私は某デパートの社員で地下の売り場を担当をしている頃(2年前)の話を告白しましょう
当時私は27歳で 売り場の副責任者をやっていました
ご存知の通り パートの女性がたくさんいます
主婦・バチイチ・女子高校生等色々います

ある日 仲のいい お寿司売り場の前で
パートの女性達4人が 温泉に行く話しをしてました

俺「どこの温泉行くんですか?」
主婦1「女4人で伊豆の温泉に1泊で行くんです」
俺「温泉好きなんですか?」
主婦2「好きですよ イイところ知ってるんです」
俺「混浴とかですか?」
主婦2「混浴とかもありますよ」とみんなで盛り上がっていました
主婦1「一緒に行きます?」と冗談っぽく聞かれたので
俺「ヒマだし もう何年も温泉行ってないから行こうかなぁ」

という事で5人で行く事になりました

部屋を2部屋 予約して
車はワゴン車を俺が運転していく事で決定しました
女性4人は
主婦1=31歳既婚子供ナシ
主婦2=4?歳既婚大きい子有り
主婦3=35歳くらい子供1人
バツイチ=38歳子供ナシ
お昼に駅前で待ち合わせ
伊豆に向かいました

夕方5時頃 伊豆のとある旅館に到着し
チェックインを済ませ
俺は1人で部屋に 女性は4人で1部屋で隣同士の部屋でした

夕食は6時半とゆう事で
とりあえず風呂に入りに行きました
そこは 露天風呂を含めて8ケ所くらいありました

俺はとりあえず男湯に入りました
混浴もあると聞いて楽しみにして行ったんですが
時間制で 混浴を楽しむ事は出来ませんでしたが・・・

風呂を出て 部屋に戻ると
俺の部屋には食事が5人分用意してありました

宴会開始です。
普段仕事中 下ネタ等は出来る仲でしたが
一緒に飲みに行った事はありませんでした

風呂あがりの女性達は全員浴衣で歳の割りには色っぽく
「俺ってハーレムだな」と冗談などで盛り上がり
ビール・日本酒・ワインと凄い勢いで酒がなくなって行きます

みんな酔っぱらい
浴衣のすそからパンティーとか見えると
「パンツまる見えだよ」と俺が教えてやると
「いいじゃん 減るもんじゃないし」などと盛り上がりまくりました

10時ちかくなると
主婦1と主婦2は飲みすぎで気持ち悪くなったらしく
「部屋に戻る」と言って出て行ってしまいました

俺の部屋には
主婦3の35歳の女性とバツイチ女性と3人になりました

俺「まだ飲める?」と聞くと
2人は「まだまだ平気よ〜」とかなり酔った様子で言ったので
もう少し飲む事になりました

主婦3さん は浴衣はめくれ上がり パンツまる出しでしたが
全然気にならない様子です

俺もトランクスのパンツが見えたらしく
「横チン出てるよ」と言われましたが出てませんでした
ほっきり言って 色っぽいとは思いましたが
性欲がわくわけでもなく パンツなんて気にならなくなってました

少しすると
俺も運転疲れと酒で少し眠たくなってきたので
「少し横になるね」と言って隣の和室のフトンで横になりました
バツイチさんが
「運転疲れたでしょ 少しマッサージしてあげるよ」と優しい言葉
うつぶせになり 背中を押してもらいました

しかし力が弱く マッサージにならないので
「背中に座ってもう少し強く押してくれない?」とお願いすると
浴衣を少しめくって またがってくれました

なにげなく
隣の部屋を見ると主婦3さんは その場で寝むってしまいました
浴衣をめくりあげた バツイチさんの足は細く白く
そして背中に バツイチさんのあそこの
あたたかい温もりを感じた

その瞬間 なぜか急に不思議とムラムラっと来てしまいました
「ありがとう 楽になったよ〜 あと足だけもんでくれない?」と
お願いすると 快く「いいよ」と言ってくれたので
仰向けになりました

はっきり言ってマッサージ自体は気持ち良くありませんでした
足の裏から始まり
ふくらはぎ そしていよいよ 太ももに来る頃には
俺のチンポは全開バリバリに勃っていました

