すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

私の勤めている会社にパートの事務員としてやって来たのが優子さんでした。
明るい性格ですぐに会社の雰囲気にも溶け込み、机を並べて仕事をする私とも気が合いプライベートな話題も会話するのに時間はかかりませんでした。
話をしていて驚いたことに優子さんは私の3歳上の姉と中学の時の同級生だと判り、一層親しくなっていきました。
優子さんは28歳で結婚して4年経つそうでしたが子供はいないとのことでした。
【続きを読む】

「少し、やつれたかしら……」

優良は、鏡に映る自分の顔をのぞきこんだ。

夏の昼下がり、寝室の鏡台には、浴衣姿の優良が映っている。

紺の浴衣をぱりっと着込み、長い髪はうしろにまとめあげられている。

おろしたての浴衣の襟元からは、成熟した女の色気が立ち上ってくるようだ。
【続きを読む】

昨年夏に、夏休みを利用しバンコクに行った。学生時代から行き慣れた土地なので一人で行っても十分に楽しめる。
6日間の日程の二日目夜に、ご飯を食べて、クラブでも行こうかと思い、バックパッカーが集まる通りへ向かった。
【続きを読む】

週2回のペースで丸一年、ハプニングバーに通ってみて、たくさんのことを体験した。
幸せな日もあったし、そうでない日もあった。
それでも通い続けたのは、初めの日が刺激的すぎたからだと思う。
まずはその日のことを体験談として書いておきたい。
【続きを読む】

最近、私は友人2人と温泉旅行に出かけて来ました。
友人の千佳さんが旅行にでも行きたいね!と言い出したのが始まりです。

私達3人は同い年で、子供が同級生だった事もあり、仲良くなりました。
千佳さん31歳は、小学5年と3年のお子さんがいます。
もう1人奈々子さんも31歳で、小学5年のお子さん、そして私も5年と4年の小学生の母です。
【続きを読む】

幼稚園は違ったのですが小学校で子供が同じクラスになってはじめてあいさつをした同じマンションの二階上に住む奥さんは小柄なのですがムチムチしていていつもどこか肌が露出している 服を着ています。 決して美人と言うのではないですが可愛い奥さんです。身長は本人曰く150センチだそうですが150センチはないと思います。 【続きを読む】

この前の週末、友達カップルとスワッピングみたいになった。友達カップルの男の方は、俺の高校からの友人で秀夫と言う。親友と呼べる仲だ。秀夫の彼女は麻美ちゃん。大学で秀夫と出会って付き合い始めた。

秀夫はそれほど男前ではないが、もの凄く気の良い男で、誰でも好感を持つタイプだ。ずっとラグビーをやっていたので、ガタイはとにかくいい。麻美ちゃんは、秀夫と並んでいると子供に見えるくらい小柄で、ロリキャラという感じだ。胸もぺったんこで、ツインテールがよく似合う感じだ。でも、見た目に反して、けっこう毒舌で下ネタ好きなのが面白いなと思う。

そして俺は、まったく特徴のない脇役タイプの男だ。中肉中背で、なんでもそれなりに器用にこなす方だ。
最後に、俺の彼女の志保は、肩までの黒髪がとても綺麗で、眼鏡がよく似合う真面目な雰囲気の女の子だ。でも、真面目な雰囲気に似つかわしくない巨乳で、エッチが大好きという、男の願望を具現化したようなキャラだ。 
【続きを読む】

31歳のOLです。
実家から電車で3駅のマンションに一人で暮らしています。
ただ、お給料が安いので、週末になると実家に帰り、親のすねをかじっています。

日曜日の夜、家族で夕食を食べ、お風呂に入った後でマンションに帰るのですが、弟が家にいる時は車で送ってもらいます。
【続きを読む】

田舎のスポーツジムでバイトしてて、プールの担当をしてました。
と言っても、プロでも体育会水泳部でもない俺は、インストラクターじゃなくて裏方。
窓口事務とか施設の掃除とか道具の出し入れとか、言ってしまえば雑用係。
うちのクラブには競技会に出るような本格的な奴もいたが、日中は基本的に年寄りと主婦や熟女、それから妊婦とか乳幼児向けの教室が中心。
【続きを読む】

