明け方、番長やら石川30やらを放り出して10時に駅へ。
ま、たぶん昼過ぎには地元につくでしょう。
美樹にオレメール「12時半につくよ。いいの?」
返信「OK。バスのロータリーでね」
地元駅到着。バスまだきてない。ゆえにまだ美樹もいない。
待つ。ひたすら待つ。
ロータリーの一般車お出迎えスペースを望む。
なんか夏っぽいメガネっ娘が手振ってるよ。ちょい萌え。
って、おい、ありゃ美樹だ。
なんか、赤いワーゲンの前にいるよ、ゴルフ?ポロ?のよく分からん。

オレ「ただいま。で、コレなに? なにわナンバー?」
美樹「へへー、アタシのー。似合う~?」
オレ「なにわ節がか? たかじんは嫌いじゃいぞ。って、まじで何これ?新車?」
美樹「初ドライブ、おめでとう」
オレ「……、バスでいいから。ホントにオレ、バス好きだし…」
美樹「へへっ、ホントは姉ちゃんの。異動になってもう使わないんだって」
オレ「いいね、あんたん家は裕福で。iPodでたかじん聞いてやる」
美樹、すごい前傾姿勢で発進。目閉じないから、コンタクトはだめだそうな。


国道を抜けて、バイパスを低速で走り、ウチのほうへ。
美樹「曲がるとこきたら教えてね。手前で教えてね」
オレ「地元だろ…。じゃ、次の角、左」←曲がるとホテル。
美樹「うん。次、つぎ」信号でとまる。
美樹「そこ、ホテルだけど…」
ちょっと意地悪してみたくなった。
オレ「まちがえた。次のヤ○トを左」←確信犯。
美樹「えっと、またホテルだけど…。怒」←ちゃんと前後左右見ろ。
オレ「だめ?」
美樹「ぜったいヤダ。なにわのワーゲンなんてウチってすぐバレるでしょ」
オレ「じゃ、後○園の横を斜めに」←じつはまたホテルだ。
美樹「はいはい。今度ね…。チューしてあげるからまた今度ね。怒」
オレ「すまん、冗談」←昨日の件で弱気。基本、いつも弱気。
だが、昨日の件もあって、エチしたいのも事実だ。



そんなこんなで家到着。荷物降ろしてると、マイ母登場。
マイ母「美樹ちゃん、カワイイじゃない。これ美保ちゃんの?」
美樹「うん。修ちゃん借りていい? 初ドライブ行ってくる」
マイ母「免許ないから役には立たないけど。ホントお姉さんみたいね」

すまん、かーちゃん。オレ、実はエロい彼氏だったりするんだ…。
美樹「クルマ押してもらったり、襲われそうになったら助けてもらうー」
すまんな、襲うのはたぶんオレだよ。


ふたたび前傾姿勢で発進…。
美樹「ね、修、どこ行きたい?」前方を凝視。
オレ「いや、むしろどこなら行けるんだよ…」←マジ不安。
美樹「バイパスの近くでなければ」←ホテル地帯か。
緊張しながらも、ムダ口きけるくらいだから、ま大丈夫か…。


緑系のチェックのノースリーブワンピに、白いアンサンブル?(カーディガン?)。
どうしたんだ、その萌えな組み合わせは。日焼け対策なのか…。
それより、赤い縁のメガネはどうだ…、南キャンの山ちゃん?
本仮屋+5kgというより、今でいうメイドに近いぞ。
しかし、見れば見るほどオレと同じ遺伝子はなさそうな肌だな…。
肩とか、鎖骨とか、首筋とか、爪とか、中学生で止まったのか?
でも、尻のデカさはやはり親戚だと思う。む、胸はこれから育てよう…。


1時間も走るとさすがに慣れてきたようで、CD掛ける。
他はラジオとMDだった。MDって多いのか?
ただ、CDは6枚掛かるのがついてた。
そして、美保(美樹姉)のCDが入りっぱなしだ。
オレンジレンジ→イマイチ。nobodyknows→心は躍るが気が散るらしい。
SMAP→オレ、高校で草○似と言われ以来、聞かない。
平原綾香→夏っぽくないが、癒される。今日はこれか?
Crystal Kay→美樹は恋におちたら∞リピートだ。
ほかにもCD発見。
たかじんも発見。美保はおっさんと付き合ってる?それとも大阪ではデフォ?
オレはたった一人のアンコールが聞ければ良いのだ。マイ母が好きなのだ。


