すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

私(幸恵:45歳)は義父(68歳)に犯されました。 
夫(45歳)は土建業で営業課長をしており、出張も多く休日も会社に出る事が多かったんです。 
息子(22歳)は大学に進学と同時に家を出て1人暮らしをしています。 
そんな訳で、家には義父と私の2人で過ごす事が多かったんです。  【続きを読む】

元旦、元カノに中出ししてやりました。
正月休みに元カノの今日子(22才)から電話があり会う事に。
今日子の今の彼氏は正月帰省してきた友達と遊びに行ったとのことでした。
飲みに行き、ほろ酔い気分の今日子が私の股間をテーブルの下からまさぐり始めました。 【続きを読む】

「一緒にご飯を食べよう」って約束していた女友達から、「残業で遅くなるから」とドタキャンされ、せっかくの金曜日にすぐに家に帰るのも悲しいからって、そのまま私は街をブラつく事にした。
 
すると、ふと目に留まった映画館。アクション映画が上映されてるらしい。

普段はあんまり見ないアクション物だけど、なんとなく見てみることにした。
【続きを読む】

細かい内容は覚えていないけど、ヒロインがヒーローのライバルと結ばれてしまうRPGゲームをして、その時にやたらと興奮したのが僕の寝取られ性癖の始まりだったと思う。それ以来、ジャンルを問わず、寝取られものをおかずにしてきた。最近では、”NTR使える寝取られサイト”や”凄く抜ける寝取られ体験談や萌えた体験談”と言った、寝取られ体験談系のサイトをよく見るようになっていた。AVやエロマンガもよく見るし、寝取られ系のゲームもするが、テキストだけの方が想像が広がるからだ。

そんな僕にも、やっと恋人が出来た。大学3年になるまで、一度も女性と交際したことがなかった僕だけど、やっと出来た恋人のすずは、僕にはもったいないような可愛らしい女の子だった。
【続きを読む】

自宅のポストへ過去数回にわたり届けられたDVD・・・ 
それらのラベルの真っ白いDVD-ROMには何も記載されていませんでした。
その中身というのは観ていられないほど激しく、残忍なほどの輪姦映像で、数名のヤクザ風の男たちによって生肉の便所にされている女はまさしく私の妻(当時28歳)でした。 【続きを読む】

・マンネリ気味の嫁に、温泉宿で性感マッサージを受けさせてみた
・働けなくなった僕の代りに、嫁がレンタル妻を始めました
・嫁がナンパされたことに嫉妬した結果、パート先の共有物になりました
・真面目な営業さんとミニスカの嫁を二人きりにしてみた
・不妊に効くと噂のマッサージを受けた嫁が、敏感な身体になって帰ってきた
・酔い潰れた僕に隠れて、嫁に手コキを教えるアイツ
・大好きな嫁が他の男に抱かれる姿を見たくなった僕は
・妻が意外に乗り気で寝取られプレイに同意してくれました
・一人でホテルに泊まったら、カップルの男の子に声をかけられました
・目隠しした妻に内緒でディルドを入れたら、違うものも入れることになった
・おっぱいパブに行ったことが嫁にばれて、寝取られ生活が始まりました
【続きを読む】

人妻というものは実際相当なもので、大半は変態な人が多いと思います。私は現在、1人の人妻を交際しています。そもそも、私の精力が絶倫過ぎて妻が私を満足させてくれないからです。毎晩、私が妻を抱いていても、射精するまでに妻は相当回数逝ってしまう為、私は射精することなく妻がダウンしてしまうから、私の方が欲求不満となってしまったのです。 【続きを読む】

もう数年前の金曜日。仕事が終わるのが遅くなり、終電さえなくなりました。

ビジネスホテルは満室。カプセルホテルは以前オカマに掘られそうになった事wで、少々トラウマがあます。

ネットカフェで始発を待つ事にしました。
【続きを読む】

自分には、きっかけは忘れたが寝取られ性癖がある。いつの頃からかも定かではないが、大学生の頃にはそんな性癖に気がついていたと思う。

でも、歴代の彼女達には言えず、妄想の中だけで終わっていた。そんな性癖があっても、いざ実際に自分の彼女を他人に抱かせるのは、かなりハードルが高いと思う。

社会人になり、嫁の美冬と結婚し、すぐに子供も出来てセックスの回数が減り、寝取られ性癖のことも忘れていた頃、久しぶりに大学の頃の友人と再会した。
【続きを読む】

”生意気な嫁、しつけ致します”
ネットでそんなサイトを見つけた。興味本位で読み進めていくと、勝ち気で生意気な人妻が、貞淑で三つ指を突いてお出迎えをするようになるようだ。
私は、鼻で笑ってしまった。そんなのは、あり得ないと思ったからだ。

うちの嫁も、かなり鬼嫁だ。いくら生意気で勝ち気でも、本当にケンカをすれば男が勝つ。普通はそうだと思う。でも、うちの嫁は柔術の茶帯なので、本当のケンカになっても絶対に勝てないと思う。
そして私は、嫁に完全に尻に敷かれている。嫁の性格は、基本的に優しくて善良だと思う。でも、子育て方法でよく炎上しているバイオリニストの女性のような感じで、サバサバしているを通り越えて男前な感じだ。
【続きを読む】

 ボクは小学校の頃はいじめられっ子だった。理由はボクのオチンチンがでかすぎて気持ち悪いとの事であった。小6の夏休みには入る少し前に自分をいじめていた奴に呼び止められて、近所にあるラブホテルだった廃屋に連れて行かれた。そこには5人の女性がいた。女子高生らしい美人でナイスバディの黒ギャルと白ギャルが4人。そして、異様に体のでかいリーダーらしいゴリラみたいなブスデカ女がいた。 
「こいつが例のデカチンかい」 
とゴリラ女がいうと奴は頷いた。 
【続きを読む】

前回の話

射精しながら、必死で声を抑える僕。画面の中では、まだ嫁が直人とキスを続けている。僕は、まさかここまでエスカレートしてしまうなんて思っていなかった。

『やっぱり、凄いんだね。こんなの、初めてだよ』
嫁は、直人にそんなことを言う。
「でしょ? 一回経験すると、このサイズじゃないと物足りなくなるって言われるよ」
直人は、自信に満ちた口調で言う。
【続きを読む】

私は43歳の未婚の男です。
30歳の時、交通事故で車椅子生活になってしまいました。
膝から下が動きません。
通勤、仕事は電動車椅子で移動してます。
こんな体だから付き合ってくれる女性もなく、ましてやセックスしたくても風俗に行けるわけもないですし。
3ヶ月前から、妹の由香里と同居になりました。
【続きを読む】

僕は19歳の大学生で、それなりに名の通った大学に通っているせいで、家庭教師のバイトでけっこう稼げている。お金にも多少余裕があるので、なんとか彼女を作ろうと毎日必死だった。中高と進学校に行っていて、勉強ばかりで女性と付き合ったことはおろか、デートすらしたことがない僕は、当然まだ童貞だった。

でも、コンパに行っても凄く緊張してしまう僕は、デートの約束どころか、連絡先の交換すら出来ない有様だった。
【続きを読む】

僕は30歳の事務職の中堅企業の会社員。ここではカツという名前にしておきます。結婚4年目です。妻は26歳(ここでは美香としておきます)、結構美人で本人は否定しますが、顔はアイドルグループ少女時代のジェシカに似ていると思います。身長162センチ、89、60、87のサイズ。 【続きを読む】

このページのトップヘ