事前に打ち合わせしておいた通り、福岡は部員全員に、「今夜マッサージ師が部屋を尋ねて来るから」と伝えた。
そして、筋肉を和らげた状態でマッサージを受ける為にも、マッサージの直前に風呂に入るようにと念を押させた。
私は出入り業者のマッサージ師を6人予約。
各部屋に1人ずつの計算だ。
マッサージ代金5万2000円の出費は痛いが、しかし、あれほどの美少女の体を触れるのである。
変態の私には安い買い物だった。

午後6:00。
夕食を済ませた部員達は、合宿最後の夜だというのに、6時にはマッサージが来るということで、最後の夜を皆で語り合うことも出来ず、各自が部屋に戻って行った。
私は、さっそくPCを立ち上げ、彼女の部屋を覗いた。
部屋に着くなり彼女はジャージを脱ぎ始めた。
福岡コーチの忠告通り彼女は風呂に入るのだ。
画面に映し出される彼女のピチピチの肌もそっちのけで、私はこの後、彼女が下着を取り替えてくれる事だけをひたすら願った。

午後6:20。
浴室からバスタオル姿の彼女が出て来た。
小さな胸を震わせてクローゼットのボストンバッグを開ける彼女。
出た。
昨日、私がたっぷりと秘密の液体を染み込ませた白いパンティーがボストンバッグから出て来た。
彼女はなんの躊躇いも無く、そのパンティーをスルルンと穿いてしまった。

「よし!!」

私は椅子を立ち上がりガッツポーズ。
さぁ、いざ出陣だ!!

303号室の前に立った私は、辺りを見回した。
ここでもし従業員に白衣姿を見られれば作戦は全て台無しになる。
いつも緊張する場面だ。
私は素早く白衣を羽織ると、丸いフレームの真っ黒なサングラスを装着した。

ピンポーン・・・。

ベルの後、すぐに扉が開いた。

「マッサージですが・・・」

「あっ、はい」

サングラスをして白い杖をついた私を見た彼女は、途端に雰囲気が変わった。
そう、障害者の私に対し、労りの心が生まれたのである。
思った通りの優しい娘さんだ。
彼女は私の手を優しく握ると、「こっちです・・・」と誘導してくれた。
とても小さな手だった。
そのまま抱き締めて舐め回してやりたいくらい愛おしい手であった。

「・・・あ、すみませんね・・・はいはい大丈夫ですよ、ありがとう・・・」

私は左手を彼女に引かれ、右手で壁を触りながら、目の不自由な人のふりをして前に進んだ。

「それじゃベッドに横になって下さい・・・最初は仰向けでお願いします・・・」

サングラスの中から薄目を開けて、しっかりと彼女の顔を目に焼き付ける。
小さな顔に大きな瞳。
驚く程に歯が綺麗だった。
彼女は枕を抱えるようにうつ伏せに寝転んだ。

「・・・失礼します・・・」

私は彼女の肩に手を当てた。
ギュッと力を入れれば簡単に折れてしまいそうな、そんなか細い肩だった。

「毎日毎日、練習キツいでしょ・・・」

「・・・あっ、はい、でも大丈夫です」

彼女の優しい温もりが手に伝わって来る。
このまま抱き締めたいという感情を堪えながら、彼女の股間に目が行った。
河野氏によれば、秘密の液体の効果は早くて15分、遅くても30分以内には必ず効いてくるという。
その持続時間は1時間くらいらしい。

肩を抱きかかえ、背筋が反るように体を引っ張った。
ベッドとの隙間に彼女の小さな胸の膨らみがある。
そのまま手を伸ばしてその胸に触れたいが、しかし、まだ早すぎる。
もう少しの辛抱だ。
肩から腰にかけてマッサージを進めると、私の手はそのまま彼女の腰に伸びた。

「・・・ん?・・・これはトレーニング用のズボンですかね?」

私は彼女のジャージのスボンを手で擦りながら聞いた。

「はい、そうですけど・・・何か?・・・」

「うん・・・このズボンは生地が厚いからねぇ・・・せっかくのマッサージが効かないんですよ・・・」

私はそのまま彼女の尻の辺りを優しく擦る。

「・・・それに・・・この生地は荒いから私の指が・・・うん、やっぱり痛いなぁ・・・」

私はわざと痛そうに自分の指を擦って見せた。
自分の指を痛がるマッサージ師など聞いた事がないが、しかしマッサージ経験の少ない彼女には、それに気付くはずがなかった。

「・・・どうしよう・・・」

ムクリと体を起こし、心配そうに私を見つめる彼女。

「・・・悪いですけど、このスボンを脱いでもらえますかね・・・」

私は思い切って言ってみた。
するとどうだろう、彼女は私の目が見えない事に安心しているのか、それとも人を疑うという事をまったく知らないのか、「はい、わかりました」と、いとも簡単にスルスルとズボンを脱ぎ始めたのだ。

