すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

・年上の嫁が、合格祝いに僕の寝取られ願望を聞いてくれた
・マンネリ気味の嫁に、温泉宿で性感マッサージを受けさせてみた
・働けなくなった僕の代りに、嫁がレンタル妻を始めました
・嫁がナンパされたことに嫉妬した結果、パート先の共有物になりました
・真面目な営業さんとミニスカの嫁を二人きりにしてみた
・不妊に効くと噂のマッサージを受けた嫁が、敏感な身体になって帰ってきた
・酔い潰れた僕に隠れて、嫁に手コキを教えるアイツ
・大好きな嫁が他の男に抱かれる姿を見たくなった僕は
・妻が意外に乗り気で寝取られプレイに同意してくれました
・一人でホテルに泊まったら、カップルの男の子に声をかけられました
・目隠しした妻に内緒でディルドを入れたら、違うものも入れることになった
・おっぱいパブに行ったことが嫁にばれて、寝取られ生活が始まりました
【続きを読む】

ある日、駅前通りを歩いていると見知らぬ子から声を掛けられる。

この辺はキャッチ(デリ)も多く、普段なら足早に立ち去る所だが、余りにもタイプと言うか可愛かったので立ち止まる。

加藤あいをロリっぽくした感じの子で、コートを羽織っているが胸元が空いたエロい服装。
【続きを読む】

妻(24才)が学生時代にホームステイした時に撮影した写真、ビデオを発見。 
黒人の学生らしき人物と親しげに腕を組んでいる写真なんだが…ビデオはまだ見ていない。怖くて見れん。
嫁ではなく、六月に結婚予定で現在同棲中の彼女。大学時代からの付き合いで、ホームステイから帰ってきた時もこんな黒人の事なんて一言も言ってなかった。  【続きを読む】

「じゃあ、先に入らさせてもらうよ」
夫はそう言って、浴室に向かいました。長風呂の夫は、私の後でお風呂に入ることが多いのですが、今日は疲れているそうで、早く寝たいと言って先に入ることになりました。

私は、キッチンで夕食の後片付けをしています。すると、後ろから息子のユウキが私に抱きついてきました。
「母さん、いまのうちだよ。声出しちゃダメだからね」
ユウキは、荒い呼吸をしながら私の部屋着のショートパンツに手をかけて引きずり降ろそうとします。
【続きを読む】

俺が28才当時、その時勤めていた会社が韓国に進出する事になった。
んで、立ち上げメンバーとして選ばれて赴任したのが俺含む日本の社員6人。
支社立ち上げに伴って、30名程の現地採用を行った。
日本語が話せる条件で募集したんだけど、結構すぐに集まった。
韓国の3ヶ所に支社をバラけさせて、本社3人の支社3人の日本人を置き、現地採用者もそれぞれ振り分ける事になった。
【続きを読む】

NTR使える寝取られサイトの更新分です。
・真面目な営業さんとミニスカの嫁を二人きりにしてみた5

すごく抜ける寝取られ体験談や萌えた体験談の更新分です。
・マンネリ気味の嫁に、温泉宿で性感マッサージを受けさせてみた2

アブノーマルな動画やマンガと体験談の更新分です。
・不妊に効くと噂のマッサージを受けた嫁が、敏感な身体になって帰ってきた5

エッチで萌えた体験談厳選ブログの更新分です。
・働けなくなった僕の代りに、嫁がレンタル妻を始めました2

エッチな体験談や萌えた体験談ブログの更新分です。
・年上の嫁が、合格祝いに僕の寝取られ願望を聞いてくれた2

すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談の更新分です。
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2

人妻の官能的な体験談~不倫・寝取られ~の更新分です。
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声

完全オリジナルの体験談です
・姉妹ブログも含め、全てのオリジナル体験談一覧

前回の話

「こんなに続けて出したの、初めてです。本当に、ありがとうございます。なんか、もっとサービスしないと申し訳ないです。ガソリン満タンにしておきます」
宮田さんは、いつもの生真面目な感じに戻っている。
『私の胃の中、宮田さんので満タンですよ』
優花は、口の周りを手の甲で拭いながら言う。
【続きを読む】

独立して始めた保険代理店の運営も軌道に乗り、生活にかなり余裕が出来てきたこの頃、変わった性癖に目覚めてしまった。
それは、妻を他人に抱かせてみたいというモノだ。寝取られ性癖とか、NTR願望とか言うタイプの物だと思う。

妻とのセックスに飽きたというわけでもなく、今でも月に2~3回は営みもある。それでも、妻が他の男に抱かれた時、どんなリアクションをするのだろう? と、考えてしまうのは、私が短小で仮性包茎と言う事と繋がりがあるのだと思う。

妻は私とのセックスに不満を漏らした事もないし、結婚して13年近く経つが、いまだに喜んでセックスをしてくれる。
【続きを読む】

自分は会社の寮に住んでいる。

働いてるところは地方で、会社の周囲にはまったくといって遊ぶところが何も無い。

唯一あるのはほんとに寂れた雰囲気で、何で今でも潰れないんだろっていう居酒屋があるぐらい。

そんなド田舎だから寮も会社の近くにあるんだけど、休みや週末は皆金曜から外に出かけて遊びにいって寮には誰もいなくなる。
【続きを読む】

再婚相手の今の妻みどりが結婚後も続けていた仕事を辞めたのは、職場の上司に言い寄られたからでした。
割と大人しい性格のみどりは、バンと跳ねつける事が出来ないでそれとなく私に相談してきました。
その時はその上司に腹が立って「会社に行く」と息巻いていたのですが、みどりにどうしてもやめて欲しいと言われて留まりました。 【続きを読む】

ベッドの上に、黒髪の少女が四つん這いで自分でお尻を左右に広げ、アナルを剥き出しにしいてる。彼女は芽依、まだ2年生の女子校生だ。

私との出会いは、雨の日に傘を差しながら自転車に乗っていた彼女が、赤信号に気がつかず飛び出し、私の車の側面に激突したことがきっかけだった。自分が悪いと自覚していた彼女は、必死で私に謝ってきて、私はそれを巧みに利用して彼女を我が物にした。

彼女は、今時の女子校生という感じではなく、黒髪ノーメイク、真面目で地味な印象だった。そして、可愛らしさの欠片もない黒縁眼鏡をしていたので、余計に地味に見えていた。
【続きを読む】

高校卒業して大学生になってたけど、バイトしてなかったので月に2~3度は実家に帰ってた。

妹が生理じゃない時は、親が家に居ない時間に舐め合ったり素股してた。

生理中でも機嫌が良ければフェラしてくれた後、手コキでイカせてくれたりな関係。 【続きを読む】

このページのトップヘ