すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。他の同様のブログと違い、このブログだけのオリジナル体験談を随時紹介していきます。

    「光ちゃん、そうよ・・・。お母さん、そこが感じるのよ・・・すごく上手よ・・・。いっぱい、いっぱい舐めて」

    「母さん・・・。俺、またイキそうだよ・・・。こんなに何回もイッて大丈夫なのかなあ?俺おかしくなっちゃうよ!」

    話は遡ること、俺(光一)が高校1年の時。
    【続きを読む】


    とうとう甥の雄太と、妻のすずが身体を交わしてしまった。
    『んンッ、クゥ♡ 大っきいぃ♡』
    妻は気持ちよさそうな声をあげて雄太のことを見つめている。もう、私のことなど見もせずに、牝の顔で雄太の顔を見つめる妻は、罪悪感も後悔も感じていない様子だ。

    ”おもてなし庵”の透けた着物を着た妻と、まだ若い雄太がセックスをしている姿は、本当にアダルトビデオのようだ。
    「すずさん、凄いです。メチャクチャ気持ち良いです」
    雄太があえぐように言う。
    【続きを読む】

    前回の話

    麻衣子は、一人でラブホテルを出ると、慌てて走り始めた。さっき昭典には、自転車のチェーンが外れたと言ったが、そもそも自転車でなど来てはいない。とっさに口から出たウソだ。麻衣子は、走りだしてすぐ、股間の違和感に気がついた。
    ナプキンを当てていて、少し走りづらい。生理でもないのにナプキンをしている麻衣子……。膣中の前田の精液があふれ出さないようにだ。

    麻衣子は、走りながら激しく動揺していた。前田に対して、
    『またね』
    と言ってしまった。昭典とラブホテルに入るところを撮影され、脅されて無理矢理連れ込まれたはずなのに……処女を奪われたはずなのに、その相手に”またね”と言ってしまった。
    【続きを読む】

    アブノーマルな動画やマンガと体験談の更新分です。
    ・僕と優等生の彼女と、不良のアイツ5
    すごく抜ける寝取られ体験談や萌えた体験談の更新分です。
    ・妻は月に一度だけ、他の男の恋人になる3
    エッチで萌えた体験談厳選ブログの更新分です。
    ・友達カップルと、一日だけパートナーを入れ替えて鍋パーティーをしたら13
    NTR使える寝取られサイトの更新分です。
    ・就職祝いに何でもしてあげると言われて、他の男とHしてと頼んだら怒られた完
    エッチな体験談や萌えた体験談ブログの更新分です。
    ・やっと出来た彼女の処女を、他の男に奪ってもらいたい僕
    すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談の更新分です。
    ・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
    人妻の官能的な体験談~不倫・寝取られ~の更新分です。
    ・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声


    演技ではなく真面目な子が巨根で連続で逝く



    泥酔BBQNTR 妻の会社の飲み会ビデオ 
    市内の工場でパートをしている妻が、先週末、同じ部署の皆さんと親睦を深めるホームパーティとやらに参加してきたのです。数日後、私は妻の部屋の引き出しに、一通の封書がしまわれているのを発見しました。同封されていた「会社四季報ww」と書かれたディスクを何気なく再生してみた私は、そこに映る、我が妻が、会社の男達に囲まれて泥酔しきっているあられもない姿に、モーレツに苛立ちながらも、ハァハァと見入ってしまい…! 
     

    母さんの女穴『あな』つかわせて
    父が単身赴任中で母と二人暮らしの圭介。
    圭介の母は友人たちが羨む美人で、体も目を惹くほどのモノ。
    母は晩酌が大好きだけど、弱くて酒癖も悪く
    翌日の記憶が無い事がほとんど。
    圭介は酔い潰れた母を寝室に引きずっていくのが
    日課のようになっていた。

    【DMMゲーム】同人:女装学園SP/PC  普通な子たちのエッチな姿 10代から熟女まで完全素人撮り下ろし!MGSでしか見れない極秘映像見放題
    【続きを読む】

    勤め先の仕事の転勤に伴い、引越し業者を依頼した日の出来事でした・・・。 
     トラックから降りてきた若い男2人は、ロン髪、茶髪に金のネックス・・・体は、引越し業が天職のような男達でした・・・。 

     作業が遅れていた私は、2階の荷造りに精を出していました・・・。 
     暫くして、1階の状況を確認しに1階ホールに降りた私の目に妻の痴態が目に飛び込んできたのです・・・。
    【続きを読む】

