すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

今年の夏、僕は童貞を卒業することが出来た。
高2になって、友達の中でも童貞を卒業するヤツがチラホラ出てきた。そんな中、キスはおろかデートすらしたことがない僕は、少し焦っていた。

彼女もいないし、このままではみんなに取り残されてしまう……。そんな風に思っていた。それが今年の夏、一気に全て経験出来た。相手は、僕の住んでるマンションの、隣の部屋のかおりさんだった。

続きを読む

私は痴漢ではありません。
数年前までは自分で痴漢もしていましたが、今は痴漢をされて乱れる女性を見て楽しむ視漢です。

そんなわたしが最近目を付けているのが、JR中央線の通勤特快で見かける二十歳過ぎの女性。
ぱっと見はそれほど美人ではないのですが、よく見ると結構整った顔立ちをしています。
【続きを読む】

私がスポーツクラブで、インストラクターをやっていた時の体験談です。

私は32歳で既婚でしたが、学生時代からずっとエアロビをやっていたこともあり、結婚後でも、空いた時間を利用して教えていました。

ある大雨の日でした。

生徒は3人だけで、レッスン終了後はおばさん2人はすぐ帰りました。

ところが、脂ぎった太った40くらいの中年のおじさん(体型は長州小力さんのような…以下小力)がこっちへ来て、「どうしても体が固く、柔らかくなりたいので教えて欲しい」と言うのです。
【続きを読む】

あれは、中学二年生の時のある小春日和というには暑すぎるくらいの日だった。
その日は、学校の創立記念日で友達と朝から野球をしていた。
中三の姉も同じく友達とテニスに行くと言っていた。

夕方近くに帰ってきた俺が、すぐに風呂に入ろうと服を脱いでいると、
「ただいまー」と聞こえたので姉も帰ってきたらしい。
【続きを読む】

『あなた、お疲れ様。今日はどうしますか?』
妻の涼子が、少し恥ずかしそうに聞いてくる。私は、毎週金曜日のお約束に、すでに興奮して勃起していた。私が、お願いするよと声をかけると、涼子は私に覆い被さるようにしてキスをしてきた。

小ぶりな舌が私の口をこじ開け、口内に侵入してくる。荒い息遣いでキスをしてくる涼子に、私は激しく興奮していた。私の方からも舌を絡め、彼女の小柄な身体を抱きしめる。
【続きを読む】

『パパ、寝たよ。ゴメンね、遅くなっちゃって。じゃあ、行ってくるね』
妻のまさみが、少し申し訳なさそうに言ってくる。今日は、珍しく息子がぐずり、なかなか寝なかった。でも、母乳をあげると比較的すぐに寝てくれたみたいだ。まだ、1歳にもなっていない息子は、時折夜泣きをしたりすることもあるが、母乳をあげると大抵は収まる。

【続きを読む】

アブノーマルな寝取られ体験談、痴漢、人妻、男の娘など、オリジナルの体験談を多数紹介しています。

・僕が結婚をためらう理由は、地元のイヤラシいしきたりのせいです
・嫁が子作りを始めたいと言ってきたので、寝取られ性癖を告白した
・親友が、新婚の若妻を抱いてくれと言ってきた・妻のまりやが、フィスト狂いだった
・旦那ラブの牝犬をダブルフィスト調教した

・アナニーにはまったら、黒人まで行ってしまった

・セフレの若妻にアナルの快感を仕込まれた

・幼馴染みにフェラの練習させてと言われた3 バッドエンドルート

・彼氏の目の前で、初々しい彼女の処女をもらっちゃったw

・旦那の目の前でウェディングドレス姿の嫁さんに種付けしてあげた

・おじさん二人に3日間監禁されて牝の喜びを教えられた

・やりきれるの? 縦セタママとためちゃう息子

・部下の嫁に罠をかけて巨根で堕としてみた

・彼氏のいる純朴なJKをケツ穴奴隷にした記録

・万引き少女とそのママと仲良くなった件(双子の弟ともw)

・図書館で出会った驚くほどの美少女に、テーブルの下でお口でしてもらった

私。フツメン…だと思います。 当時童貞 身長は高め やや細め。
 美樹。かなり可愛いです、菅野美穂に似てる 165cmくらいで細い 処女でした。
 私と美樹が付き合い始めたのは、大学での生活にも慣れてきた六月のことでした。
 ゼミの中でもなんとなく仲のいいグループのようなものができてきて、7、8人でカラオケに行って少し遅めの親睦会のようなものをやったんです。
【続きを読む】

会社の飲み会の帰りのこと。帰る方向が同じだということもあり、同僚の貴子さんを送っていくことになりました。
 
私は下戸で飲めないので車で来ていました。帰りの車内、貴子さんは酔いのせいもあるのか、話しながら私の体をポンポンとしながら上機嫌でした。
【続きを読む】

私は海の近くに住んでいます。
毎年、夏休みに入ると大勢の海水浴客が来て、いつもは静かな街ですが夏のシーズンだけは賑わうんです。

私は43歳のバツイチで、去年の夏休みに海の近くの居酒屋で大学生と仲良くなりました。
彼は都内の大学に通っているそうで、夏休みになると毎年海の家でアルバイトしているらしく、バイト帰りに友達と飲みに来たと言っていました。
【続きを読む】

『あなた、お帰りなさい。契約はどうだった?』
帰宅するなり、妻の由貴が心配そうな顔で聞いてきた。いつもニコニコと笑っている由貴がそんな表情をしていると、僕が何かしでかしたわけでもないのに申し訳ない気持ちになってしまう。

上手くいったよと答えると、彼女はすぐに笑顔になった。そして、由貴は安心したように、
『良かった。お疲れ様。お腹すいてるでしょ? ご飯食べよっか』
と言いながら、僕のカバンを受け取ってくれた。

【続きを読む】

嫁の麻友と結婚して、2年ほど経った頃から子作りを始めました。30前には生みたいと思っていましたが、当時まだ26才だったので、余裕だろうなと思っていました。
ただ、1年経ってもまったくできる気配がなく、なんとなくしていたセックスを、ちゃんと排卵周期を意識してするようになりました。
それから1年経ってもできず、さすがにおかしいなと思い始めました。ただ、なかなか不妊治療には踏み込めず、そこからさらに1年経過してしまい、あと1年で30才になるという焦りも後押しになり、クリニックを訪れることになりました。
【続きを読む】

20年の別荘暮らしが始まったから、暇つぶしにまた書いてみた。

この前書いたみたいに、彼氏の目の前でムリ打ちして、今までにない興奮を知った俺は、完全に狙いが変わった。

彼氏の目の前で犯す快感は、支配欲とか征服欲(一緒か?)が満たされた。
アレから2回、彼氏付きの女を彼氏の目の前でムリ打ちしたけど、やっぱり最高だった。

続きを読む

大学を卒業後、Uターン就職してすぐに付き合った2歳年下の前カノ。
小柄でショートカットが可愛い女の子だったけど、かなりエロかった。
21歳だったけど女子高生みたいにベビーフェイスで、でも男はとっくに知っていて、セックス大好きな女の子だった。
【続きを読む】

この話はもうかなり前の話で恐縮ですが、書いてみたいと思います。
私達夫婦は独身時代から、当時のテレクラで知り合った単独男性と3Pを楽しんだり、あるマンションのカップルラウンジ等で遊んでいました。
その後、結婚をしましたが、当時まだ子供の居なかった私達は二人で温泉旅行に行き、混浴温泉等で刺激を楽しんでいました。  【続きを読む】

このページのトップヘ