実は…私は今妊娠しています。
もう妊娠して7カ月半が経ちます。
でもお腹の中にいるのは主人の子ではありません。
そのことについて今日はお話ししたいと思います。
私は一時期ピルを飲んでいない時期がありました。
【続きを読む】

前回の話

嫁にペニスを踏まれながら射精してしまった私は、自分でも驚いていた。
『すっご〜い。踏んだだけで出ちゃうの? 本当に、ド変態になっちゃったんだね』
嫁は、つま先でグリグリとペニスを踏みながら言う。私は、ゴメンと言うことしか出来ない。私の両手には、嫁の膣から流れ出たザーメンが溜まったままだ。聞くまでもなく、達也のザーメンだと思う。

『どう? 達也くんの濃いでしょ?』
私の手の平の上のザーメンを、人差し指でかき混ぜながら言う嫁。確かに、見るからに粘度が高そうだ。
『パパの薄目の精液と違って、こんなだよ』
【続きを読む】

母が40歳、僕が16歳の頃、父は単身赴任で東北地方に転勤になりました。

夏のある日、夕方学校から帰ってくると、仕事を終えた母が台所で料理をしていました。
いつも僕はふざけて母の腰を掴み、わざと股間を擦りつけたりしてからかっていました。
大抵は「こら!やめなさい!」と笑って言われておしまいなのです。
【続きを読む】

私は、45歳の公務員、妻は2歳年下の43歳、サキ(仮名)、子供は22歳の社会人と20歳の大学生がいる。子供は、都内の会社と大学に各々がアパートを借りて住んでいる。
私は、昨年夏から8年ぶりの単身赴任。自宅には、妻のサキが一人で暮らしている状況だ。

私の住まいに月1回、妻は訪れ洗濯や掃除をしてくれている。私も2ヶ月に1回は、自宅に帰るようにしているが、日常の疲労から夜の仕事は、半年に一回程度になってしまっていいた。
【続きを読む】

年末に会社の忘年会が有ったんですけど、先輩の家から俺の家まで車で10分位だから最初から俺が送って行くって話になってたんですけど、忘年会終わってからスナック行ってセクキャバ2時位まで飲んでました。

先輩はベロベロの酔っ払って、まぁ、俺も大概飲んでましたけど・・・帰る事になりました。家に着いたら奥さんが出てきて「祐二君(俺)、いつもごめんな~!」って謝ってたんです。

だけど先輩が「おい!祐二!!明日休みやろ!家で飲みなおすぞ!」って事で先輩と奥さんと3人でコタツに入って飲んでました。
【続きを読む】

旦那しか男を知らない人妻を犯す事に非常に興奮する。しかもだんなや子供に罪悪感を感じながら、徐々に快感に染まっていく女の気持ちをかんじとるのが非常に好きだ。
たぶん、私と私の妻の両方が童貞、処女カップルだったから妻と他の人妻を重ね合わせているのかもしれない。

俺はかなりの寝とられ好きだが、他の人妻を寝とりその気持の変化をみるのがたまらなく好きなんだ。もちろん、旦那しかしらなくてしかも初めて他の男としようっていう人妻を見つけるのは難しい。俺もこれまでに3人しか会ったことがないが、その中でも最も興奮した最初の人妻の話をしようと思う。
【続きを読む】

仕事の疲れを癒すために近所の健康ランドに本日行ってきました。

日曜ということもあり、まあ混んでいること混んでいること…

子連れも多く、大きなお風呂をプール代わりに遊んでいる子も多くいました。 ジャグジーにつかりまったりしていると、お父さんに連れられた姉妹が入ってきました。
【続きを読む】

このページのトップヘ