すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

学校を卒業して、とあるゼネコンに入社した。
今から約20年ほど前のことだ。
具体的に言うと500円硬貨が出回った年だ。

最初、本社で3ヶ月の業務研修があり、その後同期入社約80名は全国7ヶ所の各支店に配属となった。
宿舎となったアパートは、2階建てで4戸入り。
2階建ての一戸建て住宅が4軒繋がっているような形状。
【続きを読む】

忘れていましたが、最近から熟女を相手にしていたわけではありませんでした。
そう4年前に別れる前に1年半ほど関係を持った女性が居ました。
彼女はKといいます。

Kとは職場で知り合いました。
何でも結婚していたのですが、旦那からは
「子供が20歳になったら離婚して、お互いにその後の人生を好きなように楽しもう。」
と冗談みたいに言われていたそうですが、40歳も過ぎて43か44の時に子供が20歳になったら
【続きを読む】

大学一年のとき、越してきたアパートの隣の部屋に住む涼香さんというOLさんと仲良くなった。涼香さんは僕より8歳年上の27才で、とても綺麗なお姉さんだった。
僕は、恥ずかしながら当時童貞で、綺麗な涼香さんと話すとき顔が赤くなっていた。

5月の連休のときである。ついに童貞を卒業するときがきた。
が、相手は涼香さんではなかった。
涼香さんの知り合いで真紀子さんと言う38歳のおばさんだった。
【続きを読む】

最近、息子が大阪の大学に行ってしまい、また嫁と二人の生活が戻ってきた。18年ぶりの二人の生活で、正直、何を話せば良いのか戸惑うことも多い。なによりも、寂しくなった。同僚なんかに話を聞くと、同じような境遇になり、昔みたいにセックスする回数が増えたという話をも聞くが、今さら嫁とセックスするのもどうなのかな? と、思ってしまう。

嫁の千里はまだ40歳で、私は45歳だ。社会人1年生だった嫁を妊娠させて、いわゆる出来ちゃった婚だった。嫁は、タイプで言えばサバサバした感じの女性だ。女らしさが足りないと言えるかもしれないが、ルックスは美人な方だと思う。なかなかおばさんにならない歌手に似ていると言われる。
【続きを読む】

私はテニスのインストラクターをやっています。
昼間は暇を持て余している奥様方に、夕方からは高校生に、夜は社会人にも教えています。特に大変なのは昼間の奥様達です。

この間の練習が終わってからの話です。
「ねぇ~○○さん、ちょっといいかしら?」とA子さんが声を掛けてきました。このA子さんですが、このテニスクラブですでに2人のインストラクターが「喰われ」てしまって、男のインストラクターの間では密かに有名になっていました。
【続きを読む】

とある車(マニア系車種)のオーナーズクラブのオフ会があり、都内のイタリア料理店で新年会を行いました。
当日の参加者が男12名女5名で内3名は男性の奥様&彼女というメンバーです。

単独女性の2名はAちゃん(外資系OL26歳井川遙似)とBさん(家業手伝い29歳バツイチ白い巨塔の看護師役の人似(西田尚美)。
【続きを読む】

”生意気な嫁、しつけ致します”
ネットでそんなサイトを見つけた。興味本位で読み進めていくと、勝ち気で生意気な人妻が、貞淑で三つ指を突いてお出迎えをするようになるようだ。
私は、鼻で笑ってしまった。そんなのは、あり得ないと思ったからだ。

うちの嫁も、かなり鬼嫁だ。いくら生意気で勝ち気でも、本当にケンカをすれば男が勝つ。普通はそうだと思う。でも、うちの嫁は柔術の茶帯なので、本当のケンカになっても絶対に勝てないと思う。
そして私は、嫁に完全に尻に敷かれている。嫁の性格は、基本的に優しくて善良だと思う。でも、子育て方法でよく炎上しているバイオリニストの女性のような感じで、サバサバしているを通り越えて男前な感じだ。
【続きを読む】

もう十年以上前のことになりますが、俺はヤオイ同人誌を作っている女と付き合っていました。今の言葉で言えば腐女子というやつです。

 彼女は俺がバイトしていた印刷屋に、自分の同人誌の印刷を依頼していました。なかなかの人気同人作家で、コミケにも参加していました。いわゆる壁サークルというやつで、行列ができるくらいの売れ行きで、毎回けっこうな金を稼いでいました。
【続きを読む】

結婚して2年目、今は27歳の主婦です。昨日、新宿の小田急百貨店で秋冬物の、お洋服を買いに出かけました。

 本当は6か月の赤ちゃんがいるのですが、お姑さんに預けて久しぶりの買い物で浮き浮きしていました。

「綾ちゃんじゃないのかよ~、その後どうしてるんだぁ、赤ちゃんが生まれたんだって、すごく奇麗になったなあ」と、前の課長で、もと彼だった今は41歳のMさんにお会いしました。
【続きを読む】

私と妻の加奈は、結婚して3年ほど経つ。
私は32歳の会社員で、妻の加奈は28歳だ。
まだ子供を作る予定もなく、二人で仲良く結婚生活を満喫している。

私は仕事で出張がちで、夜も遅い日が多いため、経済的には全く必要ないのだが、妻は気晴らしと言うか暇つぶしに、たまにカフェでバイトしている。

妻は28歳だが、童顔で黒髪なので、女子大生くらいにしか見えない。
【続きを読む】

夫が長期の単身赴任で、会えるのは月に1、2回だけなんです。

私は34歳の専業主婦で、寂しくて、それに欲求不満で、つい出会い系サイトに登録してしまったんです。

最初は暇つぶしのつもりでしたが、実際に出会い系サイト経由でリアルに男性と会って、それでHまでするようになってしまったんです。
【続きを読む】

俺がまだ新人1年目の時、都内の金持ちが多く住む地域で働いてました。
1年目2年目はそこで修行して、3年目から本社勤務なんです。

高級食材などがウリのスーパーみたいなもんですが、接客業した事のない俺は大変でした。
それでも客層がセレブばかりで、余裕があるっぽいので助かったと思います。

月曜日の午後は店長が本社会議の為に行きます。
そんな月曜日に運悪く万引きを見つけてしまいました。
【続きを読む】

バブル時代の私は金回りもよく、『コンパの鬼』とか『テレクラ王』なんて不名誉な称号をつけられていた。
ある日、銀行員のOLグループとコンパをする機会があり、(堅い仕事だからどうかな?)なんて思い込んで参加すると、まあ打ち解けるのが早くてテンションが上がりっぱなしで驚いた。
1円でも計算が違えば夜遅くまで残業がある、そんなストレスの溜まる仕事だけに、発散しに来ているようなのだ。
怖いものだ。
【続きを読む】

たまたまその日は客先から直帰で、いつもより早めに家に帰りました。嫁の心美はまだ帰っていなくて、僕は着替えてテレビを見始めます。すると、突然結構な強さで雨が降ってきて、慌てて洗濯物を取り込みました。

天気予報では雨は降らないはずでしたが、スコールのようにザッと振りました。でも、洗濯物を取り込んでいる間に雨はやんでしまいました。すでに洗濯物は乾いているようなので引き続き取り込みを続けました。
すると、タオルに隠されるように、見たことのない下着が干されていました。それは、紫色のセクシーなランジェリーという感じの下着で、ブラとショーツのセットでした。
【続きを読む】

このページのトップヘ