すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

嫁と結婚して3年経ち、そろそろ新鮮な気持ちもなくなったので子作りをしようと思っていた。嫁ももうすぐ30歳になるし、早めに作っておいた方が子供も幸せかな? と言う気持ちからだ。でも、2か月ほど頑張っても出来ず、意外に出来ないものだなと思っていた。

『まだたった2か月でしょ? そんなに簡単にできちゃったら、少子化になんてならないわよ』
嫁は、明るく言った。結婚して3年、交際期間から数えると6年くらい経つが、ほとんど喧嘩もなくやって来た。俺にとっては、出来すぎな嫁だなと思う。
【続きを読む】

寝取られジャンルに特化した、寝取られ体験談のサイトです。

NTR使える寝取られサイト 

FC2ブログの、ブロマガランキングで3年以上、総合1位を継続中です。

最近の更新分です。色々なサイト様で紹介して頂いていますが、最後まで読めるのはこのサイトだけです。

・就職祝いに何でもしてあげると言われて、他の男とHしてと頼んだら怒られた 

・仲良くしてるお隣夫婦が、セックスしてるのを見て欲しいと言ってきた 

・可愛すぎる彼女が僕と交際してくれる条件は、したくなったら誰とでもHすることだった

22才大学生です。高校までは機械体操やってましたが、大学入ってからは、普通の軟弱サークルだけです。
今年の夏休みから、体操の先輩の紹介で、ホームセンターでバイトを始めました今は楽しくてやめられません。

何が楽しいって仕事じゃなく、一緒に働いてるパートの主婦のみなさんです。
夏休み終わりの打ち上げの帰りに1人目とヤッて以来、週1ペースで20代から48まで、中学生みたいなガリガリから激ポチャまで食いました。
お気に入りは2人。

26才の麻奈さんは新婚だけどダンナが単身赴任中。援交世代でヤリまくってたせいか、欲求不満。
【続きを読む】

先週末、ちょっと街に買い物に行きました。
秋っぽいリップが欲しくて、デパートに行ったのです。
店員さんの説明を聞きながら、色々試してみます。
 
そのときに対応してくれた店員さんなのですが・・・。 
化粧品売場の店員さんですから当たり前ですが、メイクは完璧です。
【続きを読む】

勤め先の仕事の転勤に伴い、引越し業者を依頼した日の出来事でした・・・。 
 トラックから降りてきた若い男2人は、ロン髪、茶髪に金のネックス・・・体は、引越し業が天職のような男達でした・・・。 

 作業が遅れていた私は、2階の荷造りに精を出していました・・・。 
 暫くして、1階の状況を確認しに1階ホールに降りた私の目に妻の痴態が目に飛び込んできたのです・・・。
【続きを読む】

『でも、そんなことして本当に襲われちゃったらどうするの?』
優花は、少し心配そうに言ってきた。僕は、
「イヤ、襲われるって事はないでしょ。宮田さん、そんなキャラじゃないよ」
と、答えた。
『だったら、そんなことしても無駄じゃない?』
優花は、キョトンとした顔で言う。
「宮田さんだからだよ。真面目で優しそうな彼が、どんなリアクションするのか見たくない?」
僕は、そんな説明をした。
【続きを読む】

今年で20になる都内の大学生です。
先の1月に、大学の課題のためにとあるリサイタルに出かけることになりました。
普段は地味な格好なのですが、リサイタルということで少しくらいおしゃれしなきゃと、何年か前に妹に見繕ってもらった、私にとってはちょっと露出が大きい服を着ていきました。
【続きを読む】

姉妹サイトのオリジナル寝取られ体験談のご紹介です。
マンネリ気味の嫁に、温泉宿で性感マッサージを受けさせてみた
性欲が強い嫁を、温泉旅館でマッサージを受けさせてみたら……。
嫁に露出狂のような格好をさせて、後輩を家に招いてみた
家に遊びに来る後輩の前に、露出過多な格好の妻でからかっていたら……。
セックスが出来なくなった嫁が、オナホで抜いてくれるようになった本当の理由
性交痛でセックス出来なくなった妻……でも、大きなディルドでオナニーをしていた……。
温泉旅行で酔い潰れ、目が覚めたら妻が口移しで酒を飲まされていた
ご近所さんと行った温泉旅行で酔い潰れて寝てしまい、目が覚めたら妻が口移しで日本酒を飲まされていた……。
妻が追突事故を起こしたことで、ヤクザの真珠入に狂うことになりました
妻が追突事故を起こした相手はヤクザで、真珠入の巨根に狂わされ……
出張から3ヶ月ぶりに帰ると、嫁が優しく淫乱に変わっていた
長期の出張から久しぶりに帰ると、妻は今までに無いほどイヤらしくセックスを迫ってきて……
息子の上京をきっかけに、妻が若い恋人との交際を告白してきた
息子の大学進学で妻との二人暮らしに戻った途端、妻は息子の同級生と交際していると告白してきて……
お裾分けをもってくる隣の若妻さんに、丸めたティッシュを見つけられました
マンガみたいにお裾分けをもってくるお隣の若妻さんに、オナニーを知られてしまい……
子育ても落ち着いた妻が、前に働いていた会社でパートを始めた結果
妻がむかし勤めていた会社でパートを始めた結果、衝撃的すぎる事実を知りました……
【続きを読む】

