大学の時、某進学塾でバイトをしてました。
俺レベルでもできた塾なので、素晴らしき塾だったと思う。
1年の時から2年間働いていて、時給も良かったし辞めたくなかったんですけどね。
就活と卒論の為に已む無く辞める事になりました。

最後の1年間は中学生と高校生の授業を受け持っていて、高3の授業は最悪でした。
頭のよわぁ~いギャル系の子が数名いて、こいつらがホントに頂けない。
意味すら分からないような質問してくるし、からかうような事も普通に言ってきてましたから。
女子○生になんて興味の無かった俺は、イラつきながらも真面目にやってました。

バイトを辞めて就活や卒論に専念し、やっと落ち着いたのは10月頃。
うっ憤を晴らすように遊びまくり、友達の誘いで出会い系までやり始めていました。
バイト代がかなり残っていたのでそれはもう楽しい時期でしたね。

かなり女の子とも出会えて、それなりにオイシイ思いもできていました。
ある時新しい出会い系サイトを使い始めた頃、大学1年という女の子からメールがきました。
ぶっちゃけていうと¥絡みの誘いです。
面白かったので事情を聞いてみると、かなり切羽詰まっているという。
約束してた男にもドタキャンされるし、親に内緒で学生ローンとかにも手を出しちゃってるとかね。

そりゃ~風俗でも行けば?と言ってみたんだけど、それはそれで嫌とか抜かす。
じゃ写メ見てから決めたいからっていうと、セクシーショット連発の写メを送ってくれた。
乳輪を手で隠した写メでは、自慢の巨乳がボロンと出てるし。
しかも水着の跡が残っててかなりエロい。
巨乳だけど垂れてないし太って無いから!と痩せてるアピール写メも送ってくれた。
確かに腰にはクビレがあり、脚も細くて綺麗だった。

写メを見た感じだと体つきは素晴らしい。だけど問題は顔でしょ。
だから目は隠してもイイから、顔の写メ送ってよとお願いしてみた。
ウケたのはデカいサングラスの写メを送ってきやがって、何調子に乗ってんの?みたいなノリw
でも自分で言うように悪くはなさそう。
これも何かの縁?!と思って会ってみる事にした。
凄い嬉しかったのか、逃したくなかったのか。
「アタシ舐めるの得意だから」とか「ご奉仕します」とかアピりまくりだった。
世も末だねぇ~と待ち合わせ場所へ行くと、既に女の子がキョロキョロして待ってた。
もう着くけどってメールしたら、待ってる事と着ている服の色を教えてきた。

やっぱりアレだなぁ~と近付いて行って「おぃ~っす!」と声を掛けて絶句。
正確には「おぃ~っ・・・・」みたいな感じだったと思う。
相手も「あっ!」という笑顔から「えっ・・・」という絶句。
そりゃそうだ、なんせ塾で騒ぎまくってたギャルの1人だったんだもんw
「お前・・・・」
「マジかよ・・・・」
「はぁ・・・・」
「さいあく・・・・」
お互いに溜息と愚痴しか出てこない。
交番の横で待ち合わせしてたから「円光してんじゃねーよ!」なんて言えないしね。

「俺帰るから・・・ほいじゃ」
ドッと押し寄せる疲労感を引きずりつつ、駅に向かって歩き出しました。
ホント最悪だよなと己のアホさ加減に溜息しか出ません。
グダグダと歩いていると、いきなり後ろから右腕を掴まれました。
ビックリして振り向くと、ギャルのマイが腕を掴んでいました。
焦ったしビックリしてたから「なっんだよっ!」とキョドりまくりでした。
「なんで帰るのよ」
「なんでって、お前だからに決まってんだろ」
「約束したじゃん」
「そんなの関係ねーだろ」
「もうバレちゃったんだからイイよ別に」
「はぁ?」

駅前で女の子に腕を掴まれてモメてると相当目立ちます。
だからビル下まで連れて行ってしばらく軽い言い合いをしてた。
マイは強気だったんだけど次第に諦め始めたらしく、お願いだからとまで言い出す始末。
お願いされてもあぁ~と思ったが、改めてマイを見ていると生唾もんだった。
男を意識してだろうけど胸元ザックリ開けてて、谷間がぶるるんと丸見え。

昔よりもメイクはナチュラルになったみたいで、知り合いじゃなければ十分可愛いと断言できるレベル。
終いには「お願いします」とまで言い出すもんだから、S心が刺激されちゃってねw
渋々って態度で付き合う事にした。
ぶっちゃけ腕を絡められただけで、巨乳の肉感を感じて勃起し始めてたんだけどねw

ここからは夢といかフィクションという解釈でお願いします。

ホテルに入ってさっそく催促してくるから、逃げるんだろ?みたいな事を言ってやった。
確かめるだけ!持って無かったら最悪だからと抜け抜けシャーシャーというマイ。
見せてやると安心したのか、上着を脱いでキャミ1枚に。