(なんという純粋なお嬢さんなんだ・・・)

彼女の白く透き通った細い足を眺めながら、私のペニスは破裂せんばかりに猛烈に勃起しているのだった。

「本当はね、マッサージというものは、こうやって肌を刺激しながらやるのが一番効果的なんですよ・・・」

私は彼女のプルンプルンの若肌を揉みながらデタラメな能書きを垂れていた。

「そうなんですか・・・。私、マッサージしてもらうのはいつもお母さんですから、何も知らなくてゴメンなさい・・・」

「いえいえ。この後でね、オイルを塗ってマッサージをするんだけど、どうせその時は脱いでもらわなくちゃならなかったし、ちょうどいいじゃありませんか」

彼女は小さな声で、「はい」と素直な返事をした。
彼女のぷっくりと盛り上がった尻を優しく撫で回す。
彼女はまったく私を警戒していない。
それをいい事に、私はそのままゆっくりと手を下げ、まともに尻を撫で回してみた。
彼女の反応はゼロだ。
私の目が見えないという事と、これはあくまでもマッサージなんだという意識が、彼女を無防備にしているのであった。

集中的に尻ばかりを撫で回していた頃、ついに彼女に異変が起こった。
何やら腰をモゾモゾと動かし始めたのだ。

(いよいよ効いて来たな・・・凄いぞ河野さん!!)

私はモゾモゾとする彼女を知らんフリしながらマッサージを続けた。
腰を揉んでいると、彼女の右手がゆっくりと下に向かって動き始めた。
どうやら私に見つからないように、こっそりとアソコを掻くつもりなのであろう。
私は彼女が枕に顔を押し当てているのを確認すると、静かに体をずらし、彼女の股間を覗き込んだ。
案の定、彼女の細い指は、パンティーの上からクロッチの部分をモゾモゾと弄っている。
それはまるでオナニーをしているようだった。

「・・・どうかしましたか?」

私は腰を揉む手を止め、わざと彼女に問い質した。
サッ!と手を引く彼女。

「いえ、なんでもないです・・・」

私の手は再び動き始めた。
と同時に、やはり彼女の指もゴソゴソとオマンコを弄り始める。
相当痒いのであろう、彼女は時折、「うぅ~ん・・・」という呻き声まで洩らしている。
その度に私は、「どうかしましたか?」と手を止めては、彼女をイジメていたのであった。

そんな事を何度か繰り返した後、私は彼女に仰向けになるように命じた。
彼女は仰向けになる途中、「ちょっとだけ待ってもらえますか・・・」と言いながらベッドから立ち上がった。
私の目の前に立つ彼女。
私の目が見えないと思い込み、その場でパンティーの中を覗き込んでいる。

「どこか具合でも悪いんですか?・・・」

私は横目でしっかりと彼女を見ながらも、首は別の方向に向けたまま尋ねた。

「いえ・・・ちょっと・・・」

何度も何度もパンティーの中を覗き込んだ彼女は、諦めたかのようにそのままベッドに仰向けで寝転んだ。
私は太ももに手をやった。
細いながらもムッチリとした肉付きの良い太ももだ。
若い肉の弾力性を味わいながら、ゆっくりと揉みほぐす。
そうしている間にも、やはり彼女の指は恐る恐るバレないようにオマンコへと向かって行く。
先程まではさりげなく掻いていた指も、今ではもう我慢の限界なのか、ボリボリと豪快に掻き始めていた。
私はそれを横目で見ながら、彼女の右足をゆっくりと曲げさせた。
彼女の股が大きく開かれた。

「やっぱり水泳は太ももの筋肉をよく使うんですね・・・この辺り、ものすごく固くなってますよ・・・」

私は太ももの裏辺りからオマンコの横辺りにかけて、強めにグイグイと押した。
それまでオマンコを掻いていた彼女の指が止まる。
私が太ももを強く押す事によってオマンコが擦れ、それが痒いオマンコには心地良いのであろう。

「・・・そこ・・・とっても気持ちいいです・・・」

痒さからそれまで険しかった彼女の表情は、みるみる穏やかな表情に変わっていく。

(今ここでペニスをぶち込んでやったら泣いて喜ぶだろうなぁきっと・・・)

