すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

エッチな体験談や萌えた体験談ブログの更新分です。
・久しぶりに会った友人が、僕の嫁と合コンして撮影までしていた完
NTR使える寝取られサイトの更新分です。
・子作りを始めた途端、嫁がやたらとセックスに積極的になった理由3
エッチで萌えた体験談厳選ブログの更新分です。
・嫁と軽い露出プレイをしているうちに、友人に見てもらうことになって6
すごく抜ける寝取られ体験談や萌えた体験談の更新分です。
・Fカップの見た目が派手な嫁を、友人に本気で堕としてくれと頼んでみた5
アブノーマルな動画やマンガと体験談の更新分です。
・嫁がバイト先のファミレスで、高校生に本気になっていた4
すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談の更新分です。
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
人妻の官能的な体験談~不倫・寝取られ~の更新分です。
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声
寝取られ・人妻作品レビューサイト
・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品
完全オリジナルの体験談です
・姉妹ブログも含め、全てのオリジナル体験談一覧

エッチで萌えた体験談厳選ブログ
親父の再婚相手は、親父よりも俺と歳が近い地味系巨乳だった

嫁と軽い露出プレイをしているうちに、友人に見てもらうことになって

僕のミスのせいで、嫁のアナルを開発されることになりました

働けなくなった僕の代りに、嫁がレンタル妻を始めました

大好きな嫁が他の男に抱かれる姿を見たくなった僕は

倦怠期のセックスレス解消に、妻に3Pを提案したらあっさりOKだった

いつも僕を尻に敷いている姉さん女房が、元彼の前では牝だった

いつも僕を尻に敷いている姉さん女房が、元彼の前では牝だった

セックスレスだった妻が、パート先の高校生にデートに誘われた

半身不随になった私が、妻のために他人棒を用意した

実家に3年振りで帰省した。

友達とは地元以外でしょっちゅう会ってたけど、久し振りに地元で飲んだ。

この時に風俗好きの友人が、最近良い感じの店見つけたと言う。

デリヘルが主流になってるのに、なぜかそこでは昔ながらの営業らしい。

受付とプレールームが別の建物になってて、実は裏の通路で繋がってるとか。

思うに、K札の目を盗んでそんな営業をやってるんだと思うって。
【続きを読む】

俺には彼女とは言えないが、3つ年上のセックスフレンドがいる。
その彼女は、けっこう変わった性癖があり、20歳ぐらいまではレズだったらしいです
24歳ですごくかわいいというわけではないけどセックスは面白いです。だから俺に彼女ができても
その人だけはずっと身体の関係がきれません。

【続きを読む】

うちの向いのアパートの2階の部屋に住む女は、いつも窓のカーテンを開けたままセックスするので丸見えだ。

いまもヤクザもんの男が来て、男の浅黒い肌のタトゥーの入った背中や腕がベッドの上で揺れているのが見える。

女はブルーのブラを取り上げられて、前後に揺れている。結合部分まで丸見えだ。
【続きを読む】


美人人妻のアナル拡張訓練4~入口も奥も極限拡張、お尻にいろんな物を突っ込んで徹底拡張訓練



寝取られ・人妻作品レビューサイト
・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品

【続きを読む】

去年、定年を迎え、ようやくのんびりできると喜んでいました。

経済的な心配もなく、次男で親の介護もない私は、家内と二人の自適な老後という生活しか、思い描いていませんでした。

ところが、いざ引退してみると、なぜか落ち込む日々が続いたのです。
【続きを読む】

前回の話

『まさみばっかりズルい!』
そう言って、直美さんはまさみにキスをする。そして、まさみの口の周りに付着している精液も含めて、舌を使って舐め取っていく。僕は、射精しながらそれを見つめていた。

まさみと直美さんは、濃厚なキスをしている。お互いの口にある正夫の精液を奪い合うようにキスをしながら、正夫のペニスをしごいたり乳首を触ったりしている。
卑猥なランジェリー姿の二人が、正夫のペニスや精液を奪い合う……。それは、ハーレムのように見える。でも、僕にとっては地獄そのものだ。
【続きを読む】

前回の話

七菜は、健也君と濃厚なキスをしている。いつもは、ラップ越しにキスの練習をしていたみたいなことを言っていたけど、今は直接キスをしてしまっている。

私は、さっきまでの少しホッとした気持ちは消えてしまった。さっきまでの行為も、よくよく考えれば酷い物だけど、あくまで私を喜ばせるための練習……そう思えた。

でも、こんな風に夢中でキスをしている姿を見てしまっては、そんな風に思うことも出来ない。七菜は、ついには健也君に腕を回して抱きしめながらキスをしている。

【続きを読む】


単独さんの手縛りとイラマを受け入れ、恥ずかしい姿で寝取られる妻



寝取られ・人妻作品レビューサイト
・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品

【続きを読む】

アブノーマルな寝取られ体験談、痴漢、人妻、男の娘など、オリジナルの体験談を多数紹介しています。

・僕が結婚をためらう理由は、地元のイヤラシいしきたりのせいです
・嫁が子作りを始めたいと言ってきたので、寝取られ性癖を告白した
・親友が、新婚の若妻を抱いてくれと言ってきた・妻のまりやが、フィスト狂いだった
・旦那ラブの牝犬をダブルフィスト調教した

