すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

妻と結婚する前、彼女と交際を始めてしばらくして、私たちはセックスをした。
妻は、私と出会う以前、大学時代に3年程交際していた男性がいたことは妻から聞いて知っていた。
そして、彼の部屋に何度か遊びに行ったことがあることまでは聞いていた。 
妻の性器に初めて私のペニスを挿入したとき、意外な程に簡単にヌルリと中まで入った。 【続きを読む】

私はもうすぐ37才、夫と息子との3人で都心より少し離れた所で暮らしています。 
専業主婦の私にとって子供も手がかからなくなり、朝9時から夕方までの間は最近ただ時間を費やしてる無駄で空虚なものとなってしまっていました。 
そんな時って、 いろんなことを考えてしまうのでしょうか・・・  【続きを読む】

俺は、電話から響く嫁の絶叫を聞きながら、止らない射精に戸惑っていた。こんなに大量に、そして、驚くほどの快感を伴って精液がドクドクと出ていく。電話からは、嫁の悲鳴みたいな声が響き続けている。30秒ももたなかった俺とは違い、拓はまだイク気配もないようだ。

「そんなに小っちゃいんだ。でも、ずっと満足してたんでしょ?」
拓は、そんな質問をする。
『……してないよ。満足出来ないから、こっそり自分でしちゃうんだよ』
嫁は、まだ息も絶え絶えという感じで答える。
【続きを読む】

ミカ(34歳)とは、出合い系サイトで知り合い、半月程メールで話しをしてたのだが、話しの中で子供が同い年でしかも同じ幼稚園だと知った時はお互いビックリした。
既に写メ交換も済み、お互い気になっていたのでそのまま進行して会う事になった。 【続きを読む】

私は28歳のOLです。もちろん彼氏はいます。
セックスもそれなりに満足をしているのですが、私の好きな愛撫(舌でクリトリスを舐める)をほとんどしてくれません。それが不満でした。
そんなとき、この掲示板に舌での愛撫が上手だとういうメーッセージを読み、メールを出していました。
すぐに返信が届きました。
【続きを読む】

俺が高2になった頃、東京の郊外に住んでいたの母方の祖父が亡くなった。
葬式には久しぶりに母方のイトコが全員集合した。

母は5人兄妹の末っ子だったので、イトコも大勢いて、しかも年齢層も幅広い。
その当時、俺と妹(中3)を含めて10人いる従兄弟は、上は30歳くらいから下は中2までいたはず。
【続きを読む】

私は、京子と言う28歳の女性が好きで、なんとか結婚を約束させ、式場まで予約しました。
私は京子との間が破談になる事を恐れ、慎重に付き合い、婚前交渉もありませんでした。

そして、結婚式の10日ぐらい前、いつものように京子と呑みにゆくと、京子から人に騙されて大きな借金を背負ってしまったと聞かされました。 【続きを読む】

前回の話

果穂のアソコから出ているヒモみたいなもの……それが何かはわからなかったけど、いやな予感だけはどんどん大きくなっていく。
私は、震える手でそのヒモをつかんだ。
『早くぅ〜。引っ張ってみて♡』
果穂は、子供がイタズラをしているときのような無邪気な顔で言う。

私は、果穂にせかされるようにそのヒモを引っ張った。思いのほか手応えを感じながら、そのヒモを引っ張っていくと、
『ん……フゥン』
と、果穂はなんとも悩ましげな声を出す。そして、いきなりそれは抜けた。果穂のアソコから引きずり出されたそれは、真っ白いコットンみたいな塊で結構な大きさだった。そして、それが抜け落ちると同時に、果穂のアソコからはドロッとした白い液体が流れ出てきた。それは、そのまま床にまでツゥーと垂れ流れ、床に液溜まりが出来た。

【続きを読む】

結婚して5年も経つと、新婚の時のラブラブな感じもなくなるし、セックスも何となくするだけになる。
とくに私と嫁の果穂は、結婚する前の付き合いも含めると、もう10年も一緒にいることになるので、より倦怠期みたいな感じが強い。

今日は、嫁の方からそれとなく誘われて、多分2か月ぶりくらいのセックスをした。久しぶりなので結構興奮したし、もうすぐ30歳にしては、果穂は綺麗な体をしているなと再認識したりした。

身長155cmくらいで、体重は多分50kg以下。顔は、あまり芸能人に詳しくないのでアレだけど、AV女優のかすみ果穂に似ているかもしれない。おっぱいは多分DとかEカップくらいで、ちょっと肉付きは良いほだ。抱き心地の良い身体だと思う。

【続きを読む】

僕は旧家の末裔(という程、立派ではないが)で、やりたい放題だった20歳前後の話です。

僕の実家は古い織り物工場がある敷地にありました。
おじいちゃんの父親が経営していたのですが、明治から昭和に掛けて「織り子」さんを80人くらい使っていたこともあったようです。 【続きを読む】

アパートの部屋が隣どおしと言う事もあり、今では、ベランダの防火壁を取り払い、何時でも、二人の部屋を往来しています。お姉さんは、今までの禁欲が解放されたせいで、呆れる位に性に対して貪欲に成っています。
先週末も、金曜日の夜から、月曜日の朝まで服を着る事無く、ずっと、裸のままで、抱き合っていました。 
【続きを読む】

これは僕が昔に体験したお話です。
その前に僕の紹介をさせてもらいますが、僕はルックスがメガネデブなので初対面の女の人からは嫌煙されがちなタイプの男です。
趣味も盗撮やスカトロ物が好きで、自分でも変態だと思います。 【続きを読む】

このページのトップヘ