彼女がリラックスし始めたのを見計らうと、私は突然手を止めた。

「それじゃ、次はオイルマッサージをしますので・・・」

私はベッドを立ち上がると、壁伝いにゆっくりと足を進め、クローゼットの前に置いたバッグに向かって歩き始めた。
バッグの中には、先日アダルトグッズのサイトで購入したペペローションが入っている。
それとバスタオルを手にすると、またベッドに向かってゆっくりと歩き始めた。
その間、私が薄目で彼女を見ると、彼女は私に見られているとはつゆ知らず、パンティーの中に手を突っ込みながら、直接オマンコを掻いていた。

「それじゃあ、上着と、それから下着を脱いで、うつ伏せなって下さい・・・」

私はベッドの上にバスタオルを敷きながら、さりげなく言った。
本来ならば、「えっ?下着も脱ぐんですか?」と驚くはずである。
しかし、今の彼女はそれどころではなかったのだ。
九州特産の秘密の液体が猛烈に効き目を発し、痒くて痒くて居ても立ってもいられない状態なのだ。

彼女は素直にパンティーとジャージの上着を脱ぐと、スッポンポンの全裸になり、そのままバスタオルの上にうつ伏せになった。
横になる彼女を跨ぐように、彼女のふくらはぎに腰を下ろした私は、腰と尻、そして太ももの裏を重点にローションを垂らした。
彼女の白い肌にローションがテカテカと輝いている。
それをゆっくりと伸ばしながら彼女の体を満遍なく痴漢した。

再び、彼女の指がオマンコへと伸びる。
しかし今度はパンティーの上からではなく直にオマンコである。
これは凄いシーンにありつけると、私は彼女の股の中を覗き込んだ。
指はオマンコの周辺をボリボリと掻き毟っていた。
さすがにオマンコに爪を立てるのは躊躇ったのか、そこは指腹で激しく擦っていた。
完全にオナニーの状態である。

私はヌルヌルと彼女の裸体に手を滑らせながら、ゆっくりと彼女の右足を曲げさせた。
先程彼女が「気持ちいい」と言ったポーズである。
大きく広げられた股間はオマンコが丸見えとなった。
そして腹の下から彼女の手が伸び、指をオマンコに擦り付けている。
これほどまでに清純な美少女のオナニーシーンはなかなかお目にかかれない。
私は先程のように、太ももの裏からオマンコギリギリの周辺に沿って、オイルでヌルヌルの指を這わせた。
手の動きを激しくすると、彼女の痒みは和らぐ。
私の手が激しいと彼女の手は自然にオマンコから離れるのであった。
グチョグチョグチョ・・・と、まるでソープランドのローションプレイの時のような卑猥な音が部屋に充満した。

「痛くないですか?・・・」

「・・・はい、とっても気持ちいいです・・・」

その声を聞き、さらに私の手の動きは激しくなった。
時折、上下する指がオマンコに触れる。
しかし私の指がオマンコに触れる事により、彼女は痒みから開放されるのである。
どれだけ私がオマンコを触ろうと彼女は何も言わなかった。
ツンツンツンと当たる指先。
今までオマンコばかりをツンツンしていた指を、少し上に方向を変えてみる。
そう、そこには小さな突起物、クリトリスが顔を出していたのだった。
左手でクリトリスを刺激しながら、右手をヌルヌルと胸方面に移動させる。

「水泳は胸筋も使いますからね・・・ここもよ~くほぐしておかないとダメですよ・・・」

胸全体にローションを塗りまくる。
軽く右手の小指を乳首に当ててみた。
ローションで濡れた乳首はコロンと立っていた。
乳首を悪戯しても彼女は何も言わなかった。
それならばと、私の両手は一気に胸に向かって走り出した。
両手の親指で乳首をコロコロと転がしながら、小さな胸の膨らみを掌全体で優しく揉みほぐす。
私が胸を攻めている間も、彼女の指はオマンコに伸びているのであった。

「・・・ちょっと失礼なことを聞くけど・・・お客さん、もしかしてアソコが痒いんじゃないの?」

私は手を止め、大胆にも彼女にそう聞いた。

「・・・はい。実はさっきから急に・・・」

彼女は眉間にシワを寄せ、恥ずかしそうにそう答えた。

【若妻や幼妻、エッチなOL、淫乱ナースの卑猥な体験談】
・完全オリジナルの体験談です(姉妹ブログ含)
・寝取られ系作品(動画・同人)ランキング!
・姉さん女房と友人で、脱衣麻雀を始めた結果2
・取引先の社長から黒人の男の子を預かった結果、妻が寝取られました
・息子と混浴温泉に入ったら人妻さんがいて、ムスコがお世話になりました3
・嫁の身体だけじゃなく、心まで友人に寝取ってもらいたい俺3
・私のミスのせいで、部長に身体を差し出して寝取られた妻4
 
ギャルママ調教 前編 二人の親父で調教編

人気記事ランキング