すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

寝取られ・人妻作品レビューサイトの更新分です。
・妻のバイオリン教室は、秘密のご褒美のおかげで評判が良い
エッチな体験談や萌えた体験談ブログの更新分です。
・優しく清楚な妻が、温泉旅行で若者二人に褒められて
すごく抜ける寝取られ体験談や萌えた体験談の更新分です。
・事故で半身不随になった私と、いつも優しい年下の妻5
NTR使える寝取られサイトの更新分です。
・妻がこっそりと裏垢サイトを見ていた
kindleでの新作を出版しました!
・会社の後輩がシリコンリングを入れたと話したら、嫁が興味を持ってしまった
アブノーマルな動画やマンガと体験談の更新分です。
・会社の事務の女の子には、秘密の副業があった2
エッチで萌えた体験談厳選ブログの更新分です。
・友人夫婦と食事をしてたら、アレのサイズの話になって5


・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品 【続きを読む】

 ウチには完全防音の音楽室があって、そこで嫁のいおりがバイオリンを教えている。いおりは、昔は有名な音楽グループのバックでバイオリンを演奏したりもして、それなりに有名だった。
 そして、その時の知名度のおかげか、教え子は多い。授業料も相場よりは高めに設定しているそうだが、教え子が途切れることもなくここまで来ている。
 私の稼ぎもそんなに悪いわけではないが、フルタイムで働いている私の稼ぎと変わらないくらい稼いでくれている。夫としては少し歯がゆい気持ちもあるが、ありがたいと思う気持ちの方が上回る。

【続きを読む】



美しい婚約者と、結婚間近の幸せな日々。

ある日婚約者の妹と二人きりになり、誘惑された僕は……

「フフ。お姉ちゃんに悪いって思ってるんだ。良いもの見せてあげようか?」

戸惑う僕に、彼女は笑顔で、

「お姉ちゃんの、本当の姿だよ」

と言った……

【続きを読む】

『そろそろ、赤ちゃん欲しいね』
妻ののぞみが、夕食後の晩酌の時間に言い始めた。僕は、その言葉に少しだけ驚いていた。結婚して2年、僕はまだ子供を作ることは考えていなかったし、のぞみもそうだと思っていた。

僕は、急にどうしたの? と、聞いてみた。のぞみは、
『あと2年で30歳でしょ? 体力があるうちに子育てしないと、大変かなって』
と、ごく当たり前のことを言う。僕は、そうなんだと答えた。

【続きを読む】

変態でスケベな叔父さんとメールで連絡を取り合ってましたが、会う機会がありました。
叔父さんは営業の仕事をしているので昼間でも時々自由になる日があり、叔母さんも働いていて、普段は夕方まで家に帰りません。
夏休みに叔母さんのいない時間を狙って、家で会うことになりました。
【続きを読む】

妻が赴任先の僕にメールをしてきました。
妻とは毎日メールか電話でやり取りはしていました。
休み時間、僕はメールの内容を見てビックリした。
なんと妻は、僕の上司である次長に食事に誘われたのだ。
次長は僕達の結婚式でスピーチしてくれた方。
【続きを読む】

俺はなみ達と遊ぶようになってから、なみに興味を持っていました。
「こんなな子がHしたらどんなになるのかな」って。

俺の彼女は結構大人っぽい感じで、Hしたら色っぽくなるなあって感じだったけど、童顔のなみからは色っぽくとかも想像できなかった。
【続きを読む】

私34歳で母バツイチは52歳。母は48歳で再婚しました。相手は10歳年下で現在42歳です。
一応私の義父になります。

ずうずうしくて女癖が悪くて...
そして何よりもチンポが長くて太いのです。
温泉に行ったときに見てびっくりしました。
その義父が私の妻27歳を一目で気に入って、妻も義父みたいなタイプが好きなのはわかっていました。
【続きを読む】

もう5、6年前の話です。

当時、私は飲食店の店長をしていました。

その私が転職する事になり、お店の社員、アルバイトが送別会をしてくれました。

その時は、出席してくれた人と一通り連絡先等を交換して終わったのですが、後日、連絡先を交換した中で慶子というフェ◯スに通う女の子からメールが来ました。
【続きを読む】

結婚して5年ほど子作りを頑張りましたが、結局授かれませんでした。さすがに何か問題があるのではないかと、夫婦で検査を受けました。結果、私に問題があり、自然受精は難しいという結果でした。

しかし、この時に難しいという言葉で説明を受けたことが、私達の人生に大きな影響を与えたと思います。難しいということは、可能性があるということだ……私達は、そんな風に考えるようになってしまいました。この場合、医者が言う”難しい”という言葉は、可能性がないという意味だったのだと思いますが、私達はそう考えることが出来ませんでした。
【続きを読む】

「お願いします優良さん!この通りです!」 
「や、やめてください、渡辺さん。とにかく頭を上げて」 
土下座せんばかりの勢いで優良に頼み込む渡辺と、彼を前にして困惑気味の優良がいる。 
「こんなこと頼めるのは優良さんしかいないんです!」 
「わ、私もできれば協力してあげたいんですが・・・」 
事は数日前、渡辺に体位の手ほどきを優良がしてあげたことに発する。  【続きを読む】

前回の話

「コーヒー、美味しいです。これって、なんか高い豆とかなんですか?」
 コーヒーをすすった研二が、目を丸くして言う。そんな様子を見て、涼子は嬉しそうに、
「ブレンドしてるんだよ。美味いだろ?」
 と言った。涼子は、料理と同じようにコーヒーにもこだわりがある。色々な種類の豆を買ってきて、自分で挽いて組み合わせている。
「はい。マジで美味いです。今まで飲んでたの、なんだったんだろう」
 研二は、真剣な顔で言う。

【続きを読む】



ある日、会社の後輩がシリコンリングを入れたと自慢してきた。

なんの気なしにそれを嫁に話したら、興味を持ってしまって後輩を家に招くことに。

想像を超えるほどの異形の姿に、好奇心を抑えきれなくなった嫁は……

一度知ってしまったら、二度と忘れられない。植え付けられた快感に、嫁が選んだ選択とは……

「えっ? こんなに大っきいの⁉ それがリング? ぐるっと一周してるんだ!」

【続きを読む】

今年の夏休みに、女房の両親と海水浴に行った。 
 温泉の出る海水浴場の旅館を宿にした。 
 女房の両親が奮発してくれて、部屋に家族風呂のついているとこ にとまった。 
 俺は40歳、女房は5歳下で小学生の子供が二人いる。 
 女房の両親は義父は63歳。義母は62歳。 
【続きを読む】

『ちょっと、これはやりすぎなんじゃない?』
真希は、夫の雅俊にあきれたように言う。雅俊は、
「そうかな? これくらいしないと、アイツも反応しないんじゃない?」
と、少しバツが悪そうに言う。真希は、雅俊に渡されて身につけたTシャツを見ながら、
『だって、乳首丸わかりじゃない。それに、おへそ丸見えだし……』
と、言った。真希が身につけているTシャツは、ヘソが丸見えになるほど短く、乳首が透けて色までわかりそうなほど生地も薄い。
【続きを読む】

のり子と知り合ったのはかれこれ3年前。

某出会い系サイトで、もうすぐ結婚の掲示板に

「来月から埼玉⇒山梨へ嫁ぎに行きます 仕事を辞めたので、しばらくは暇になりなりますので、メールだけで話しませんか?」

に引かれて、メールを入れてみました。
【続きを読む】

このページのトップヘ