漁港の食堂で天ぷら食った。安くてデカい。持ち帰り用の容器もある。
美樹「ぜったい太る―。太る―。」←完食だ。
近所の山にクルマで登る。えらいゆっくり。後ろの人ごめんなさい。
おー、なんかヤシとか生えてる。駐車場でクルマとめて、海とか見てみる。

美樹「ね、昨日起きてた?」
オレ「ん、まぁ。片付けとか、番長の処理とか…」
美樹「そっか。(偽)にもメールしたんだけど、返信ないし…」←あ、あんたか。
乳見ちゃったのと、触っちゃったのと、キスも事故といえば事故だ。
だが、一応簡単に報告しておこう。もう、偽倉科の暴走もないはずだし。

オレ「ごめん。(偽)がかなり酔って、キャンドルと別れた寂しさから、
   ちょっとだけ迫られました。が、無実です(たぶん)」

美樹「ふーん。ね、信用していい?」
オレ「信用してくれ。(たぶん、もうしません)」
美樹「わかった。貸しとく。こっちにいる間は言うこと聞くってことで。w」
美樹「お水」←自販機は砂利の駐車場の対角線100m先だ…。

しぶしぶ歩く。海近いし、崖も近いので風は強烈だ。砂っぽいよ。
戻ってくると美樹がトランクあけてなにやらゴソゴソ、CD交換してます。
中腰…。ありがとうワーゲン、今日は薄いグリーンのパンツだよ。
それにしても美樹のパンツはいつもカワイイ(そんなに見てないけど…)。
偽倉科はなぜ黒とか赤紫とか花柄なんだろうか…。とりあえず脳内念写。



美樹「凄いなー、アタシ。修乗せて走ってるよ。w」←オレ浪人中に免許取った。
美樹「こっちいる間はどこでも連れてってあげる。エライ?感謝する?
   何かごちそうしてくれる?」←さっき凄い量の天ぷら食ったろ。
それでメールは"楽しみに待ってるね♪"だったのか…。
オレ逆襲「愛してるんなら、むしろ運転手ってことで。www」
美樹「…、あっ、気づいた?…。へへへ」

オレ、気になって電車の中で残ってるメール全部チェックした。
本文に ---END--- がないのが何通かあったが、気づかず捨ててたかも…。
美樹「面と向かうと言えなくて…。でも、小さく発散っていうかさぁ…。おまじない」
かわいいな…。できるなら少しでいいから偽倉科に分けてやってくれ


幹線道路をなんとか走る。
美樹「ねぇねぇ、次どっち? 右折だよね、でも手前に高速の入口もあるよっ」
オレ「右折レーン怖かったら、越えてから左折、左折で戻れば?」
美樹「えええ、襲わない? 襲わない??」
オレ「いや、ホテルじゃないし…。w」
信号で停車。美樹が左手をハンドルから離して、小さく差し出す。
一瞬だけ手をつなぐと……、湿ってるよ。運転、緊張してたのね。

ちょっとだけ陽も暮れてきた。煌びやかな街道を走行中。
美樹「当分、まっすぐだよね? なんか街道恐怖症になりそうだよ…」
オレ「ま、とにかく左折だな。まずは左折だ。ww」
美樹「いやぁーー。トラウマになりそ…。それに運転してるとアタシが襲うみたいだし」
確かに。オレは昨日、襲われそうだったがな。
オレ「でも、この辺りなら家まで2、30分掛かるから、なにわナンバーでも大丈夫かも」
美樹「きゃーっ、うわーーん…。うわーーん……」←泣き笑い


ピッコピッコピッコ……

やるなアンタ、結局曲がるのかい。
ということで、またもや2人揃って人生初のラブホですよ。

この頃、お互いに興味はあったんだが、まだ上手くいかなかったんだよね…。
正直、潮とか69とか、完全に宇宙創成くらい縁のない感じでつた…。


あ、なんかキレイそうだな。とにかく駐車場に入る。
美樹「あぁぁ…。別に、エロモードとか、そんなんじゃないからね」←動揺。
美樹「駐車場せまっ。ね、降りて見てて」
オレ「ええええ…?」←実際はオレのほうがチキン。

