すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

    高校1年の時の話です。 
    当時、僕は幼なじみのレイコと半分付き合っている様な状態でした。 
    告白はしていなかったけど、しょっちゅうデートをしたり、お互いの部屋に行き来したり・・・。 
    少なくとも、僕は恋人だと思って接していたんです。 
    【続きを読む】

    嫁の希と結婚してまだ2年だけど、正直ちょっとセックスに飽き気味になってきた。結婚する前にも3年付き合って、5年もやり続けていたから仕方ないのかも知れない。

    最近は、セックスよりもノートパソコンで色々なサイトを見ながら、自分で処理する方が多くなってきた。最初は動画系のサイト、エロマンガのサイトなどを使っていたが、もともと妄想好きな僕は、テキストだけのサイトに落ち着いた。
    体験談とか、官能小説などのサイトの中で、NTR使える寝取られサイトという寝取られ体験談のサイトをよく見るようになっていた。
    【続きを読む】

    これから、数年前から狙っていた義姉の純子を犯しに行く。
    俺は40歳、独身。
    純子は41歳だが30代前半にしか見えないイイ女だ。
    数日前に我慢できず告白したが、「ただの憧れだよー」とあしらわれ悔しい思いをしたので、今日、強引に犯すことにした。

    (待ってろよ、純子・・・タップリ可愛がってやるからな・・・)
    【続きを読む】

    嫁の唯とは、何一つ不満がないくらいに幸せな日々を過ごしていた。可愛くて若い嫁。セックスも大好きで、結婚して7年経っても、週に3回4回とお誘いがかかるほどだった。

    そんな嫁と、子供会がきっかけで仲良くなったマサルさん夫婦とスワッピングをするようになった。それは、恐ろしく淫らで、嫉妬と興奮がグチャグチャになる最高の体験だった。
    (その話はこちらで http://kokuhakutaiken.com/blog-category-97.html 【続きを読む】

    夫は海外に単身赴任していて、私は一人で日がな一日を過ごしています。

    夫とは結婚二年目の新婚の専業主婦の人妻です。

    まだ子供はいなく、夫も海外転勤で半年に一回程しか帰ってこなく、子作りする機会にもなかなかめぐりあえません。
    【続きを読む】

    2016年下期の売上ランキング更新!

    2016年度下期 DMM 人妻系、寝取られ系同人作品ランキング
    寝取られ系の同人作品(コミック、ゲーム)です。1位は、圧倒的な強さであの作品でした。

    2016年度下期 人妻・寝取られ動画ランキング DMM
    妻が同窓会に行ったりする系の動画が人気です。

    寝取られ系姉妹サイトオリジナル作品
    ブロマガ以外のオリジナル作品も沢山あります。

    オリジナルブロマガ作品一覧
    寝取られ系のブロマガを書いています。

    ・寝取られ系の素人動画 FC2コンテンツマーケット
    素人系の独特のイヤらしさと臨場感で、寝取られがリアルに感じられます。

    ・ブログ内の話を全面的に書き直して、アマゾンのKindleの電子書籍にしました。


    「了解です!」
    孝一は元気よく返事をすると、おもむろに立ち上がってズボンを脱ぎ始めた。あっという間にパンツ姿になった孝一を、私は止めなかった。

    『これで7割なの? もう、完全に大きくなってるみたいだけど』
    里美は、まだ信用していないみたいな口調で言う。
    「まだまだですって。ほら、見て下さい」
    そう言って、一気にパンツを降ろす孝一。すると、確かにまだ柔らかそうなペニスが姿を見せた。
    【続きを読む】

    一見、裕福で幸せに見える家庭でも、内情は結構荒れていたりするもんなんだなぁと思うような出来事が過去にありました。

    学生時代に家庭教師のアルバイトをしてましたが、そこの家庭は俺が住んでいたアパートの大家さんでした。
    その家は元々その辺りの大地主だったようで、戦前はもっと土地があったらしいのですが、戦後残された土地にアパートとマンションを何棟か建てたそうです。

    先代から現在に代替わりした際に、税金の関係で何棟かは売ってしまったそうですが、それでも家賃収入だけで裕福な生活が出来るくらいになっているように思われました。
    【続きを読む】

    嫁の麻衣とは結婚して二年経ち、最近はそろそろ子供を作ろうと話しをしていた。麻衣とは、付き合い始める時にものすごく苦労をしたので、最近のラブラブな毎日が本当に夢のように思える。

    麻衣と知り合ったのは、大学のサークルでだった。一目見た時から好きになり、とにかく付きまとうというか、いつもそばにいるようにした。でも、全然僕の気持ちは通じず、逆に麻衣が僕に、先輩との恋のことを相談してくる始末だった……。


    麻衣は、同じサークルの二つ上の先輩に恋をしていて、友達として僕に相談をかけてくるという、僕にとっては辛い日々だった。
    でも相談を聞くという名目で、よく二人でお茶や食事が出来たので、辛い中にも幸せな部分もあった。
    【続きを読む】

    とあるコンパで知り合った女がいた。
    女の名前は友利(仮名)としよう。
    キツネ目に近い細目、眉毛を隠す前髪、若干ダンゴ鼻、頬にほくろ、軽く二重あご、体は細身だが明らかな貧乳。
    童顔ではあるが、まあ不細工の部類に入る。
    女のくせにナンパされたことが一度も無いらしい。
    【続きを読む】

    結婚して18年ほど経ち、息子が大学に行くために名古屋で一人暮らしを始めた。そのため嫁との二人暮らしに戻り、結果、昔みたいに二人で出かけることが増えた。
    嫁のまさみは、今年41歳になった。私がまさみと出会ったのは、まさみが大学を出て医療器のメーカーの事務で働き出したばかりの頃だったので、その時と比べると歳を取ったなという感じはする。

    でも、私の年の取り方よりも、まさみの年の取り方の方が緩やかな感じはする。私がおっさんになったのに比べ、まさみはまだまだ若々しくて良い女だと思う。
    【続きを読む】

    忙しくて彼女のさくらと2人っきりになる時間があまり持てずセックスの回数が減ってしまった。
    まともに会ってやる暇もない。
    彼女のさくらは学校を卒業してアルバイトの身なので結構暇な時間も多く、同じくアルバイトの浩史とたまに会っているようだった
    【続きを読む】

    あれは忘れもしない高1の10月。
    テスト前で友達の家にノート写しに行った帰りの話です。

    確か15時過ぎだったと思うが、尿意をおぼえスーパーに寄り道しました。

    来た事も無いスーパーだったからウロウロしてたんだけど、その時偶然にも万引きしてる人を目撃しました。
    【続きを読む】

    このページのトップヘ