    私は30代の独身で、女性向けのアパレル関係の仕事をしています。
    職場は女性がほとんどで、出会いなんか滅多にありません。
    そんな私は3年ほど前から、あるネットのサークルに入ってしまいました。

    そのサークルとは、大人の性癖の集いサークル。
    4年ほど前に2年間付き合っていた彼と別れ、寂しい思いもしていたので、軽い気持ちでそのサイトに入りました。
    【続きを読む】

    私の妻は、5歳年上で、姐さん女房というヤツだ。性格もおとなしい私とはまったく正反対で、気性が荒いと言っても良いかも知れない。いわゆる元ヤンで、知り合った最初の頃は、なるべく関わりを持ちたくないと思って避けていたくらいだ。

    知り合ったのは、私が大学生の時に始めたバイト先でだった。そこはファミリーレストランで、私は土日と平日の1日だけ、ランチタイムにバイトをしていた。大学生は、夜のシフトでバイトをすることが多いと思うけど、私がバイトをしようと思ったのは、ランチタイムにそこでバイトをしていた同じ大学の女の子と仲良くなりたいという、下心からだった。

    結局、私がそこでバイトをするようになってすぐに、その子はバイトをやめてしまったので、結局仲良くなることもなかった。私が嫌でやめたのかな? と、少し心配もしたが、他のバイトのおばちゃんに、単に店長と揉めたからだと聞かされて、少しホッとした。
    【続きを読む】

    高校の帰りは週2回が電車で、後の3回が親の車だった。
    親の車で帰るのは何もしなくていいし1番楽だが、俺は電車帰りが毎回楽しみだった。
    理由は、降りる駅までの間の30分、中学の同級生と会えるからだ。
    高校では全く女子と話せない俺も、彼女とは話す事ができた。
    彼女とは中学校で2年間クラスが一緒だった。
    【続きを読む】

    結婚して2年目、今は27歳の主婦です。昨日、新宿の小田急百貨店で秋冬物の、お洋服を買いに出かけました。

     本当は6か月の赤ちゃんがいるのですが、お姑さんに預けて久しぶりの買い物で浮き浮きしていました。

    「綾ちゃんじゃないのかよ~、その後どうしてるんだぁ、赤ちゃんが生まれたんだって、すごく奇麗になったなあ」と、前の課長で、もと彼だった今は41歳のMさんにお会いしました。
    【続きを読む】

    前回の話

    私は、妻がカズ君とラブホテルに入ったと聞かされ、ショックを受けながらもホッとしていた。ラブホテルに入ったことを隠されるよりはマシ……。そんな気持ちだった。でも、妻はカズ君に対して、手でしただけで最後まではしなかったと言った。

    私は、お互いに好きだと思っている同士がホテルに入り、最後までしないなどという事があるのだろうか? と、疑念を持ってしまった。

    でも、私が妻に疑念を持ってしまったのとは逆に、妻の私への態度はさらに献身的で愛情深いものになっていった。そしてなによりも、私の気持ちをつなぎ止めようとでもするように、ほとんど毎晩セックスを求めてくるようになっていた。
    【続きを読む】

    去年の9月の終わりに「研修旅行」という、先生と保護者の親睦旅行がありました。 
    ちょうど僕たちが絶好調(誰に気兼ねもなくセックスしまくり)になった時期です。 
    この旅行って、普通は校長先生とか年輩の先生だけが参加するような感じで女性の先生は行かないらしいんだけど今回は申し合わせて参加することにしたのです。 
    【続きを読む】

    所詮不倫なんて紆余曲折。基本は結構「神経戦」ですよね。 
    だんなを愛してるし子供もいる。金銭的にもゆとりあるしそれなりの地位もある。 
    元々、こんな彼女に不倫をしなけりゃならない理由なんてこれっぽっちもないんですよ。 
    思えば、そんな先生をこの道に入り込ませ、どっぷりつけ込む作業になんか妙にはまってしまった1年間でした。 
    【続きを読む】

    嫁のまさみとは、結婚して7年ほど過ぎた。
    俺は38歳で、嫁はまだギリ20代の29歳だ。

    出会い自体は古くて、嫁が中学受験をするときの家庭教師が俺だった。
    ロリ属性は全くないと思っていた俺だったけど、初めて嫁の家に行って、まだ小6の嫁と対面したとき、一気に心を奪われそうになったのをよく覚えている。

    嫁は本当に美少女で、長澤まさみくらい輝いていた。
    そのまま順調に育ち、今もかなりの美人だと思う。
    【続きを読む】

    このページのトップヘ