オレ「右、右、右、右。いや、ちょっと左。も少し右。上、下。」
美樹「かわって。怒」
祖父さん家、畑もあるから(免許ないけど)オレ軽トラとか大丈夫。もち私有地内。
ワーゲンは人のなので、美樹運転で窓ごしに微調整。難しいな…。
隣のクルマに熟年さまのカップルが戻ってくる。オレ、気まずい。←チキン
美樹「こんばんは」←あほ。お隣、めちゃめちゃ気まずそうだぞ。
ともあれ、フロントに。



美樹「すごー。これ、何?押すの?触るの?」←部屋写真のパネル見て興奮。w
適当に触ったたら何か電気消えて、隣の窓から「ご休憩ですか?」で休憩決定。
部屋に入ると何かムーディな音楽が流れてた。おお、なんかスゲーな。
こうやってムード作るのね…。期待でご子息が半勃起…。美樹はと思ってみると…。

美樹「すごー。ね、コレ何? お風呂広いーっ。何これエロ―っ。キャー」←ムード無
嬉々としてお部屋を探検中のご様子。コレ何って、そりゃ、オレも分からんよ…。
なんか20分くらい、飽きずに探検してたよ。美樹、意外にエロ方面に強いかも。

オレ「そういや昨日、石川30とのっち15がオレの部屋で○○してた」
美樹「えー、意外。石川30は凄そうだね。アタシ、ムリ。で、覗いてたの? エロっ」
じつは石川30はうちのサークル随一、かつ唯一のエロ男で、オレの師匠でもある。
美樹「変なコト勉強しないでね。w で、ねぇ、一緒にお風呂入る? 混浴?」
というと、脱衣所に行って、なんかクシュクシュしたヘアバンドで髪をまとめる。


この時点で、チェックワンピ、メガネ、ヘアバンドでカチューシャ風になった美樹。
個人的なツボが一気に揃って、もう出そうだ…。かなり汁も出た。汚くてすまん。
たまらず脱衣所で後ろから抱きしめた。で、ちょっとだけスカートめくってみる。
同意のうえだが、スカートめくりは男の夢だ。
薄いグリーンのパンツのうえから、美樹の大事なところ触ろうとすると…
すまん、両手で全力で拒否られた。

美樹「修、お風呂行こっ。 んっ」というと、ちょっとだけ唇を前に突き出す。
キスすると、ホントに珍しく美樹からちょっとだけ舌を絡ませてくる。オレ、すでに前かがみ。

美樹「ね、脱がせて…」

おおおお、キタ―。ワンピ脱がす…。あれ、背中にチャックないよ?
あ、あれ? これ、どうやって脱がすの? Tシャツ風に一気に着るもんなの?
DTなんとか卒業、その後タイミングも悪くて2か月で、まだ片手くらい…。


美樹「あはは。w さ、脱がせられるかな? ん? ん?」←なぜか強気だ。
おれ、一気にワンピの裾もって、茶巾だっけ?にしよとすると…。
美樹「きゃー、違うっ。違うっ!」
正解は腕の下にも小さなチャックがついてて、それも降ろすんだって…。
そんなもんオレ、分からんもん。難しいね、女の子の服…。再びDT気分…。

美樹「お湯入れてくる」
パンツとブラだけになると、早くもバスタオル巻いてるよ…。
なんか勝ち誇りながら、広い湯船にお湯入れに行きました。
その間にベット周辺でコンドウ様を探す。あった2個。でも、あと残り2時間。

美樹「ジャグジーだよ!電気も付くよ!シャワー浴びたら呼ぶねー」←研究熱心。
洗いっこは、まだまだお預けのようです…。こういう時って無理やり行くべきか?
美樹「いいよー。 あと、お水も持ってきてねー」←小さく女王様

ま、完全に勃ってるんですが、まだ照れくさくて片手で抑えながら入場。

美樹「あのさ、それってさ、おおきくなると、しゅっって戻らないの?」←研究熱心
オレ「いや、そんなに自在じゃない」一応、答えつつ、汗と砂ぼこりを流す。
ブクブクブクブク…。「キャー」 ゴゴゴゴ。「キャー」 後ろで女王遊んでる…。