・アナニーにはまったら、黒人まで行ってしまった

・セフレの若妻にアナルの快感を仕込まれた

・幼馴染みにフェラの練習させてと言われた3 バッドエンドルート

・彼氏の目の前で、初々しい彼女の処女をもらっちゃったw

・旦那の目の前でウェディングドレス姿の嫁さんに種付けしてあげた

・おじさん二人に3日間監禁されて牝の喜びを教えられた

・やりきれるの? 縦セタママとためちゃう息子

・部下の嫁に罠をかけて巨根で堕としてみた

・彼氏のいる純朴なJKをケツ穴奴隷にした記録

・万引き少女とそのママと仲良くなった件(双子の弟ともw)

・図書館で出会った驚くほどの美少女に、テーブルの下でお口でしてもらった

「ゴメン、ちょっと横になる。30分したら起こしてよ」
僕は、久しぶりのビールで頭が痛くなってしまい、妻の由紀恵に声をかけて和室で寝転がった。
『風邪引いちゃうんじゃない? 布団敷こうか?』
由紀恵は、少し心配そうに言ってくる。僕は、ちょっと寝るだけだからと言って畳の上に寝転がった。10月と言うこともあり、寒くも暑くもない。

今日は僕の昇進祝いで、親友の直人も来ている。僕は、浮かれて飲み過ぎてしまったなと思いながら、軽い仮眠を取ろうと思った。
【続きを読む】

「お奥さんやばいですよここじゃ」
夫婦の寝室のベッドで大の字になると全裸の優子はパンツを取りながら
「もう大きくなってるうっふふっ浮気しないでね」
硬くなった男根を握り締め亀頭を舐め回すと口を大きく開けジュルッジュルッと淫靡な音を出しながら男根を深く浅く、美味しそうにゆったりとバキュームフェラを始めた。
【続きを読む】

 結婚5年、32歳の主婦です。夫は37歳の会社員です。私達は今時珍しいお見合い結婚です。優しい夫に愛される幸せな私は、実は夫が11人目の男性なんです。初体験は13歳、相手は小学校時代の先生で、既婚者ですから不倫でしたね。

 中1から4年間性の快感を仕込まれて、アソコを舐められただけで逝ってしまう淫乱女子高生に開発されてしまいました。大学時代には、バイト先で知り合った既婚男性と援助交際しながら、大学生の彼氏とも付き合っていました。大学時代は彼氏3人、援助交際のオジサマは5人いました。
【続きを読む】

僕は、昔から気が弱く、イジメみたいな事のターゲットになる事が多かったです。ただ、中学の時から私立に行き、そのままエスカレーターで大学まで行けたので、荒れた中学や高校のようなハードなイジメには遭いませんでした。

そんな僕も、誰でも知っているような大手の広告代理店に就職ができ、恋人もできました。3つ年上の彼女にリードされっぱなしでしたが、気の弱い僕にとっては、それが心地良くもありました。そして、交際3年目で結婚し、僕は26歳で、彼女は29歳、そろそろ子作りをしようかな? と思っている今日この頃です。
【続きを読む】

昔、病院に入院中にオナれなくて溜まっているときに、女友達に口で抜いてもらった事がある。

今思い出しても興奮するよ。

気胸で入院した時、普段から仲の良いA子がよくお見舞に来てくれたんだ。

A子とはお互いの彼氏彼女の話や、どんなセックスしてるか話せるほどの仲で、お互いに異性としての感情は全く無かった。(と思ってる)
【続きを読む】

「それって、家政婦とは何が違うの?」
僕は、嫁に質問した。嫁が提案してきた話は、僕の知識では一発で意味が理解出来なかった。

僕が職場の人間関係で心を病んでしまったことで、経済的に苦しい状況になってしまった。僕の実家も嫁の実家も色々と助けてくれてはいるが、将来のことを考えると気持ちは暗くなる一方だった。

そんな日々が続く中、嫁がパートをやめてフルで働くと言い出した。嫁は、IT系の小さな会社の受付のような事をしていた。そこそこ給料も良かったが、結局パートなので生活が成り立つほどではなかった。

【続きを読む】

何ヵ月か前からサイトで知り合ったメル友宏樹(23歳)と初めて会う事になった。

私は見た目に自信がないから会うのを躊躇ったが宏樹の優しい言葉に押され、夜の7時頃に会う約束をした。

向かえに来てくれた宏樹はジーンズの半パンにTシャツで私に手を振ってくれた。

軽くあいさつをして
『ホンマにウチなんかで大丈夫?』って聞くと、
宏樹は『え!?普通に可愛いやん!』と笑顔で答えてくれた。
【続きを読む】

このページのトップヘ