスをされた後、店長は「シャワーを浴びよう」と言って彼女の服を脱がせ始めた。
彼女は下着だけつけた状態で、先に浴室で待っているよう指示を受けたとのこと。
しばらく待つと、下着をつけた彼女とは対照的に、服を全て脱いだ店長が浴室に入って来た。
そこでまたキスされ、下着の上から胸を揉まれた、と彼女は言う。

「下着を取りたい」と彼女が言ったが、「もう少しつけたままで」と店長にお願いされたらしい。

店長は自分のモノを軽く洗うと、彼女の手を取りモノを握らせた。
だんだんとモノが大きくなり始めると店長は彼女に、「パンツを脱いで、それでモノを包みながら触って」とお願いしたそうだ。
正直、私もそんなことしてもらったことないですし、彼女も嫌がると思います。
でもその日は、彼女も言われるがままに、店長の指示に従ったそうです。
全ては負い目からくるものなんでしょうか。
だいぶ胸糞悪いですが・・・。

パンツを使って店長のモノをしごくと、すぐにパンパンに大きくなったそうです。
とは言っても、私より20歳以上も年上のオヤジです。
モノ自体は私より一回りほど小さく、硬さもあまりなかった、と彼女は言っていました。

すると店長は再び彼女に、「今度はブラを外して、胸を使って」と指示したそうです。
いわゆるパイズリです。
彼女はBカップと小ぶりな胸のため、私自身もパイズリをしてもらったことはありませんでした。
しかしパンツの時と同様、彼女は素直に店長の指示に従い、ブラを外して、胸で店長のモノを挟んだそうです。
挟む、と言ってもほとんど無理やりだったそうですが。
それでも私は、私自身経験したことがない彼女のパイズリをオヤジが堪能していたのかと思い、とてつもない憤りを感じたのを覚えています。

しばらく彼女にパイズリをさせると、店長は無言でモノを彼女の口に宛てがったそうです。
彼女もそれに応え、店長のモノを咥えたとのこと。
私以外のモノを咥えている罪悪感はあったものの、もう後戻りできない状況で、どうすることもできなかったと彼女は言いました。

胸を弄られながら、しばらくフェラをすると、店長の鼻息が荒くなってきました。
店長はひとこと「出すよ」と言うと、そのまま彼女の口の中で射精したそうです。
私もフェラしてもらうといつも口内で射精していますが、驚いたのはその後。
なんと店長の精液をそのまま飲んだと言うのです。
理由は簡単、店長にお願いされたのだとか。
怒りの感覚よりも、むしろこれまでの彼女との思い出や楽しい出来事が、目の前で崩れていくような感覚に襲われました。

フェラを終えると、店長と共に身体を洗いベッドに移動。
その間も体を触られたり、キスをされたりとされるがままだったとか。
店長のモノも浴室で1度射精しているにも関わらず既に大きくなり始めていた、と彼女は言っていました。
それもそうでしょう、40歳過ぎて20代前半の女とヤレるなんて、男なら誰でも興奮するはずです。
それがまたムカついて腹が立って仕方ありませんでした。

ベッドでは彼女が責められたそうです。
キスをされ、胸を揉まれて、吸われて・・・。
彼女もそこまでされると罪悪感もありつつ反応はしてしまったようで、下を触られる頃には、もうボーッとしてしまっていたそうです。
全身を好きに弄られ、いよいよその時が来ました。

店長は彼女に、「ゴムだけど、付けなくてもいいよね?」と言ったそうです。
さすがに私も、これを聞いた時には怒りが爆発しそうでした。

そして彼女に、「もちろん付けたんだよな?」と聞きました。

しかし、返ってきた言葉はNO。
断るに断れず、店長のモノを、そのままナマで受け入れたそうです。

「でも、外で出したんだろ?」と聞くと彼女は、「最初は・・・」と。

彼女は説明を続けました。
彼女は店長に正常位で挿入され、とにかく突かれたそうです。
年齢的にかなり離れているはずなのに、すごい勢いで責められたと。
しばらくすると限界がきたのか、店長に、「どこに欲しい?」と聞かれたそうです。

「中はダメです」と彼女が答えると、店長はモノを引き抜き、彼女の胸に射精しました。

その後しばらく店長に抱かれベッドの上で過ごすと、「大きくしてくれ」とモノを口元へ運ばれフェラをしたとか。
時間が掛かったらしいですがモノはまた大きくなり、当然のようにナマで挿入されたそうです。
今度は彼女が上になったり、抱きかかえられながら突かれたりと、ひとしきりの体位をこなした後、最初と同じように、「どこに欲しい?」と質問されたそうです。
とにかく中で出されるのは回避したかったらしく、彼女は「胸にかけて下さい」と言った。
腰を激しく打ちつけられ、モノを引き抜かれると、彼女は再び胸に射精されたそうです。
射精の後、彼女は顔を映さないことを条件に、精液のかかった胸をスマホで撮影されたと言っていました。

さすがにダウンしたのか、このあと店長は寝てしまったため、彼女もそのまま眠りに入ったそうです。
どれくらい経過してからか、彼女が体に違和感を感じ目を覚ますと、店長が彼女の下を触り、胸を吸っていたそうです。
店長は、「これで最後だから」と言うと再びナマ挿入。
彼女もただただされるがまま、キスをされたり突かれたり、とにかく受け入れることしかできなかったそうです。
店長に三たび「どこに出す?」と問われ、彼女はまた「胸に」と答えたそうですが、耳元で、「おっぱいには、もうたくさんかけたよ」と言われ、「あぁっ」という声と共に、店長は彼女の中で果てたそうです。

話を聞いた後、私はすぐに彼女にアルバイトを辞めさせました。
幸い店長から引き止められることはなかったそうです。
彼女が正直に告白してきたこと、1度きりの過ちだったことを踏まえ、私は彼女を許しました。
彼女も深く反省しており、妊娠もしていなかった為です。

数年経った今でも、ふと彼女がオヤジに弄ばれ、喘いでいる姿を夢で見ることがあります。
私と彼女の間で、この浮気について触れることはもうありません。
ただこの一件が、私たちがお互いを大切にし、思いやる上での1つのターニングポイントになったような気もします。

【他サイトの若妻やエッチなOL、淫乱ナースの卑猥な体験談】
・完全オリジナルの体験談です(姉妹ブログ含)
・私が歩行者をはねた結果、嫁が身体で償うことになりました
・友達の婚活の手伝いで、ランチ合コンに参加した主婦が堕ちた楽園 完
・僕が結婚をためらう理由は、地元のイヤラシいしきたりのせいです3
・巨乳だけど真面目で清楚な嫁が、セックスの後オナニーしていた理由5
・お裾分けをもってくる隣の若妻さんに、丸めたティッシュを見つけられました
 
白人チンポにハマった日本妻をナンパ喰い

人気記事ランキング