なんとなく恥ずかしい気分だったから、いっしょにシャワー浴びる事にした。
風俗とかと同じような進行の方が、気分的に割り切れるような気がしたから。
マイが先に入りすぐに俺が後を追った。

ちょうどシャワーを浴びてる最中で、全裸の後ろ姿もヤバいくらいエロい。
お互いに照れながらも洗いっこして、マイは器用にチンコをシコシコ洗ってくれた。
「お前そうとう慣れてんな?」
「んな事ねーよ」
「相変わらず言葉遣い悪いな・・・」
「うるせー」
口は悪いけど手コキは抜群w

ドMだったら凄い楽しいのかもとか思いながら、全身を洗ってもらった。
マイは頼んでもいないのに、シャワーで泡を洗い流した後しゃがんでフェラをし始めた。
フェラ好きってのはあながち・・・と思うほど、丁寧だし舌もよく動くフェラ。
「脚広げてオナりながらしゃぶってよ」
「何言ってんの、超キモいんだけど」
「キモくてもイイから早くヤレって」
「もぉ・・・・」
嫌々ながらもフェラしながら自分のマンコを触り出すマイ。
案外言えばヤルんじゃんね!と思いながら、そのエロい光景を見降ろしてた。
「んっふぅっ・・・」
とかチンコを口の中に入れながら喘ぐし、ちゃんとオナニーでも気持ち良くなってたみたい。
指で触ってるとこを足の指で突くと、潤んだ目で「んん~~~」と見上げてきた。
こいつ・・・Mっ気ありありじゃん!とその時思ったんです。
だから足の指でグイグイとマイの指を突きまくりました。
俺がそうやってイジめればイジめるほど、フェラに集中するんです。

夢中になってしゃぶりまくるって感じでしょうかね。
このままフェラでイカされても勿体ないと思ったので、もう一回シャワーで流して全裸のままベッドへ連れて行きました。
俺が仰向けに寝て「どうぞ」っていうと、チッと舌打ちしながら俺の上に乗ってきました。
驚いたのはマイがそのまま俺にキスしてきた事です。
乳首舐めとかするかな?ぐらいに思ってたんですけど。
まるでホントに風俗だなと思いながら、舌を絡めて身を任せていました。

まだ若干の照れがあるのか、チロチロと舐めてくるようなキス。
そのまま胸を舐められたり耳も舐めてきたりで、こいつ風俗で働いてたんじゃ?と疑いたくもなりました。
やっとチンコを舐め始めたので、俺は四つん這いをリクエスト。
四つん這いになってフリフリしている巨乳と、クイッと上げたケツを見ながらフェラを堪能しました。
「お前ホントは風俗で働いてたんじゃね?」
「なんでよ!」
「動きがまるで風俗嬢だぞ」
「へぇ~~風俗とか行くんだ」
「最近は行かないけどな」
そんな会話をしながら眺める腰のラインは最高でした。
だからやっぱりまた「オナニー」のリクエストです。
四つん這いのままフェラしつつオナニーするってのは、やっぱり最高ですね。
嫌々言いつつちゃんとオナるマイを見て、やっぱりイジめてみたくなるもんです。

頭を掴んでイラマチオぎみにやってみました。
そしたらマイは嫌がってチンコを口から離すかと思いきや、「んぐんぐんっっ」と言いながらなすがまま。
しかもオナニーもしているという完全にドMらしき行動。
調子に乗って激しく頭を振ってやった。
さすがに「おえっ」となったらしく、むせながらチンコを離してきた。
「ちょっとぉ~~~~っ!」
軽くキレ気味かと思いきや、少し嬉しそうで恥ずかしそうな顔してやがった。
病気は怖いからゴムつけてまずは正常位。

初めは軽くゆっくり動いてたんだけど、揺れる巨乳と苦しそうな顔を見ててまたSっ気がw
いきなりガッツンガツン腰を振りまくり、巨乳を鷲掴みにして強めに押し潰すように揉んだ。
これがまたM心を刺激したのか、苦悶の表情が「んあぁぁぁぁぁっっっ!!!」と喘ぎ出す。
そのままキスをして強引に激しく舌を口の中に入れると、これまた必死に舌をベロンベロンと絡ませてくる。
激しくキスをしたまま腰を振りまくると、マイは俺の首に腕を絡めてきやがった。

勝ったな・・・と自己満に浸りつつ腰を振りまくり。
恥ずかしいといっていた騎乗位で、腰を掴んで強引に腰を動かした時も良かった。
何が恥ずかしいんだよ!と途中で思うほど、勝手に腰は動かすし喘ぎまくりだったから。
乳首を強めに摘まんでグイングイン振り回すと、痛い痛い!と言いつつ喘ぎまくり。
どんだけMなんだよと噴き出しそうになるが、見上げるスタイルの良さに感無量だった。