その時点では 勃っている事に気がついていないようでしたが
太ももを もむ為に俺の浴衣をめくると
一瞬 手が止まったので その時点で気がつかれたのでしょう

しかし そのまま気づかぬフリをしながら
太ももを もみ続けてくれました

「みんな大丈夫かなぁ」とか「温泉っていいね」などと
世間話しをしながら気を紛らわせていましたが
勃起はおさまりません

バツイチさんの手が 太ももの付け根あたりに来た時
おそらく偶然?俺のカチカチのチンポに手があたって
しまいました

「やだ〜勃ってるの?」とニコニコしながら言いました
「ゴメンネ だって気持ちイイし 色っぽいんだもん」と言うと
バツイチさんは 指でパンツの上から デコピンのように
「ピンピン」言いながら指ではじき
また マッサージを始めました

俺は無意識に バツイチさんの足をそっと撫ぜていました
足先から 太ももを撫ぜながら
「今度は俺がお礼にマッサージしてあげる」と言うと
「痛がりだから あんまり力入れないでね」と言いながら
フトンに横になりました

「足をもんであげるから 仰向けに寝て」と言うと
バツイチさんは
浴衣を直し 仰向けになりました

足の裏を軽く押してあげると
「気持ちいい」と言ったので
足の裏からふくらはぎを浴衣の上から軽くもんでやりました

バツイチさんの浴衣は少しはだけて 白いブラジャーが少し見えます
俺の気持ちはすでに「ヤリたい」って気持ちに変わっていたと思います

「太ももを軽くもんであげるね」と言いながら
浴衣を少しパンティがギリギリ見えない程度にめくり
軽くもみました

バツイチさんを見ると目を閉じていました
俺は指を足の付け根まで持って行き
さらに浴衣を少しめくりました

すると
白のパンティのあそこの部分が ナント少し濡れていました
顔を見ると目を強くつぶっています

俺は無言で指をパンティの上から あそこを触ると
「う・・・」と声が出ました
指で優しくパンティの上から愛撫していると
シミは見る見る広がってきます

「パンツ脱ぐ?」と聞くと 「○○さん起きちゃう・・・」と
隣で寝ている主婦3さんの事を気にしています

「あれだけ飲んでるし 起きないよ」と言うと
「暗くして・・・」と言われたので部屋の電気を豆球にしました

そっとパンティを脱がし浴衣は着たまま ブラジャーは付けたままの
状態になりました

俺は浴衣は着ていました
バツイチさんは下半身だけ裸です

俺は指でクリあたりを 優しく何回も触るたびに
「あ〜ん」「う〜ん」と声を出しますが
隣で寝てる主婦3さんが起きないように
マクラを噛んでいます

その姿が みょうにカワイイくさらにイジリたくさせます
すでに フトンにまで愛液で濡れるころ
指を入れました

するとバツイチさんは俺の カチカチになったチンポを
パンツの上からこすります
俺もとりあえず パンツだけ脱ぐと同時に
いきなり咥えてきました

全てマジです

メチャクチャ うまいフェラでした
俺は「気持ちイイ」と言いながら
俺は指で激しく出し入れ バツイチさんは感じるたびに
口が止まるので 度合いが良くわかります

小さい声で「入れて」「でも中には出さないで」と言いました
俺が上になり そっと入れると「あ〜〜」と大きい声です

突きまくると「あ〜ん気持ちイイ」と声は大きくなります

すると
なんと横で寝ていた主婦3さんが「う〜ん」と言いながら
目を覚ましました

俺はあわてて抜きました
バツイチさんも 慌てて浴衣を直しながら寝たフリです
お互いのパンツはフトンの下に隠しました

主婦3さんは フラフラしながらこっちへ来ると
「○○さん寝ちゃったの〜?」と聞かれたので
「うん 寝たから電気消して フトンかけてあげるところ」と言うと
主婦3さんが
「私も寝るから 私の部屋に連れて行って・・・」と言うので
さっさと連れて行って寝かせて
早く続きをしようと思い「はい 行きましょう」と
肩を貸して女性部屋に連れて行きました

