すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

    保育園送迎バス運転手をしている。
    送迎の合間には園内の雑草取りや、事務作業など自由と言えば自由だが、仕事量が多い。

    午前作業を終えて昼ご飯を食べると眠くなる。
    だから仮眠室で休憩をとる。
    このタイミングは子供たちがお昼寝に入る時間と重ねないと、うるさくて眠れない。
    【続きを読む】

    オレは22歳、ルックスはイケメンだが、短小で早漏という欠点があるんだ。
    (皮は剥けている!)
    だから女の子とエッチまでは割りと簡単にいけるんだけど、その後が続かない。
    オレの勃起したスモールチンコを見て、あからさまに「ちっちゃい!」って言う女の子もいたし、「エッ、もう出たの?」って言われたのは1回だけではない。

    オレの従妹に、理香ちゃんという小学校5年生の女の子がいる。
    この夏休みに理香ちゃんがオレの家に泊まりで遊びに来た時の話なんだけど。
    【続きを読む】

    東京は新宿にある、某人妻風俗店での事。雑誌などにも紹介がある為、何も期待でずに店内へ。

    入り口で写真を見せて貰い、普通の主婦っぽいM嬢を指名。時間は一番長いコースを選択。

    待合室で待つ事数分。通路にM嬢の足元が、カーテンの切れ目から覗いています。

    手を引かれて、個室へ。薄暗い通路を歩いて行くと、個室の中からはそれと分かる声があちこちから聞こえて来ます。

    部屋に入って、まじまじと顔を見ると、写真よりも若々しい顔。しかも、胸はDカップ以上の巨乳。
    【続きを読む】

    前回の話

    「ちょっ、なんでお前まで?」
    達也はびっくりした声で言う。私は、自分でも驚いていた。一切手を触れていないのに、私はパンツの中で射精してしまった。
    『パパ!? イッちゃったの?』
    心美は、口の端に達也のザーメンを付着したまま聞いてくる。私は、前回に引き続いての失態に、顔を赤くしながら口ごもってしまった。
    【続きを読む】

    デカい声じゃ言えないけど、俺は金貸しみたいな事をしている。と言っても、手広くやってるわけじゃなくて、パチンコ屋でそこそこ顔見知りになった主婦に貸すという、闇金まがいのやり方だ。

    始めたきっかけは、顔見知りになった主婦に、援交みたいなことを持ちかけられた事だ。その時の彼女は、朝からGAROに熱くなり、10万以上溶かして泣きついてきた。俺は、すぐにOKを出し、その足でホテルに行って5万渡した。5万は多すぎると思われるだろうけど、俺は逆に10万勝っていたし、その主婦はかなりの上玉だったからだ。
    【続きを読む】

    8年前のことです。
    エチオピアに仕事で8ヶ月滞在した時に出会った、17歳のエチオピア美人の娘と子供を作った話です。

    エチオピアはコーヒーで有名ですね。
    エチオピアは美人が多い国でも有名ですよ。

    エチオピアのアディスアベバの会社で働いていた17歳のガネットちゃん。
    【続きを読む】

    会社の10歳上の46才の人妻とW不倫していました。

    一日の中で一番長い時間接するということもあり、お互い心引かれていきました。

    何度かのドライブの後抱き締めてキスをしました。

    その後しばらく彼女はSEXを拒んでいましたが半ば強引にSEXにこぎつけました。
    【続きを読む】

    高校2年の夏休みのこと。
    我が部は普段休みが1日もなく厳しいことで有名だったが、その夏休みだけはたった一日だけ部活が休みの日があった。
    なんでもその日は教師の研修会があるとかで、学校には職員が誰一人来ないので、生徒は登校禁止になったのだ。
    【続きを読む】

    私はいわゆる寝取られ好きっていうか、妄想して興奮するのが好きなんですね。
    しかし、実際に自分が親友に妻を寝取られるなんて思ってもみなかったです。

    事が起こったのは先週金曜。
    大学時代の友人2人と飲みに行った帰りに、どうしてもと言うので家に寄った時の話です。
    【続きを読む】

    妹の由美香にオナホールでオナニーしてもらったことをコクった兄貴です。 
    由美香にしばらくオナホールオナニーをしてもらってましたが、2か月半前に由美香の生ホールに射精してしまいました。 
    それからはオナホールの手コキと由美香の狭い生ホールを交互に楽しんでるどうしようもない兄貴です。

    「兄ちゃん溜まってるでしょ?抜こうか?」 
    「うん。抜いてくれぇ。我慢できないわな。」 
    「うん。じゃあ今日はさ、こっちのホール使う?これ兄ちゃんの一番のお気に入りだしね。 
    たくさんだしちゃおうね。」 
    5個あるホールから1個選んできた。 
    【続きを読む】

    このページのトップヘ