すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

都内で一人暮らしをしてた俺の部屋に、部屋を借りるまでの約束で姉が転がり込んできたのがきっかけだった。

7畳の1K住まいに姉とふたり。しかも実家感覚で暮らしてやがるから、山本梓に似た姉がシャワー上りに下着姿でくつろぎやがる。もう、目の毒。そりゃ性欲もつのるってもんですよ。
【続きを読む】

妻が「スワッピングって興味ある?」とベッドの中で聞いてきた。

どう答えていいかわからないから迷っていると、「友達のU子が旦那に半分騙されてしたんだって。私はあなたが他の人とするのは嫌よ、言い出さないでね」と言われた。
内心ホッしたような残念なような気持ちでいたら「でも、奥さんだけが他の人に抱かれて、それで興奮した旦那が前よりも奥さんを愛したっていうパターンもあるんでしょ?それには興味あるわね」と話題を変えてきた。
【続きを読む】

夏休み、家には自分ひとり。

暇つぶしにお隣さんを除いてみたら亜樹さんがパンツだけ脱いでバイブでオナってました。

亜樹さんは30歳で綺麗な奥さんでした。

普段は大人しく内気な人だなと思っていたらこんな一面があったとは。
【続きを読む】

数年前のGWの話だ。
俺は某大学病院勤めの外科系医師。
GWは独身の若手はバイト病院で日当直をやるのが当たり前だった。
俺は某病院で朝までの当直を終え、日中はフリー、夜から明け方まで趣味の釣りに行く予定だった。
【続きを読む】

ある芸能人の追っかけをしてた時、彼らの泊まるホテルを知ってるよ、と言う30代の男性に捕まり、
当時どーしても知りたかった私は、その日の午前中に呼び出され、車に乗るとラブホテルに。

当時、21で処女だったので怖いのもあったが、情報は知りたい。
覚悟を決めて部屋に入った。
【続きを読む】

昨日仕事の後輩と人妻風俗行って来ました。 
とりあえずその店は初だったのでパネルみてエロい感じの嬢をチョイス。 
後輩とべしゃりが盛り上がってたのでその時は気づいてなかったんだが、嬢と対面したときに嬢があきらかにきょどっていて全く目を合わさない。 
まぁ恥ずかしがり屋さんね、と思い個室へ。 
【続きを読む】

私は、20代前半で結婚して5年目になりますが、まだ子供は居ません。
そんな私が初めての不倫を経験することになったのは、よくあるパターンかもしれませんが、中学のクラス会がきっかけでした。
高校のクラス会は何度かあったのですが、中学のクラス会は短大に入りたての頃に一度あっただけで、久しぶりでした。 【続きを読む】

来月、僕は5才上の父方の従姉と結婚式をあげます。
近親婚だけど、法律的には認められている。

サリー姉ちゃんとは小さいころから、姉弟みたいに仲良かったのです。
夏休みになると叔母(父の姉)の家に遊びに行ってました。
サリー姉ちゃんに会えるのが楽しみで、嬉しくて!
【続きを読む】

私は56歳、主人は58歳の二人暮らしです。
夫婦の営みは少なく多くて月に2回が限度、主人は弱いようですが外に女が居るそうです。
昨年私も不倫して一年足らずに、十数回初老の方とお遊びを致しましたが、余りにも心優しい方で情が移るのが怖くなり、お別れをしたのです。
【続きを読む】

こないだバイト先の人とエッチしちゃいました。
相手は3つ年上でお兄ちゃんの様に慕ってるKちゃん。
Kちゃんとは普段からかなり仲良しで一緒に帰ったり飲みに行ったりしてて、Kちゃんには同棲してる彼女がいて、あたしにも彼氏がいるんだけど2人共そんなの関係ない、て感じでほんとの兄弟みたいにいつもじゃれあってた。
【続きを読む】

当時職場で、そこそこ可愛くて性格もとても優しく、人を疑う事を全く知らなそうなFさんって娘がいました。
いつしか仲良くなり、何回かデートもしてキスくらいは普通にし合う仲だったんですが、キッチリ付き合ってはなく曖昧な関係が続いていました。
【続きを読む】

大学の新歓コンパで仲良くなった大学の男のイケメン先輩二人と、自分と女友達で2対2で朝まで飲んだ時お持ち帰りされちゃった。

けっこう酔っ払ってて、朝お店が閉まる時間になって、みんな自分ちまで帰るのがめんどくさくて女友達の家に行くことになった。 

友達の家について、女友達は自分の部屋だからとベッドで眠りだし、ひとりの先輩はソファ、私ともう一人の先輩は床に雑魚寝。
【続きを読む】

大学の頃、一人暮らしをしてる文化住宅に男友達とその彼女が予告もなくやってきた。
結構夜遅くておれは晩飯を済ませ、AVでも見て一発抜こうと思ってるときだったので、ビデオデッキにはレンタル店で借りてきたエロビデオが入った状態だった。

二人は既に酔っており、かなりハイな状態。
楽しそうにいちゃついておれは出す物出せずやや不機嫌な状態だった。
【続きを読む】

このページのトップヘ