オレ「すまん、オレも参加していい? 」
湯船に入るとと、美樹は湯船のなかで女の子座り。おれ、あぐらで向かい会う。
なんかお風呂で向かい会わせって、緊張。
突然、無言で美樹が両手を伸ばして、オレのほうに抱きついてくる…。キス。
オレは両手で背中をなでる、泡のモト(何ていうの?)も入ってて、一層すべすべ。
相変わらず、大きくない胸、小さめの乳首がオレの胸に触れる。

で、美樹の腕はオレの背中を……、を何故かスルーして、右手で壁のスイッチオン!
ゴゴゴゴゴ…、ドドドーッ。オレの脇腹と尻穴付近から激流発生。

美樹「あははははっ! 」
どうやら研究成果を試したかったらしい。少し萎える。

研究成果に少しだけ満足した美樹だが、オレは色んな意味で満足していない。
そこでオレがとった行動は…、まずオレがその場で180度回転して壁に向かう。
図解すると大体こんな感じだ↓




     ___________
     |                |
 壁  |  美→ 浴槽 オレ→  |壁
___|                 |スイッチ___

        洗い場

すまん、ズレた。こんなだ。力説するほどではないが…。


別にオレの尻穴を美樹に見せるとか、後ろから突いてくれとか高度な技ではない。
図解するほどのことではないのだが、オレも初ジャクジーを楽しみたかっただけだ。

ピッ「あ、浴槽に電気ついた」、ピッ"ドドドド"「あ、泡っぽい」、ピッ"ドドドド"「強か」
美樹「ね、ね、面白いでしょ」
オレ「ああ」←激流がオレのご子息にあたり、すこし気持ちいい。

もはや会話そのものは、こんな感じだったはずだ、というほど適当だが激しく無駄に時間を消費してしまったことだけは良く覚えている。
(すでに、当時の行動に基づいた妄想も入っているが…)

まだ、満足の足りない女王はオレの背中に密着、おんぶ状態でスイッチに触る。
Cマイナスサイズの程よい胸がオレの背中にあっているのだが、感触はない。
たぶん、これが偽倉科の胸ならば、確実に感触があるはずだ。
オレは美乳派だが、一度大きな胸を知ってしまうと、こんな時は寂しい。


再びもぞもぞと180度回転すると、スイッチ操作に専念する美樹の胸が眼前にあった。
ということで、眼前にあるピンク色の2つのスイッチを弄ってみる。

美樹「きゃっ」
そして、両手でおっぱい弄り…。さわさわ…、ふるふる…。
ついでに、乳首に口をあてて、舌で転がしてみると、少しづつ乳首が硬くなるのが分かる。

美樹「あっ…、ぁぁ…、……はぁぁ…」
どうやら、胸はそうとう弱いようだ。調子に乗って攻め続けると、頬が赤くなる。
基本、強気な美樹だが、エッチなると恥ずかしいのか、息をころす感じ。
まだまだ初々しい美樹の反応を見ていると、偽倉科だったらどうなんだ?どんなエッチなんだ?という妄想も…。


美樹、ふたたび女の子座りに。オレ、体育座りな感じに戻る。
すこーし感じた自分が恥ずかしいのか、美樹は目線あわせない。
イケる!直観したオレは美樹の手をとり、ご子息へ…。
無言でゆっくりと手を動かしながら、美樹はうつむく。カワイイやつだ。
っていうか、その頃は"口で"とか、どういう流れなら持ち込めるのか分からんかった。
これはお互い新品、かつ捨てるのが遅かった、ってのの弊害か…。

【他サイトの若妻やエッチなOL、淫乱ナースの卑猥な体験談】
・完全オリジナルの体験談です(姉妹ブログ含)
・2017年度 寝取られ動画、同人作品ランキング!
・姉さん女房の妻に、友人とのセックスをお願いした結果2
・奇跡的に付き合ってくれた自慢の彼女が、処女は他の人に奪ってもらうと言った完
・個人経営の塾で、妻が身体をご褒美にして生徒の成績を上げていました
・合格のご褒美に何でもしてくれると言った嫁を他人に抱かせた4
・出張から3ヶ月ぶりに帰ると、嫁が優しく淫乱に変わっていた2
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声
 
『妻とSEXしてもらえませんか?』駐車場で通りすがりの人にお願いしたw

人気記事ランキング


    子供嫌いなクール系人妻綾香さん、エロ○○の寝取りセックスにハマってしまう
     
    連休中に帰省した妻の妹とカラダの関係を持っちゃって…