すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に人妻体験などの体験談を紹介します。本ブログはアフィリエイト広告を利用しています

エッチな体験談や萌えた体験談ブログの更新分です。
・何でもしてくれる優しい姉さん女房に立ちんぼさせた3
NTR使える寝取られサイトの更新分です。
・親友に、妻の身体よりも心を寝取って欲しいとお願いして8
kindleでの新作を出版しました!
・入院した妻と、なんでも手伝う義姉(kindle)
エッチで萌えた体験談厳選ブログの更新分です。
・叔母の家に下宿して、彼女のビデオを見つけてしまった5
寝取られ・人妻作品レビューサイトの更新分です。
・欲求不満の妻が壁穴をしていた
寝取られ体験談や萌えた体験談サイトの更新分です。
・妻は元彼と、僕とは出来ない体位でしていた7
アブノーマルな動画やマンガと体験談の更新分です。
・後輩に男の娘動画を見ていることがバレて4
オリジナル体験談一覧です。

18年ずっと彼女がいなかった僕ですが、大学進学をきっかけに一人暮らしを始めると、意外にあっけなく彼女が出来ました。陰キャというか、おとなしくて目立たない感じの僕でしたが、同じ大学のひな子と、コスプレ系のイベントでバッタリ出会い、仲良くなりました。

ひな子も、大学では眼鏡で地味な女の子という感じでした。でも、コスプレしている彼女は、カラコンとカラーのウイッグでとても可愛らしく見えました。レースクイーンのアスカというコスプレは、意外に露出も多く、僕は目のやり場に困りながらも彼女とアニメの話をしました。
【続きを読む】

大学時代に、とびっきりの巨乳女子大生を奴隷にしていた。

その女子大生の名前は優子というんだが、ずっと女子校だったらしく、すげえエロい身体してるのに男に無警戒。

俺たち2年生が主催した歓迎コンパに参加した時も、巨乳の谷間の見える服にミニスカートという格好。
【続きを読む】

前回の話

 栄子は、まるでセックスをしている最中のようなとろけた顔でフェラチオを続けている。大橋の異形の一物に、すっかりと心を奪われてしまっているようだ。卑猥に絡みつく舌、とろけた顔、そんな栄子の姿を見ながら、直也は堪えきれずに股間をまさぐっている。
 栄子は、うっとりとしたような顔で大橋の身体を見つめる。肩や背中に彫り込まれた和掘りの入れ墨、鯉や花びら、仁王のような絵柄が鮮やかだ。栄子は、入れ墨に対して拒否反応を示していない。むしろ、憧れるというかうっとりした顔になっている。
 過去に付き合ったDV彼氏達の中にも、ワンポイントのタトゥーを入れている男はいた。でも、そんなものとは比較にならないほど、大橋の和掘りは気合いが入っている。そしてそれは、彼がカタギの人間ではないことを物語っている。

【続きを読む】

通学路に変質者が出た、と聞いたのは、通っているバレエ教室でのレッスンの後でした。マスクをした小太りの男で、黒いコートの下に、黒いレオタードとタイツを穿き、女の子にイタズラをするそうです。

その話を聞いて私は、10歳の頃、バレエ教室のロッカーで、知らない男に体を触られた事を思い出しました。もう7年も前の事なので、詳細は忘れましたが、その男も変質者だったと思います。
【続きを読む】

その次のデートではついにペペの登場です。
ペペを塗りたくり、ゆっくりとアヌス周辺かをもみほぐします。

和美は「ヘンな感じ」とはいっていますが拒否はしません。
アナルを犯されるという背徳感のためおまんこはヌルヌルです。

両方に指をいれたりしましたが、感じませんね。
【続きを読む】

和美はお嬢様育ちです。結婚するまで処女だったそうです。というよりセックスは不潔なものだと信じていたらしいのです。
今どきそんな女いるのか、という感じですが、本当ですから仕方ありません。

結婚前はかなりもてたようで、(写真をみたことありますがアイドル並です)言い寄る男はたくさんいたようですが、それがうるさいとも思いさっさと見合いで結婚したのです。
【続きを読む】

「幸広、もう疲れちゃった? もう少し……したいな」
 有香が、焦れたような態度で言う。でも、まだ射精して10分も経っていないので、僕のものは柔らかいままだ。
 さっきから、有香は一生懸命に口でしてくれている。勃起していなくても気持ちよくて、軽いうめき声も出してしまう。僕は、続けては無理だよと言って謝った。
「ダメ……もっとするから、元気になって」
 有香は、そう言って僕のをくわえてくれた。舌が絡みついてくる感覚と、強く吸われる感覚……もの凄く気持ちいいのに、やっぱり勃起には至らない。

【続きを読む】

 大学進学で、琵琶湖の近くの街に引っ越すことになった。最終的に大学を決めるのにかなり迷ってしまったせいで、実質1日で部屋を決めなければいけない状況だった。
 先行して資料を取り寄せて母と色々見ていて、寮のようなマンションが多いことがわかった。家賃としては、3~5万円と一般のマンションよりは安いが、同じ大学の生徒ばかりと一緒に住むことや、ギュウギュウ詰めみたいな間取りの所で暮らすことに、ため息が出ていた。
 ただ、私立大学でただでさえお金がかかるので、なるべく安い寮にしようと思っていた。だいたい絞り込んで、親父に話した時、
「へぇ、今どきの寮はこんな感じなんだ。オートロックなんて、いるのか? 別に、5万くらいなら寮じゃなくても良いんだぞ。古めの一戸建てとかも見てみたらどうだ?」
 と、言われた。

【続きを読む】

妻の尻は本当に魅力的で、ミニスカートを穿いたときなどは、どんなパンティを穿いているのだろう。あの下着のままの尻を見てみたいと、後ろから見ていると、自分の妻でもそう思ってしまうほどだ。小柄で、顔も童顔で男好きのする妻である。
この妻の、裸体を、何らかの形で、他の男に見せてみたい。ごく自然なシチュエーションで。と考えるようになっていた。
妻は、普段は、貞淑な妻を演じているが、ご無沙汰したあとの夜などは、激しく燃える。 【続きを読む】

このページのトップヘ