エッチな体験談や萌えた体験談ブログの更新分です。
・嫁のハメ撮り動画が入ったパソコンを後輩に修理させたら完
すごく抜ける寝取られ体験談や萌えた体験談の更新分です。
・マンネリ気味の嫁に、温泉宿で性感マッサージを受けさせてみた5
NTR使える寝取られサイトの更新分です。
・自慢の可愛い嫁は、むかし野球部のフェラペットだった
エッチで萌えた体験談厳選ブログの更新分です。
・僕のミスのせいで、嫁のアナルを開発されることになりました3
アブノーマルな動画やマンガと体験談の更新分です。
・嫁がナンパされたことに嫉妬した結果、パート先の共有物になりました5
すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談の更新分です。
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
人妻の官能的な体験談~不倫・寝取られ~の更新分です。
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声
完全オリジナルの体験談です
・姉妹ブログも含め、全てのオリジナル体験談一覧

私の10代の頃の若気の至り。
高校の頃、付き合っていた派手系なイケメン。
当時は高校生ブーム最盛期で、彼は高校生ながらクラブでDJやってて、部屋にはターンテーブルとレコードが山ほどあった。
バイト代をほとんどレコードの購入に充ててたな~。
同じのを2枚は必ず買ってたし(擦ると消耗するからって言ってた)。
【続きを読む】

前回の話

由紀恵は、甘えたような声で何度も雅人に好きだと言い続けている。セーラー服姿で、雅人の巨根にアナルを貫かれたまま、まるで恋人に向かって言うように好きだと言い続けている。

私は、強すぎる快感がやっと収まり、荒い呼吸のまま画面を見つめている。私は、由紀恵を奪われてしまったような気持ちになりながらも、画面から目が離せないでいた。

「そんなに気持ち良い?」
雅人は、由紀恵に質問する。
『気持ち良いよ。もう、雅人なしじゃダメになっちゃったかも……』

【続きを読む】

入社1年目の6月。新社員の歓迎会をかねた部内での社内旅行は、会社から車で1時間ほどの温泉街でした。

現地集合という、愛想の無い会社でしたが、新入社員は出し物をしなくちゃいけないとのことで、買出しに行ったり、係り内で相談したりと、やっぱりそれはそれで楽しい感じでした。

18時くらいから、宴会がスタート。素面(シラフ)では出し物なんて出来ないので、新人は、出だしからけっこう飲んでたと思います。
【続きを読む】

私の妻は24歳。
子供はまだいない。
妻と知り合ったのは、同じ大学の同じサークル。
私がナンパして付き合い始めたのだ。

とても美しい妻は誰にも優しく、冗談も面白くてサークルでも人気者だった。
そんな妻と初めて交わったとき、すでに処女ではなかった。
【続きを読む】

ムリ打ちしまくって、20年もこんなところで暮らすことになって、人生完全に終わったから、暇つぶしにこんなものでも書くことにした。

しかし、こんな所に20年とか、人権侵害じゃね? こんな事になるなら、やんなきゃよかったわw
学校でも、刑務所の見学とか体験入所させて教えろって話だよな。こんなとこって知ってたら、絶対に入んねーよーに上手くやったのにw
【続きを読む】

私は自分の夫の父親、すなわち舅と関係を続けています。
事の発端は夫の長期出張でした。

夫とはお見合いで結婚しましたが、良家と言えるきちんとした家柄で、まさに良縁と言える結婚でした。
モテなかったわけではありませんでしたが、私は結婚するまで貞操を守り、唯一、初めて身体を許したのが夫でした。
夫も真面目な人で、友人とその手のお店に行ったことはあるようでしたが、あまり遊んでいる様子もなく、お互いに学校を出てからしばらくして、お見合いを経て結婚に至りました。
【続きを読む】

俺と妻の間には二人の娘がいます。
娘は二人とも結婚したんですが、子供達が巣立ってしまったこともあって、冷めた夫婦関係に終止符と打ちました。
家も手放して、俺は一人アパート暮らしになり、元妻は男性と暮らしています。

そんなある日、次女の方から連絡があり、離婚するということなんです。
次女は専業主婦だったので、職もなく生活できないだろう。
【続きを読む】

私は結婚3年目の31歳の主婦です。
主人とはセックスしたい時期が微妙にずれていて、中々気持ちいいセックスができずにいます。

そんな悩みや仕事の悩みを相談したくて、出会い系サイトで相談相手を探していました。
肉体関係を望んでいたわけでなく、本当に悩みの相談をしたかったのです。
【続きを読む】

このページのトップヘ