約6年前なので、38歳の時の事になります。
会社の同僚で同じ歳のS子さん。
私は既婚で彼女は未婚。
彼氏とは前の年に別れた未練を引きずっていたのですが、それを断ち切るためか私に近づいてきました。
でも、仕事の同僚。
仕事の後の一杯を最初は数人で行っていたのですが、何度かそう言う事を繰り返しているうちにいつの間にか2人で夕飯を取る様になっていました。
その日は、彼女が「六本木に行ってみたい料理屋さんがあるの」との事で会社帰りに寄る事に・・・
お酒の強い彼女ですが、結構なハイペースで焼酎をロックでガンガンと飲み始めるではないですか。
わたし、お酒は普通程度にしか飲まないので「これだけ飲んで大丈夫なの?」と思うくらい。
食事の終わり頃には、トイレから戻ってきた彼女は座ってる私に後ろから抱きついて、
「さぁ、お店出ようっ!」
 
店から出て、秋風に吹かれながらふらふら歩いていると、いきなり彼女が私の肘につかまって。
肘の固さとは反対に小ぶりで柔らかい彼女の胸が感じられる。
私より20cmくらい低い彼女の視線が私を見上げている。
化粧直しで塗りなおされた艶のある濡れた様にみえるルージュを見ていたら。
いつの間にか路上で彼女の唇を感じていました。
最初はフレンチに。

だんだんとお互いの舌が絡まり・・・
ちょっと離れたところに建物の1階が駐車場になっているところがあり、そこへどちらから言い出すわけでも無く吸い込まれ。
人の目が無くなった事と、ひょっとしたら見られているかも知れない外の喧騒が聞こえる状態でスカートをたくし上げる。
彼女の吐息も荒くなり、たくし上げたスカートの下のストッキングの上から臀部をなでる様に、そしてつかみあげる様に時々荒々しく愛撫しながら耳たぶを甘噛みで刺激すると「うっ・・」と声が漏れる。

そして彼女から「胸を触って、、右の乳首が感じるの・・・」
白いブラウスのボタンを外してわざとブラの上から小ぶりな乳房をもみしだき、乳首への接触はじらす。
彼女は我慢できず、自らブラをずらして私の指を乳首へいざなう。
ゆっくりとコリコリに立った乳首の先を指先で愛でる様に刺激し、彼女の嗚咽にも似た声を楽しんだ後、舌と前歯でその乳首を転がす。
それと同時に自分でもいつの間にどうやって脱がせたのか分からないが、ストッキングが既に片方の足首に丸まっていた。
彼女のデルタゾーンはその三角の布の上からでも湿り気を帯びている事が分かるくらいに熱くなってる。

小さなその布をずらし、湿ったクレヴァスへ先程乳首を攻めた指を滑らせる。
食事をしている時に最近よく冗談めいた口調で
「naoはさぁ、ピアノ弾くんでしょ?ピアノ弾く人の指って綺麗だし、あれも上手なんじゃないの?」
なんて、下ネタを言っていたのは、どうやらこう言う事を期待していたのか。
決して強くは触らず、触れる様に、そして軽く表面を叩くように割れ目の中のつぼみへ刺激を与える。
蜜壺から蜜はあふれ出し、その粘着性の高そうな白濁色の愛液を感じる頃には、3番と4番の運指に入っていた。
並べた真ん中日本の指は蜜壺の奥に辿りつき、軽く恥骨側へカーブさせて、その壁面にあるちょっとザラついた部分を軽く叩くように刺激を与えるとS子は私の頭を上からがっしりと掴んでくる。
立っている足の指はぎゅーっと結ばれ力が入っているのがわかる。
ここでいったんお預け。

キスをしながら「私にもして」と彼女の手を私の分身へ。
上半身のはだけた彼女がそれを直すことも無くしゃがみこみ、私のズボンのファスナーを下す。
手を入れて、もう完全体に近い硬度となった肉棒をファスナーの穴から無理矢理出されてしまう。
少し痛かったが、私自身も協力してズボンは下さず、あくまでもファスナーから突き出だ肉棒にしゃぶりつきたいS子の要望を飲んだ。
キノコの傘の裏側に入念なそして執拗な刺激を与えてくるS子。
その度にビクんと腰を引いて「うっ」と声が出てしまう自分がいる。

彼女の頭を、髪の毛を両手に感じながら私の肉棒をくねくねと頭を動かしながらしきりに刺激を与え続けている姿に異様な興奮を覚える。
わたし「そろそろいい?」
S子 「うん」
と言って、S子は立ち上がり後ろを向いて腰を付きだす。
わたし「ゴム、持ってないよ」
S子 「大丈夫、私ピル飲んでるから」
そして、彼女の蜜壺に私のモノをゆっくりと突き刺す。
柔らかく温かいヒダのある肉壁に粘着度の高い白濁液で絡められながら、押し込んでいく。
妻との生での行為は下の子の妊娠の時以来なので、数年ぶりの生挿入となる。
物凄い気持ち良さで脳細胞の新たなシナプスが誕生して行くのが自分でも理解出来るほどだ。
車のトランクに両手を付いたS子を後ろから突き刺している姿が隣の車の窓に映っている。
激しく突き動かすほどに背中を弓なりにするS子。

左腕を左手で掴み、顔をこちらに向かせてお互いの舌を絡ませる。
より激しく肉壁の気持ち良さを感じていると、小さい子供の握力くらいの力で私自身が握り込まれていくのを感じる。物凄い快楽だ。
思わず私は「もうだめだ。出そうだよ」と言うと
S子は「うん。イって。あたしの中にイって」
その後の2サイクルくらいの運動で絶頂に達し、優しく包まれた肉壁の中へ私の液体が睾丸から収縮されてポンプの様に注入されていくのを感じた。
彼女も膝をガクガクさせながら私の左腕をしっかりとつかんでいる。

しばらくその状態で言葉も無くキスをして見つめ合い、身体を離した。
彼女の内股に流れ出る物をティッシュで拭きとってあげた。
そして正気に戻った私達。
S子は、「やぁだぁ~、あたし殆ど裸じゃない~っ」と笑顔。
バックからハンカチを出して私の分身を綺麗にぬぐってくれて、亀頭に軽くキスをしてくれた。
私はズボンのファスナー周りが白濁液で汚れており、鞄で隠しながら電車に乗って帰る事となった。
その後もS子とは、何度か外でしています。

【他サイトの若妻やエッチなOL、淫乱ナースの卑猥な体験談】
・完全オリジナルの体験談です(姉妹ブログ含)
・2017年度 寝取られ動画、同人作品ランキング!
・嫁が子作りを始めたいと言ってきたので、寝取られ性癖を告白した6
・恥ずかしがりで清楚な嫁が、調教されて鈴の音でイク女に変えられていました4
・少女のように純真な嫁が、お尻丸出しでソファで失神していた
・妻が追突事故を起こしたことで、ヤクザの真珠入に狂うことになりました
・姉さん女房の妻に、友人とのセックスをお願いした結果4
 
寝取られ願望がある旦那様に内緒で奥様は中出し出来るのか?

人気記事ランキング


    チャラ男に寝取られ ルート2 Vol.4
     
    実話再現NTRドラマ 夫の連れ子に知られた妻の秘密 再婚妻翌日ネトラレ