すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

    先日横浜からいつものように電車に乗ろうと改札に行くと、どう見ても中学生、それも修学旅行生という男女あわせて十数人の集団を見かけました。

    その子達はどの路線に乗ればいいのかもわからないようで右往左往しているので、ちょっと離れたところから様子を伺うこと十分(そのぐらいの田舎者集団でした)、
    【続きを読む】

    昔の話。高校退学になった事件・・・
    ある日、同じ高校の知らない女子等の会話がたまたま聞こえてしまった。

    痴漢にあっても声を出せなくて我慢しているという内容だった。
    被害者の女子が南沢奈央似だったので南としよう。
    ある日、朝の通学の電車で南と偶々一緒の車両になった。
    【続きを読む】

    私は、一年前から母と肉体関係が始まりました。
    私は幼いころに父を亡くして、ずっと母と二人で暮らしだったのですが、それまでは母を女性としてみる事など一度もありませんでした。

    母の年令は49歳で、ずっと化粧品の訪問販売をしています。
    学生の頃、友達がよく家に遊びにきて、お前の母さん奇麗でいいなと言っていましたが、たしかに同年の人よりは、ずっと若く見えます。
    【続きを読む】

    41歳の自営業です。結婚17年目で一つ年下40歳の妻がいます。
    若い時は抜群のプロポーションで外を歩けば振り返る男が多数いる事が鼻高々でした。

    笑顔が柔らかくいつもニコニコしているのがとても愛らしい妻です。
    今では出産も経験し、少しぽっちゃりとなりましたが、それでも私の中では最高の女だと自負しています。
    見た目は小島聖さんに雰囲気が似ていると思っています。
    【続きを読む】

    私は55歳で地方の食品卸会社で営業を長年やっています。
    妻は47歳で職場結婚して子供は4人です。

    長男、長女は既に独立しておりますし次男と三男は大学生で家を離れています。
    長男が大学に進学すると言いだしてから妻も仕事に出るようになり夜のほうも少なくなりましたが、今でも明るく元気な妻のことを愛しています。
    【続きを読む】

    これは兄嫁の話です。

    自分が大学を卒業後、仕事に就き始めた頃、自分の兄が結婚しました。
    自分のたった1人の兄弟だったので、まるで自分の事かのように喜んでいました。

    兄の結婚相手は凄く綺麗な人で、北川景子さんにかなり似ている人でした。
    あんないい結婚相手見つけて、羨ましいな~なんて思っていました。
    【続きを読む】

    俺は25歳になって会社をクビになり、それから定職に就かず代行運転のバイトに就いています。
    1人暮らしをしているから親にはバレていない。

    ただ、兄嫁にはバレて内緒にしてもらっています。
    代行運転のバイトは夜9時から朝方まで、俺はいつも夕方まで寝ています。
    【続きを読む】

    俺、24歳で社会人2年目の時。付き合ってた彼女は双子だった。
    19歳の大学1年生で俺が学生の時に所属していたサークルの後輩だった。

    そんなマナカナ似の仲の良い双子姉妹の姉のマナ(仮名)と付き合っていた。二人の外見はホントにソックリで、違いはセミロングの姉マナ、ショートカットの妹カナ(仮名)の違い位だ。
    【続きを読む】

    九州でよしえに会って大分時間が経ちました。
    よしえは、40代の既婚者です。
    小柄で痩せ型なのであまり目立たない感じですがかわいい感じです。
    もともとの出会いはメールです。
    メールのやりとりが長くなると必ず?逢う事になるのか平日の午前中に逢う事になりました。
    【続きを読む】

    僕の叔母は50歳を越えていますが、とても綺麗な人です。
    夫である彼女の叔父は3年前に亡くなりました。

    叔母は僕の母の姉ですが、子供が居ないので僕にはとても優しくしてくれました。
    ある家族旅行の時、叔母は一人身なので、我が家の家族として、一緒に温泉旅館に、ついてきました。
    【続きを読む】

    20代の頃、日本からかなり離れた国で駐在員をしてた。
    中小企業なんで、事務所に常駐してるのは基本的に俺1人。
    人と会うときは事務所に置いてあるスーツに着替えるが、急な来客はめったにないんで、普段はかなりラフな格好で仕事してた。
    【続きを読む】

    この間の連休の出来事
    マンションの管理人でもないのに、駐車場の草むしりしてるおばちゃんがいたので、あやしんで、「暑いですね。」と声をかけると下の階の住人でした。
    普段顔を合わしたことのない人だったので、面識がなく挨拶して初めて互いに住人同士だと気が付いた。
    【続きを読む】

    このページのトップヘ