部屋に入ると
先に帰って寝ているハズの2人が居ません
「あれ あの2人はどこ行った?」と言いながら
まぁいいかと フトンに寝かせようとした瞬間
主婦3さんが「ありがと」と言いながら
いきなり俺のチンポを握ってきました

「あれ なんでパンツはいてないの?」と言いながら
チンポを離しません
俺はさっきの余韻もあってか すぐさま勃ってしまいました
「若いってイイね すぐ大きくなるしぃ」と言いながら
俺の浴衣のオビをほどこうとしました

俺は「マズイっすよ〜」と言いましたが
主婦3さん「横になって気持ちイイ事してあげる」と言われたので
横になりました

オビはほどかれ浴衣のソデは通ったまま
裸で仰向けに寝かされ
主婦3さんも あっとゆう間に全裸になりました

はっきり言って 頭おかしいのかなぁと思うくらい
行動は大胆で積極的です
主婦3さんは俺の上に乗り乳首を吸ったり舐めたりしながら
手コキしています

あとから聞いた話しだと
今回の旅行が決まった時から女性4人の中で
主婦3さんが「俺とヤりたい」と公言していたそうです

主婦3さんは俺の乳首を 舐めまくり
あまりの気持ち良さに「イっちゃうよ・・」と言うと
「ダメ まだイっちゃダメ」と言って手を離すと
69の体勢になり 俺のチンポを咥えました

俺の目の前には主婦3さんの あそこ
俺は あんまりクンニが好きではありません

しかし 雰囲気と主婦3さんの勢いは やらざる得ない状況だったので
少し黒いビラビラを指で広げ
大きめのクリを 少し指でなでると
咥えていた口を離し「あ〜〜〜」と感じまくってます

最初は嫌でしたが 幸いにも匂いもキツクないので
舌でチロチロしてあげました

しばらく 俺の方がサービスしてあげると
もう 湧き出てくるくらい濡れまくり
「入れてい〜い」と主婦3さんが聞いてきたので
女性上位の体勢で入れました

激しく腰を使うので イきそうになったので
「ダメだ・・・イクよ 抜いて」と言うと
「まだダメ〜イっちゃだめ〜」とまた言われましたが
もう限界です

「本当にダメだ 中で出ちゃうよ」と言うと
「今日は 中で出しても 大丈夫」と言うと同時に俺は果てました
しかし主婦3さんは それでもまだ しばらく腰を使い続け
あえぎまくってました

主婦3さんも イったようで ビクッビクッと体がしてました
抜くと俺のチンポを口でていねいにキレイに
最後の1滴まで 吸いだしていただきました

「みんなが戻って来るとヤバイね」と言いながら
俺は部屋に戻りました
すると さっきまで居たバツイチさんが居ません

探しに行こうとは思いましたが
性欲的にも満足し疲れと酒で 一気に睡魔が襲ってきたので
寝てしまいました

気がつくと朝でした
朝食を食べながら
主婦3さんは何もなかった様な顔で「おはよう!」言っています
自分でも夕べの出来事は夢のようでした

後日聞いた話しのよると あの旅行は女4人で ハメずす為の
ヤリ旅行だったようです

最初に消えた主婦2人は1階のスナックで知り合ったオヤジ3人組と
バツイチさんも加わって
オヤジの部屋で ヤったらしいです

俺は1晩で2人のおまんこに突っ込めて最高でした
それ以来 俺は今の職場が大好きです

【若妻や幼妻、エッチなOL、淫乱ナースの卑猥な体験談】
・完全オリジナルの体験談です(姉妹ブログ含)
・寝取られ系作品(動画・同人)ランキング!
・寝取られ性癖の夫のため、ナンパされてハメ撮りを繰り返す主婦2
・友達の婚活の手伝いで、ランチ合コンに参加した主婦が堕ちた楽園
・取引先の社長から黒人の男の子を預かった結果、妻が寝取られました3
・不妊治療をあきらめた嫁は、私の兄に受精を託しました
・嫁の初恋の相手に嫉妬して、他の男とデートさせるようになったら寝取られました7
 
上品で清楚な奥様が旦那の目の前で他人棒を挿入され快楽の虜に

人気記事ランキング

    トラックバック