バックで子宮を亀頭で狙い打ちしてやると、あんあん喘いでたのが「んぉぉんぉぉっ」みたいな声になって。
枕に顔を押し付けながら勝手に昇天しちゃったんです。
イク!とか言わないから分からなかったんだけど、直後にマンコの中や太ももに異変があって気が付いた。
まずマンコだが、入口がビビビッと動きながら締め付けてきたんです。
太ももは完全にプルった状態になっていて、痙攣というよりはプルプルしてる感じ。
もしかしてイッたのかなと思いながら、亀頭で子宮をグリグリやってたんだ。
そしたら脱力したかと思った瞬間、吠えるような姿勢になって顔を上げ、「んんがぁぁっっっ!!!」と変な声出しちゃって。
さすがにこれは怖かったw
狂ったのかと思って思わずチンコを抜いたぐらい怖かったww

抜いた途端にうつ伏せに倒れ込んじゃって、ケツがピクピクなってた。
俺に叩かれたケツが赤くなってて、背中は汗でビッチョリ。
ちなみに俺のチンコには、マイの白濁色の汁がベットリついてた。
「おい・・・だいじょうぶか?」と声を掛けてみたが反応なし。
「おい・・・おい・・・」と揺さぶったが反応なし。
猛烈にビビりました。
「おいっ!おいっっ!」と強めに肩を揺さぶりました。
そしたら「んあぁぁぁぁ・・・」と声を出しながら、虚ろな目で振り向いてきたんです。

生涯初の失神だったらしいw
つ~か俺も失神なんてされたの初めてだしww
こんな姿見たら一気に萎えるってなもんです。
だから煙草を吸ってコーヒー飲みながら、マイが復活するのを待ってました。
素っ裸でうつ伏せのまま寝ている姿は、過去に付き合ってきた元カノなんて比べ物にならない。
曲線美だなぁ~と1人で堪能してました。

結局1時間ぐらいしてもダメだというので、また会うという条件で前払いしておきました。
フリータイム終わるから急げよ!と急かしてるのに、足に力が入らないとかウダウダいう始末。
やっとホテル出たのに「これじゃ帰れない」とか文句いうので、仕方なくカラオケへ連れて行った。
1時間以上も横になってて、その後は俺とのセックスの感想を聞かされてた。
今まで6人の男とセックスしてきてるけど、失神したのは勿論初めてで、あんなに感じたのも初めてらしい。
なんであんなに上手いの?と聞かれたが、そんな事歴代の彼女に言われた事すらないし。
知らねーよ!と答えていたが、途中で何となく分かってきた。

マイは見た目は普通に可愛いから、男たちが丁寧に扱うんだと思う。
優しく接して優しいセックス。嫌がるような事はしない。
俺の場合はそんなもん関係無く、頭掴んだりケツ引っ叩いたりしてたし。
だからドMのマイは脳内がスパークしたんじゃないかと。
でもそんな分析は言わなかったけどねw

カラオケ代まで俺持ちだったから、今度はたっぷりサービスしろよな!と言っておいた。
多分だけど、マイも俺としたかったんじゃないかと思うw
それから1週間も経たないうちにメールがあって、次はいつがイイ?とか聞いてきてたし。
2週間後ぐらいに会ってまたセックスしたんだけど、その時も失神寸前だったみたい。
気が付いて途中でヤメたから、意識はぶっ飛ばなかったらしい。
乳首摘ままれて引っ張られて、オマンコオマンコを連呼し、最後は口に出してやった。

という夢(フィクション)を見たという解釈でお願いします。

生意気な態度をとったりするけど、なんだかんだ言いつつ俺には素直な態度に変わっていってた。
友達に頼まれてマイの学校の子たちと合コンしたりもしたし、セックスもそれ以降何度もしたし。
もちろん無料ですよww
就職してからの女子大生との合コン伝手として、マイは良く頑張ってくれました。
そのお礼は「失神寸前のセックス」だったし、毎回俺の精子も飲むようになってたしね。
何度か彼氏にバレそうになって、修羅場覚悟の時もあったけど・・・

可愛い女の子ってのはもしかしたら・・・そんな悩みを抱えてたりするのかもね。
マイはその後も彼氏とは優しいセックスしかしてないって言ってた。
そこに可愛い女たちの攻略ポイントがあったりしてw
駄文な上に長文でスマンかった。これで終わります。

・2016年下期 寝取られ系作品ランキング!
・妻を友人に撮影させているうちに、スワッピングへの扉が開いた4
・フェラが下手な嫁に、風俗で働いてみたら? と言った結果2
・俺の目を盗んで、隙あればハメてしまう嫁と友人
・EDになった私を、NTRで治療する会社の後輩
・私より稼ぐ妻に、射精管理をされています
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声
 
 カレとの約束2


奥様でしたら今頃…若い男達とガンガンにセックス
 
 目の前で僕の彼女を寝取ってくれませんか?

人気記事ランキング